青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「キヤノン・ミュージアム・キャンパス」開催 | main | 谷中圓朝まつり「幽霊画展」 >>

映画「田園の守り人たち」

映画「田園の守り人たち」を観て来ました。


「田園の守り人たち」公式サイト
http://moribito-movie.com/
岩波ホール
https://www.iwanami-hall.com/

2019年7月6日より岩波ホールを皮切りに順次全国公開となる映画「田園の守り人たち」。まずは2分弱の予告編をご覧になって下さい。


7/6「田園の守り人たち」予告編

1915年、第一次世界大戦時のフランスの片田舎が舞台の映画。全編を通し美しい風景・景色がスクリーンに映し出されます。

ただ、映画を紹介する際に風景の映像美が素晴らしい!と書くことは、暗に内容は大したことはないことを意味したりするものです。



でも、「田園の守り人たち」は違います。

しっかりと女性たちの物語を描いています。そう、戦争で旦那や息子が駆り出され、男手が足りなくなった農地を必死で守ろうとしる女性たちの姿を。



一心不乱に種をまく姿は、種まきの時季に間に合わせるためでもあり、また戦場へ赴いている身内のことを一時忘れるためでもあります。

そしてそうしたシーンはバルビゾン派のミレーが描いた農民画の世界観と見事なまでに一致します。監督がミレー作品を意識したことは疑う余地はありません。


ジャン=フランソワ・ミレー「種まく人」1850年 油彩、キャンバス、101.6 × 82.6 cm
ボストン美術館

描かれている農民が男性ではなく、女性になっただけです。

残された女性だけで農作業は務まりません。そこへひとりの女性がお手伝いとしてやってきます。

彼女は決して「ゴジラ」ではないので、別段大地を揺るがすような大きな変革がそこにもたらされるわけではありません。



誰も気が付かぬ程度の微細な変化に過ぎませんが、鑑賞者はそれを知ってしまいます。

そしてその小さな一穴が、いつ知らず不協和音となって影を落とし始めます。とは言えそれも普段見慣れている映画やドラマに比べれば全く大ごとではありません。

だから、ミレーの絵画のような美しい風景に集中できるのかもしれません。




ジャン=フランソワ・ミレー「藁を束ねる人」1850年 油彩、キャンバス、56 × 65 cm
ルーヴル美術

「田園の守り人たち」を観ていると、『万葉集』に入っている防人の歌が自然と頭の中に浮かんできます。

それが、この作品の本筋です。と同時に美しい風景も。



多くは語らずとも、派手な場面展開はなくても人間の本質的な想いというものは、どの時代、どこの国であっても決して変わるものではありません。

それを静かに再確認させてくれる極上の作品です。2019年7月6日より岩波ホールを皮切りに順次全国公開となります。


映画「田園の守り人たち」

原題:Les gardiennes
製作年:2017年
製作国:フランス・スイス合作
配給:アルバトロス・フィルム
上映時間:135分
「田園の守り人たち」公式サイト
http://moribito-movie.com/
岩波ホール
https://www.iwanami-hall.com/
男たちの銃後を守る女たちの戦いと、寡黙な彼女たちの胸に渦巻く思いを静謐な田園風景の中に鮮やかに描き出す傑作

1915年、第一次世界大戦下のフランス。ミレーの絵画を思わせる美しい田園風景。2人の息子を西部戦線に送り出した農園の未亡人オルタンスは、やはり夫を戦場にとられている娘ソランジュとともに、冬を前に種まきに備えなければならない。オルタンスは若い働き手フランシーヌを雇い入れる。誠実な彼女は女主人の信頼を得て、家族同然に暮らし始める。女たちだけでなく、前線から一時休暇で帰ってくる次男ジョルジュもまた、つつましやかなフランシーヌに惹かれてゆくが…
©2017 - Les films du Worso - Rita Productions - KNM - Pathe Production - Orange Studio - France 3 Cinema - Versus production - RTS Radio Television Suisse

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5522

JUGEMテーマ:アート・デザイン



映画・観劇 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5522
この記事に対するトラックバック