青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「クリスチャン・ボルタンスキー展」 | main | サマーナイトミュージアム2019 >>

日本とギリシャ:それぞれの文化遺産の保存と修復

日本とギリシャ修好120周年記念講演会「日本とギリシャ:それぞれの文化遺産の保存と修復 フルフ島とサラミナ島」が2019年8月31日に行われます。



2019年は日本とギリシャが外交関係を結んで120年になります。それを記念して、国立コルフ・アジア美術館館長デスピナ・ゼルニオティ氏と、共立女子大学教授の本戸雅子氏による講演会が、上野の国立西洋美術館で行われます。

国立コルフ・アジア美術館(Corfu Museum of Asian Art)は、1890年代から1910年代に外交官であったグレゴリオス・マノスという人物がウィーンやパリで集めた日本美術作品を所蔵するギリシャ唯一の東洋美術館です。


http://www.matk.gr/en/

館長であるゼルニオティ氏は、ギリシャにおける日本文化・芸術の理解促進に貢献してきたこれまでの功績により、平成30年度外務大臣表彰を受賞しました。

また、木戸氏は、ポストビザンティン美術の専門家として、サラミナ島にあるファネロメニ女子修道院付属の教会堂を日本の資金によって修復させ、その図像プログラムの研究をしています。その功績からサラミナ名誉市民の称号が授与されました。



ギリシャにおける日本美術の研究と日本人の手によるギリシャの教会堂修復事業という、2つの国の美術に関する重要な仕事を紹介する貴重な機会となります。

日本とギリシャ修好120周年記念講演会
「日本とギリシャ:それぞれの文化遺産の保存と修復 フルフ島とサラミナ島」


開催日:2019年8月31日(土)
時間:14:00〜17:00
※日英同時通訳付き
会場:国立西洋美術館講堂(地下2階)
先着130名(当日12時より館内インフォメーションにて整理券配布)
聴講無料
主催:国立西洋美術館
助成:公益財団法人石橋財団
後援:ギリ シャ大使館、日本ギリ シャ協会


https://www.nmwa.go.jp/
国立西洋美術館では、2020年東京オリンピック・パラリンピックの時期に開催する企画展において、古代ギリシャのオリンピックに関わる作品をギリシャから出品していただく予定です。

2019年の修好120周年記念の年のみならず、その後も引き続き豊かな文化交流が続くことを願い、この講演会を開催します。


東洲斎写楽「四代目松本幸四郎の加古川本蔵と松本米三郎の小浪
寛政7年(1795)ギリシャ国立コルフ・アジア美術館
横19.5cm、縦17.5cm

2009年に江戸東京博物館で開催された「写楽 幻の肉筆画−ギリシャに眠る日本美術〜マノスコレクションより」展に出たこちらの写楽、再び来日かしら。


『写楽』 (石ノ森章太郎デジタル大全)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5527

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

冒頭の「2019年は日本とギリシャが外交関係を結んで120年になりま丸」は、「〜120年になります。」ということでしょうか?
お世話になります。 | 2019/07/02 9:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5527
この記事に対するトラックバック