青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「メスキータ展」 | main | パラリンアート×スペシャルサポーター コラボトートバッグ >>

『古美術手帖』

玄光社より刊行となった『古美術手帖 はじめての骨董』を読んでみました。


古美術手帖 はじめての骨董
ナカムラクニオ(著)

まず初めに2つだけ質問です。イエスorノーで答えて下さい。

1:積極的に古美術の展覧会に足を運びますか。

2:そもそも古美術に興味がありますか。

3:古美術に関する良い本をお持ちですか。


西洋絵画や若冲など日本美術の展覧会へは熱心に行列待ちしても観に行かれる方でも、茶碗や陶磁器の展覧会だと後回しどころか、スルー対象であったりするものです。



6次元のナカムラクニオさんが上梓された『古美術手帖』は、日本美術も多くページを割かれ掲載されています。

そう、この本で扱う「古美術」は古い茶碗や陶磁器だけでなく、絵画や書も含まれているのです。それだけではありません。例えば本阿弥光悦が手掛けた工芸品も紹介されています。



「古」もかなり守備範囲が広く、1995年に亡くなったルーシー・リーや現役で活躍しているリサ・ラーソンもこの本では扱われているのです。

しかも、表紙から本で使われている作品や作家の画像は全て、ナカムラクニオ氏の描き下ろしなのです。各美術館・博物館から画像を借りると、撮られた角度や照度がバラバラで一冊の本にすると統一感が取れません。

高額な画像使用料を申請してくる館も多いので、自分で描いてしまえば色んな意味で都合が良いのです。そして描くという行為はあらためて作品や作家と向き合う時間を著者に与えるものです。



解説が上から目線でなくまるでギャラリートークを聴いているようなリラックスした感覚で読み進められるのはそうした理由も大きく左右していると思われます。

元々人当たりがよく敵を作らないタイプの人なので、古美術に対してもフラットに接しています。

初心者にも分かりやすい古美術の「新しい教科書」が、この『古美術手帖 はじめての骨董』なのです。



バービー人形にブリキのおもちゃ、ビスクドールも載っている古美術の本なんて今までなかったでしょ!

【目次】
第1章 陶磁器
 日本のやきもの/中国のやきもの/韓国のやきもの/アジアのやきもの

第2章 書画
 古美術の世界で人気が高い江戸期〜昭和の画家や書家たち

第3章 彫刻
 仏像/オブジェ作品/置物/デザイナーズチェア

第4章 工芸
 漆器/ガラスの器/コーヒーミル/ヴィンテージ人形と玩具/箪笥/籠・鞄/時計/カメラ/文具

第5章 西洋陶磁
 有名ブランドのヴィンテージ食器

巻末情報
 骨董市情報/古美術人物図鑑




陶磁器、書画、工芸がすっきり分かる図鑑のような素敵な一冊です。コンパクトで軽量なのでカバンにすっぽり入れ毎日持ち歩けます。

電車の中で液晶の画面を見るのを少しだけ止めて、『古美術手帖』をパラパラとめくってみましょう。

カバーもとても素敵です!


古美術手帖 はじめての骨董
ナカムラクニオ(著)

【著者】ナカムラクニオ(6次元店主/ブックディレクター)
https://twitter.com/6jigen
1971年東京都生まれ。荻窪にあるブックカフェ「6次元」店主。フリーランスで美術や旅番組などのディレクターとして番組制作に携わり、これまでに訪れた国は40ヶ国以上。金継ぎ作家としてROKUJIGEN KINTSUGI STUDIOを立ち上げ、全国でワークショップを開催。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5539

JUGEMテーマ:アート・デザイン



 古美術には、作品や道具としての魅力だけでなく、かつてそれを所有し愛用した人たちとの時間と物語が詰まっています。いわば時間を愛でるタイムカプセルです。古美術品を手に入れることは、それが存在してきた年月の重みを受け継ぎ、分かち合うことでもあるのです。
 骨董、ヴィンテージなどがずらりと並ぶ骨董市や手作り市がブームで、これまでにない大勢の人で賑わっています。これらの市で古美術品と出会い、興味を持つ人が増えています。また、近年はネットオークションで古美術が安く出品されることも多くなっています。
 一口に古美術といっても、種類はさまざまで値段もピンキリです。決まったルールはないので、それぞれが自由に気に入ったものを探せばいいのですが、せっかくなら価値のある掘り出し物を自分の眼で見つけたい。そのためには骨董に対するそれなりの知識と情報が必要ですが、骨董品の専門書は内容が難しくてとっつきにくい。骨董をわかりやすく解説した入門書も刊行されていますが、いずれも20〜30年前の内容で、最近の市場評価や相場は載っていません。
 そこで必要なのが、わかりやすい古美術の「新しい教科書」です。本書は陶磁器や書画、彫刻、工芸など、ジャンルや種類ごとにその特徴と探す際のチェックポイントについて、著者のイラストとともに解説しています。巻末には各地の骨董市情報と、古美術の世界で人気の高い著名な画家やデザイナー、職人、重要人物などを紹介する人物図鑑を収録しました。著者は国内外の骨董市や蚤の市などを多数見て回り、数多くの古美術品に触れてきた経験から、古美術のカジュアルな楽しみ方を提案しています。
読書 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

「まず初めに2つだけ質問です。」とのことですが、質問は、3つでしょうか…。
お世話になります。 | 2019/07/14 8:37 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5539
この記事に対するトラックバック