青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「みんなのレオ・レオーニ展」 | main | 造花工藝作家・岡田歩が千總コレクションを元に季節の花を制作 >>

【祝】バウハウス創立100周年

2019年は、バウハウス創立100周年の節目の年に当たります。


http://www.bauhaus.ac/bauhaus100/
“bauhaus100 japan”について
2019年はドイツの造形芸術学校バウハウスの創立100周年にあたります。リアルタイムでバウハウスの動向に注目し学びつづけた日本でも、100周年を祝うためバウハウス100周年委員会を組織し、 bauhaus100 japan プロジェクトを立ち上げました。2017年から2020年まで、国内5カ所の美術館を巡回する記念企画展、「開校100年 きたれ、バウハウス —造形教育の基礎— 」などバウハウスに関する様々なイベントを日本地図に煌めく星になぞらえ、「バウハウスの星座」として紹介します。
 「開校100年 きたれ、バウハウス ー造形教育の基礎ー」も2019年〜2020年にかけ日本国内5か所の美術館で順次開催予定となっています。



「開校100年 きたれ、バウハウス ー造形教育の基礎ー」

新潟市美術館:2019年8月3日(土) 〜 9月23日(月)
西宮市大谷記念美術館:2019年10月12日(土) 〜 12月1日(日)
高松市美術館:2020年2月8日(土) 〜 3月22日(日)
静岡県立美術館:2020 年4月11日(土) 〜 5月31日(日)
東京ステーションギャラリー:2020年7月17日(金) 〜 9月6日(日)

主催:各開催館 (下記5館)、バウハウス100周年委員会
後援:(東日本)ドイツ連邦共和国大使館、スイス大使館、ハンガリー大使館、日本建築学会
後援:(西日本)ドイツ連邦共和国総領事館、スイス大使館、ハンガリー大使館、日本建築学会
特別協力:ミサワホーム株式会社
協力:桑沢デザイン研究所、大阪芸術大学
協賛:アウディ ジャパン株式会社、株式会社インターオフィス
企画協力:株式会社アートインプレッション、株式会社ミサワホーム総合研究所
展覧会監修:深川雅文、杣田佳穂

因みに協賛に名を連ねているアウディですが、初代Audi TTは、バウハウスと同じ1998年に誕生しました。


TT20周年を記念した世界限定999台の特別仕様車。日本市場には20台限定販売/初代TTを彷彿とさせるモカシンブラウンのレザーインテリア、専用色アローグレーのエクステリア/バウハウス 創立100周年を記念した巡回展を協賛。

バウハウス100周年は日本国内ではさほど話題になっていませんが、本国ドイツではアウディをはじめとしたさまざまな企業が記念商品を販売しています。

日本国内でも購入可能なものとしては…


「グロピウス バウハウス100周年記念エディション」

ドイツの腕時計「ドゥッファ(DUFA)」が発売している、バウハウスの創始者“ヴァルター・グロピウス”を讃えた記念時計。

ポップな三色の色がパッと目を惹きますね。バウハウスが提唱した三原色「黄・青・赤」を上手いこと表しています。



スウォッチからは、バウハウスの創立100周年を記念した BAU SWATCH(バウ スウォッチ)が先日発売になったばいかりです。
BAU SWATCHは、世界的に名高いバウハウス創立100周年を記念して、アートと技術の完全なる融合を追求しました。1919年、ドイツの美術学校として誕生したバウハウスは、やがて、建築とデザインに対するユニークなアプローチを特徴とする、独自のモダンアートムーブメントへと成長しました。
今年から来年にかけてバウハウス関連の展覧会や商品が色々と他にも登場することでしょう。(そういえば、大塚家具でもイベントやっていたな〜)

オリンピックもいいけど、バウハウスも要チェックです!


バウハウス(1919年〜1933年)
1919年にドイツで設立された工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築の総合教育学校。
また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術。史上最も重要なデザイナー達に美学の基礎を創造し、この世のデザインや作品を影響し続けるデザイン研究所と位置付けられています。優れたデザインは大量生産され、今なお多くのデザイナーや建築家にその技術や思想が受け継がれています。



Pen (ペン) 「特集:【創設100周年】 いま再び注目される バウハウスを知っているか?」〈2019年4/1号〉 [雑誌]

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5543

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5543
この記事に対するトラックバック