青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 造花工藝作家・岡田歩が千總コレクションを元に季節の花を制作 | main | 「三国志展」 >>

ニトリが運営する小樽芸術村に行って来ました。

北海道小樽市の市街地にあるニトリが運営する小樽芸術村に行って来ました。


https://www.nitorihd.co.jp/otaru-art-base/

20世紀初頭に建造された旧荒田商会、旧高橋倉庫、旧三井銀行小樽支店、旧北海道拓殖銀行小樽支店の4棟からなる小樽芸術村。

ステンドグラス美術館や似鳥美術館が歩いて1,2分の距離の中にまとまって存在しています。


ステンドグラス美術館


似鳥美術館

英国の教会をかつて彩ったステンドグラスや、アール・ヌーボー&アール・デコのガラス器、さらに日本画や洋画、西洋絵画、彫刻も展示されています。


似鳥美術館(旧北海道拓殖銀行小樽支店)外観

建物すべてが歴史的建造物であり、外から見るだけでも建築マニアならずとも小樽が繁栄した当時を思い起こすことができます。

なるべくそのままの状態で保存を目的としている旧三井銀行小樽支店は、壁に雨漏りのシミまで見てとれます。


旧三井銀行小樽支店

2002(平成14)年まで小樽市最後の都市銀として営業していました。

小樽を訪ねたのは実に15年ぶりとなります。以前とはずいぶんと様変わりし、観光客で賑わう街となっていました。

似鳥美術館ほかについてはまたあらためて紹介します。


おたる 魚亭


『とっておき! 小樽さんぽ』

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5545

JUGEMテーマ:アート・デザイン



北海道に生まれ育てられたわが社は、長年のみなさまのご恩に報いる手段の一つとして、「小樽芸術村」を開設いたしました。

小樽市は、1872年(明治5年)この色内村に石造ふ頭が築造されて以来、北海道の海の玄関口として栄え、昭和初期にかけて金融機関や船会社、商社などの進出により、まさに経済の中心地として北海道発展の基礎をつくった地域です。

ここ小樽が栄華を誇っていた20世紀初頭に建造された旧荒田商会、旧高橋倉庫、旧三井銀行小樽支店、旧北海道拓殖銀行小樽支店の4棟を中心に、それぞれの建物にその時代を華やかに彩ってきた日本や世界の優れた美術品・工芸品を展示公開することで、多くの方々にご覧いただき、豊かな気持ちと感動する心を育み、文化・芸術の素晴らしさを世界に発信していく場所にしていきたいと願っています。
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック