青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 祝・開館50周年「彫刻の森美術館」 | main | 「みんなのミュシャ」 >>

「恐竜博2019」

国立科学博物館で開催中の
特別展「恐竜博2019」に行って来ました。


https://dino2019.jp/

NHKスペシャルで観た「むかわ竜」の実物が上野にやって来ていると知り、急ぎ科博の恐竜展へ。

7200万年前の巨大恐竜“むかわ竜”がよみがえる!
「世紀の発見! 日本の巨大恐竜」


むかわ竜(全身復元骨格)

自分が子供の頃の恐竜展には、海外からやってきたティラノサウルスなどがメインで、よもや日本国内から恐竜の全身化石が見つかろうとは夢にも思っていませんでした。

日本の恐竜研究史上、最大の発見“むかわ竜”。

NHKスペシャルだけでもワクワクが止まりませんでしたが、科博の会場には頭から尻尾までそろっている世界でも珍しい全身骨格化石が綺麗に展示されてるのを目の前にするとこれまでの恐竜展では味わったことのない感動がジワリと沸いてきます。


むかわ竜(全身実物化石)

勿論、こちら世界初公開です!

シャキッと立ち上がっている「全身復元骨格」の方についつい目が行きますが、より大事なのはその手前に置かれている「全身実物化石」です。

北海道のむかわ町で初めて骨格の一部が発見された時は、まさかこれが恐竜の化石だとは思っていなかったそうで、しばらく倉庫に眠っていました。

ただ、この地域は以前から恐竜の化石が見つかっていたホットスポットだったのです。


ホベツアラキリュウ

1975年に現在のむかわ町を流れる川で荒木新太郎氏によって発見された首長竜。

まだまだ他にも様々な恐竜が日本を闊歩していたことを思うと溜まりませんね。



「恐竜博2019」は、むかわ竜だけではなく、今から50年前の1969年に初めて現在の恐竜のイメージが確立しました。デイノニクスからまず、展覧会はスタートします。

展覧会の構成は以下の通りです。


1:恐竜ルネサンス
2:ベールを脱いだ謎の恐竜
3:最新研究からみえてきた恐竜の一生
4:「むかわ竜」の世界
5:絶滅の境界を歩いて渡る
エピローグ:これからの恐竜学



デイノケイルス(全身復元骨格)

2.4mもの長い腕をもつ謎の恐竜「デイノケイルス」について、第2章では迫ります。ピンク色をした鶏冠のようなものがあった?と想像図には描かれていました。そして前足にはふさふさの毛が。

恐竜と鳥類との深い関連性や、恐竜の全身には羽毛があったとされる説は、近年の恐竜展では当たり前のこととなっています。



実際に羽毛があったことを証明する化石も次々と発見されているのです。

この他にも最新研究からみえてきた恐竜の一生など、科博の会場にぎっしり満載。ポイントを絞って、時折クールダウンさせて鑑賞するのがおススメです。

恐竜展って観ているとついつい興奮して熱くなってしまうんですよね…暑いのは外の気温だけで十分です。

「恐竜博2019」は、10月14日まで開催しています。館内は写真撮影OKです。科博の常設展示と合わせて一日かけてゆっくりと観に行きましょう。


特別展「恐竜博2019 The Dinosaur Expo 2019

会期:2019年7月13日(土)〜10月14日(月・祝)
開館時間:午前9時〜午後5時(金曜・土曜は午後8時まで)
※8月11日(日・祝)〜15日(木)、18日(日)は午後6時まで
※入場は各閉館時刻の30分前まで
休館日 7月16日(火)、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)
会場:国立科学博物館
https://www.kahaku.go.jp/
主催:国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
監修:真鍋 真(国立科学博物館 標本資料センター コレクションディレクター)
学術協力:小林 快次(北海道大学総合博物館教授)
協賛:JR東日本、大日本印刷、トヨタ自動車
展示協力:大日本印刷、DNPアートコミュニケーションズ
公式サイト:https://dino2019.jp/


漫画 むかわ竜発掘記: 恐竜研究の最前線と未来がわかる

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5564

JUGEMテーマ:アート・デザイン



アメリカで発見された新種の肉食恐竜に、1969年「恐ろしいツメ」を意味するデイノニクスという名前がつけられました。このデイノニクスから、恐竜研究の新しい時代が始まったと言われています。本展覧会では、その後めざましく発展した恐竜学の50年の歩み、そして最前線を展望します。

モンゴル・ゴビ砂漠で発見され、およそ40年間、謎の恐竜とされてきたデイノケイルスの全身骨格を世界で初めて公開。日本でも、北海道・むかわ町で大型恐竜の全身の約8割もの骨が発見され、大きな話題となりました。今回は、その全身実物化石と全身骨格を地元むかわ町以外で初公開します。

抱卵や子育て、色、性別、絶滅の謎・・・。生き物としての理解が深まり、恐竜学は日々確実に生物学に近づき、進歩しています。2019年の夏、恐竜研究の最新成果を会場でご覧ください!
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック