青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『teamLab 永遠の今の中で』 | main | VRと日本画技法体験プロジェクト >>

「あんびるやすこ作品展」

市川市芳澤ガーデンギャラリーで開催中の 
市川市芳澤ガーデンギャラリー開館15周年「あんびるやすこ作品展」に行って来ました。


https://www.tekona.net/yoshizawa/

児童文学・絵本作家のあんびるやすこさんの個展に行って来ました。と言ってもあんびるさんが描いた絵も本も一度も見たことはありません。

姪っ子たちが読んでいる絵本の中にもプリキュアはあってもあんびるさんの作品はありませんでした。



同行した妻も知らないとのこと。なので事前に情報は敢えて入れずにぶっつけ本番を楽しめる貴重な展覧会として、新鮮な気持ちで楽しんできました。

画風はバラつきがなく一環しています。

現代の女の子に向けて描いている割にはちょっとどこかクラシカルで、自分の世代の方が共感を得られそうな登場人物たちです。



展覧会の構成は作品毎になっていました。

「なんでも魔女商会」シリーズ
「ルルとララ」シリーズ
「魔法の庭のものがたり」シリーズ
「ムーンヒルズ魔法宝石店」シリーズ


作品のポイントとなるテーマは「お菓子作り」や「魔法」、「ドレス」「ハーブ」「ジュエリー」など、女の子たちが好むものばかりというのが大きな特徴です。


ルルとララのかわいいデザートレシピ

人生の苦悩を描いたり、政治的な背景が潜んでいたり、歴史に則っていたり…そうした要素は一切ありません。その潔さが良かったです。

商業ベースに徹している立ち位置は、あんびるやすこさんが元々は女の子向け玩具の企画・デザイナーの仕事に就いていたことが大きく影響しているのでしょう。



同じデザイナーから絵本作家となった、レオ・レオーニは、アイデンティティを求めたり、生きるための教訓をおしえようとして描いています。

「あんびるやすこ展」と「レオ・レオーニ展」同じ時期に開催されている絵本作家の展覧会でも、こんなにも違いがあるものです。

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館「みんなのレオ・レオーニ展


会場には原画や、制作の過程がうかがえるスケッチなどが並びます。

未知の世界を覗くことが出来とても有意義な一日でした。

「あんびるやすこ作品展」は9月16日までです。館内は全て写真撮影可能です。


なんでも魔女商会 (1) お洋服リフォーム支店 (おはなしガーデン)


市川市芳澤ガーデンギャラリー開館15周年
「あんびるやすこ作品展」


開催日:2019年7月12日(金)〜9月16日(月・祝)
休館日:月曜日 
ただし月曜が祝日の場合開館し、翌日休館
時間:9:30〜16:30(最終入館16:00まで)
会場:市川市芳澤ガーデンギャラリー
https://www.tekona.net/yoshizawa/
主催:市川市吉澤ガーデンギャラリー



あんびるやすこ
群馬県生まれ。市川市在住。
東海大学日本文学科卒業。
テレビアニメーションの美術設定を担当。
その後、玩具の企画デザインに携わり、絵本、児童書の創作活動に入る。
主な作品に「なんでも魔女商会」シリーズ(岩崎書店)、「ルルとララ」シリーズ(同)、「アンティーク FUGA」シリーズ(同)、「魔法の庭ものがたり」シリーズ(ポプラ社)、「ムーンヒルズ魔法宝石店」シリーズ(講談社)、「こじまのもり」シリーズ(ひさかたチャイルド)などがある。
http://www.ambiru-yasuko.com/


魔法の庭ものがたり23 100年ハチミツのあべこべ魔法 (ポプラ物語館 78 魔法の庭ものがたり 23)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5569

JUGEMテーマ:アート・デザイン



市川市芳澤ガーデンギャラリー開館15周年を記念して、市川ゆかりの児童文学作家、あんびるやすこ作品展を開催

おさいほう魔女のシルクと人間の女の子ナナ、召使いねこのコットンが活躍する「なんでも魔女商会」、ふたりの小学生の女の子が店長さんを務める、森の小さなお菓子屋さんが舞台の「ルルとララ」、ハーブ魔女の家と庭、そして、薬草のレシピブックを相続した人間の女の子ジャレットが主人公の「魔法の庭ものがたり」、いずれもシリーズ20巻を超えるミリオンセラーの、作品と絵の両方を手がけている、児童文学作家のあんびるやすこさん。作家生活30周年を迎えた2018年に、新作「ムーンヒルズ魔法宝石店」シリーズの刊行も始まりました。
 小学生の女の子から絶大な人気を集める作品の魅力は、「魔法」や「ドレス」「お菓子作り」「ハーブ」「ジュエリー」といったテーマで繰り広げられる、華やかでかわいい物語の世界。飾り立てることなく自然に語られる、思いやりや、がんばることの大切さ。大事なことに気づく登場人物とともに、読者自身も成長していけること。―――そんなたくさんの魅力にあふれた作品たちは、「なんでも魔女商会」シリーズが始まってから15年が経つ現在でも変わらずに愛され続けています。
 本展では約100点の原画をはじめ、登場するキャラクターの紹介や、制作の過程がうかがえるスケッチ、あんびるさん愛用の道具などを展覧します。
かわいい「あんびるワールド」のみんなに会える展覧会に、ぜひお越しください。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5569
この記事に対するトラックバック