青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「三越 特選アートセレクション」開催 | main | 「Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島」開催! >>

「スター・ウォーズ アイデンティティーズ」

寺田倉庫で開催中の
「スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビジョン」に行って来ました。


https://www.starwarsidentities.jp/

映画「スター・ウォーズ」の世界を体感できる大規模な世界巡回展「STAR WARS Identities: The Exhibition」が日本にやって来ました。

そもそも「スター・ウォーズ」が初めて日本で公開されたのが1978年、今から41年も前のこと。サザンが「勝手にシンドバッド」でデビューしたのと同じ年です。

リアルタイムにスクリーンで映画を観た人ももうすっかりいいオジサマ&オバサマになられています。



映画で実際に俳優たちが着用した衣裳や、作中で使用された小道具、模型、キャラクターの設定を決めるために描かれたコンセプト・アートなど全部きちんと観ていたら一日では足りないくらいぎゅっと展示されています。

でもでも、「スター・ウォーズ」の世界を懐かしむ展覧会では決してありません。





「スター・ウォーズ展」ではなく、「スター・ウォーズ アイデンティティーズ」とタイトルが示す通り、スター・ウォーズの世界観では一体自分がどんな「キャラ」なのかを展示物を巡りながら探っていく仕組みになっています。

入口で音声ガイド(無料)を首にかけ、腕にID付きブレスレットを装着していざ出発!


会場内に設置されたインタラクティブスペース
会場内にある10カ所のインタラクティブスペースを巡ります。そこで出題される数多くの質問にブレスレットをかざして回答していくことでデータが蓄積され、自分が創るキャラクターのアイデンティティーに反映されていきます。『スター・ウォーズ』の世界に登場する好きな種族や星を選択して、あなたの性格や価値観などが反映されたオリジナルキャラクターを作ることができるのです。


このインタラクティブ・クエストの反応がすごく早く、ブレスレット型IDをかざすだけで情報を蓄積していってくれます。

参加型の展覧会というのは、これまでとても実現が難しったのですが、これは普通の絵画展でも上手く使えばこれまでにない絵画鑑賞体験が実現できる可能性を秘めています。

因みにこちらが自分のキャラです。出口付近でIDにインプットされた情報からオリジナルキャラが出来上がり会場内のモニターに映し出されます。また自分宛てにメールでも届きます。



カナダのX3プロダクションズが開発したシステムだそうです。展覧会&美術館関係者要チェックです。
X3プロダクションズ の本拠地はカナダ・モントリオールにあります。世界中のミュージアムに対してターン・キー方式のプロジェクト・ソリューションを提供する経験が豊富で、インタラクティブな大ヒット巡回展を企画制作し、現代的なミュージアム体験を実現しています。革新的発想、ユニークなコレクションの収集、コンテンツを軸とする体験の開発に注力することで、革新的な方法で人を魅了し、学ばせ、楽しませるような、新しいタイプのミュージアム体験、を提供することを目標としています。
新しいシステムと従来の展示が見事に融合したエンタメ性の非常に高い展覧会となっています。

ただし、新しいシステムに翻弄されてはいけません。やはり主眼は200点以上もある「スター・ウォーズ」のオリジナル・コレクションです。





「ミレニアム・ファルコン」って小さい時に初めて見た時は変な宇宙船だな〜と思ったけど、年齢を重ねるごとにかっこよく見えてくるのはどうしてなのでしょう…

尚、ロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに今後はこれらのコレクションが収蔵されるため、この機会を見逃すとアメリカまで出向かねばならなくなります。





気前のよいことに、今回の展覧会は写真撮影が可能です(ディズニーがよく許可したな〜)。存分に映画の世界を満喫しながら、好きなキャラクターやメカ、そして衣装などを肉眼とレンズにしっかりと収めてきましょう。

今年12月にはシリーズ完結編「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」も全国公開となりますしね。今から気持ちあげておくのは大事大事(ストーリーは心配ですが)。

個人的に気に入った展示品を2つほど紹介しておきますね。


パルパティーンのリレーフ

ジェダイと死すの叙事詩的な対決シーンを描いたレリーフ。こうした映画ではよく細部が確認できない小道具も見逃せません。

最高議長パルパティーンの控えの間に飾られていたものです。この前に立つとダークサイドに引き込まれそうになります。アナキンのように。



白雪姫に登場する七人の小人ではありません。

「スター・ウォーズ」の一番の人気者であり重要人物であるこのジェダイ・マスターの初期コンセプト・アートです。


ヨーダ(Yoda)

七人の小人風にヨーダが決まっていたら、この映画違ったものになっていたでしょうね、きっと。

「スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビジョン」は2020年1月13日までです。映画始まる前に行っておきましょう。


「スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビジョン」
STAR WARS™ Identities: The Exhibition

会期:2019年8月8日(木)〜2020年1月13日(月・祝)
時間:10:00〜19:00(最終入場18:30)
休館日:2019年9月9日(月)、10月21日(月)、11月18日(月)、2020年1月1日(水・祝)〜1月3日(金)
会場:寺田倉庫G1-5F(東京都品川区東品川2-6-4)
https://www.terrada.co.jp/ja/
主催:スター・ウォーズ アイデンティティーズ 日本実行委員会(ソニー・ミュージックソリューションズ、朝日新聞社、BS朝日、乃村工藝社、寺田倉庫)
協賛:ANAJCBカード 
後援:日本テレビ  
特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン
企画制作・運営:ソニー・ミュージックソリューションズ
公式サイト:
https://www.starwarsidentities.jp/


PG スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン(スタンダードVer.) 1/72スケール 色分け済みプラモデル

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5579

JUGEMテーマ:アート・デザイン



1978年の映画日本初公開から、41年――。本年12月に公開される最新作で、スカイウォーカー家をめぐる物語『スター・ウォーズ』がついに完結します。この歴史的なタイミングを前に、8月8日(木)から大展覧会“スター・ウォーズ アイデンティティーズ”が開催されます。本展には、映画で実際に俳優たちが着用した衣裳や、作中で使用された小道具、模型、キャラクターの設定を決めるために描かれたコンセプト・アートなど、制作過程を辿れる貴重な展示品が約200点ものボリュームで展示されます。また、これらの展示品は今後、ロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに収蔵され、これだけの規模の展示品を見ることができるのは、日本では最後の機会です。
もうひとつの注目コンテンツは、インタラクティブ・クエスト。会場内に設置されたインタラクティブスペースで、出題される質問に答えながらID付きブレスレットをタッチしていくと、来場者の性格や価値観などのアイデンティティーが反映されたオリジナルキャラクターを作ることができます。
さらに、会場でしか手に入らないオリジナル・グッズを販売します。本展のためだけに描き起こされたオリジナルアートがふんだんに使用され、ファン必見のラインナップになっています。

本展は、『スター・ウォーズ』の世界に没入できる展覧会であり、自身を再発見できる場でもあります。ここでしか鑑賞できない美術品、体験できないインタラクティブ、出会えないオリジナルキャラクター。新発見・再発見の連続に心踊る、唯一無二の体験を来場者にお届けします!『スター・ウォーズ』史上最大規模にして、国内最後の体験型ミュージアムをぜひお楽しみください!
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5579
この記事に対するトラックバック