青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ホテル雅叙園東京 「いけばな×百段階段2019」 | main | 「カラヴァッジョ展」 >>

「嶋田 忠 野生の瞬間」

東京都写真美術館で開催中の
「嶋田 忠 野生の瞬間 華麗なる鳥の世界」展に行って来ました。


http://topmuseum.jp/

川村記念美術館を訪れると美術館の建物とは距離を置いた庭園に、大きなレンズを装着し静かに何かが来るのを待っているカメラ愛好家の人たちの姿をしばしば目にします。

池に獲物を獲りに飛来するカワセミの写真を撮るためでしょうか。

長時間そのチャンスが来るのを待つ釣りと同様に自分には全く向いていない趣味ですが、決定的な一枚を撮影できた時の喜びは並大抵のものではないと想像は出来ます。


嶋田忠「カワセミ」1971-79年 作家蔵

写真美術館で開催中の「嶋田忠展」はほぼ100パーセント自然界の鳥たちの写真で構成されています。

興味深いのは、嶋田が学生時代からカメラマンを目指していたわけではく、日本大学農獣医学部畜産学科卒である点です。

動物への興味関心が強かったこと、また生まれ育った埼玉県入間郡大井村(現・ふじみ野市)が自然美に溢れていたことが、嶋田を野鳥写真家として導いたのでしょう。

約45年に渡り野鳥の写真を撮り続けている嶋田の集大成的な写真展です。


嶋田 忠 野生の瞬間

展覧会の構成は以下の通りです。

1:ふるさと・武蔵野 思い出の鳥たち 1971-79
2:鳥のいる風景・北海道 1980-2017
3:赤と黒の世界 1981-87
4:白の世界
・凍る嘴 厳冬のハンター ヤマセミ 2009-14
・雪の妖精 シマエナガ 2010-17
・氷上の闘争 オオワシ 2010-17
5:緑の世界 熱帯雨林 精霊の舞う森へ 2000-18



赤と黒の世界 展示風景

カワセミや身近にいる野鳥の姿を撮影した写真はデフォルトとして、今回の展示で注目すべきは色をテーマとして展示構成が行われていることです。

180点も鳥の写真を観て楽しいのか?と問われれば、今回の写真展は胸を張って「楽しい!」と応えるられます。それは個人的な感想ではなく、多分会場に足を運んだ方全てがそう感じるはずです。

それくらい、展示に工夫がなされています。


緑の世界 熱帯雨林 精霊の舞う森へ 展示風景

東京都写真美術館の展示は扱うものが写真であるため、どうしても平板的で単調になりがちです。

作品を観に行くのだからそれで構わないのですが、今の時代、絵画展や仏像展も様々な工夫を展示に取り組んでいることを考えると、写美もこうした展示をどんどんやるべきです。


嶋田忠「シマエナガ」2010-17年 作家蔵

こんな愛くるしい鳥も待っています。

フィルムカメラからデジタルに変え、それまで不可能だった自然界の鳥たちの色をよりリアルに表現できるようになったそうです。

鳥好きでなくても、満足度の高い展示となっています。

「嶋田 忠 野生の瞬間」展は9月23日までです。是非〜


「嶋田 忠 野生の瞬間」

開催期間:2019年7月23日(火)〜9月23日(月・祝)
休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
会場:東京都写真美術館
http://topmuseum.jp/
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館/読売新聞社/美術館連絡協議会
後援:ふじみ野市/ふじみ野市教育委員会
特別協賛:キヤノンマーケティングジャパン
協賛:ライオン/大日本印刷/損保ジャパン日本興亜/日本テレビ放送網/東京都写真美術館支援会員
制作協力:NHKエンタープライズ


LAST PARADISE 精霊の踊る森

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5587

JUGEMテーマ:アート・デザイン



東京都写真美術館では国際的に評価が高く、現在も第一線で活躍する自然写真家・嶋田忠の個展を開催します。 嶋田 忠(1949−)は、カワセミ類を中心に、鳥獣の写真家として世界に知られています。圧倒的な存在感と神々しいまでの生命力をもったカワセミやアカショウビンを力強く捉えた作品から、湿潤な日本の風土に生きる鳥獣を、日本画の伝統である「自然から学ぶ」意識と感性に裏打ちされた目で捉えた繊細な作品まで、その多彩な表現は高く評価されています。
本展覧会では、作家の約40年に及ぶ創作活動を概観するとともに「世界最古の熱帯雨林」と言われるニューギニア島を舞台に、不思議な生態と華麗な姿で人々を魅了する貴重な野生動物を多数紹介します。嶋田忠の優れた感性と最新の技術が融合し、人間の知覚を超えて生み出される“奇跡の瞬間”に、どうぞご期待ください。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック