青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 「嵐電 MUSEUM TRAIN 『走る美術館』」 | main | 「あそびのじかん」 >>

『失われたアートの謎を解く』の謎を解く!メールマガジン配信!!

監修を務めた『失われたアートの謎を解く』(ちくま新書)がいよいよ筑摩書房より発売となります。


失われたアートの謎を解く』(ちくま新書)

筑摩書房さんが、いちばんやさしい美術鑑賞に続き特設サイトを作って下さったり、自分も普段通りTwitterやFacebookで告知をしています。

ただし、それだけだと限られた方にしか情報が届かない懸念があるので、今回は初めてメールマガジンを配信してみることにしました。

その名もズバリ!
『失われたアートの謎を解く』の謎を解く!メールマガジン



こちらから、お名前とメールアドレス(本名でなくwebネームでOK!メルアドも捨てアドで構いません!!)を登録するだけです。

登録された翌日から読み応えたっぷりのメルマガがあなたのメールに配信されます。

全5回、毎日自動で届きますのでお好きな時間にゆっくりと読んで頂ければ嬉しいです。Twitterなどと違い「気づかなかった…」てなことがメルマガだと無いので安心です。



失われたアートの謎を解く』【目次】
第1章 美術品盗難事件簿
01 被害総額は史上最高 イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館盗難事件
02 イタリアに返還!? ルーヴル美術館から消えた《モナ・リザ》
[特別寄稿] 甦る! 《サモトラケのニケ》 池上英洋
03 肖像画《デヴォンシャー公爵夫人》に恋した19世紀の大怪盗
04 「手薄な警備に感謝する」 ムンク《叫び》は2度盗まれる

第2章 戦争で消された名画
05 ヒトラーの美術品犯罪 略奪された400万点
06 連合軍が救った名品コレクション アルト・アウスゼー岩塩坑に隠された1万点
07 フリードリヒスハイン高射砲塔に隠された美術品の行方
08 今も美術館を悩ます ナチス御用画商の隠し絵画
09 「文明の十字路」ゆえの悲劇 破壊され続けるバーミヤの仏教遺跡の文化財保護
10 空襲で焼失! かつて日本に存在したもうひとつのゴッホ《ひまわり》
11 8万8000個の破片を再構成! オヴェターリ礼拝堂フレスコ画




第3章 捨てられて上書きされて
12 シャガール《夢の花束》に隠された ルヌヴーのパリ・オペラ座天井画
13 失われたレオナルド・ダ・ヴィンチ 最大の壁画《アンギアーリの戦い》の謎
14 リアルな自分を見たくない!? チャーチルの肖像画、処分の理由
15 レーニンを描いたから破壊された ロックフェラー・センターの壁画
16 何が気に入らなかった!? ドガ《マネとマネ夫人像》切り裂き事件

第4章 失われた人類の遺産、再生の物語
17 保存失敗で色を失いつつあった 高松塚古墳壁画《飛鳥美人》の再生
18 2万年前の洞窟壁画を守り、そして見せる ラスコー洞窟の精密レプリカ展示へ
19 ルドンの模写で甦るドラクロワの《ライオン狩り》
20 地震で崩落したアッシジ サン・フランチェスコ聖堂の修復



簡単登録:『失われたアートの謎を解く』の謎を解く!メールマガジン

盗難、焼失、天災、戦争…美術の歴史を紐解くと、これまで人類は様々な原因によって、歴史上価値ある数々の美術作品を失ってきました。

創造するのも人ですが、破壊してしまうのもまた同じ人なのです。

失われたアートの謎を解く』では、こうした歴史の狭間で永遠に失われてしまったアート作品に焦点をあて、そこに隠された数々のドラマティックなストーリーを紹介しています。

新書とは思えない多数の図版・画像でわかりやすく掘り下げられているのも大きな特徴のひとつです。



発売に伴って、本書の内容をより詳しく解説した期間限定のメールマガジン「『失われたアートの謎を解く』の謎を解く」の配信を本日よりスタートさせました。

執筆者インタビュー、制作裏話をはじめ、メルマガ限定の【特典PDF】もダウンロードできるようになっています。完全無料で読めます。

こちらから、お名前とメールアドレス(本名でなくwebネームでOK!メルアドも捨てアドで構いません!!)を登録するだけです。

あの人のインタビュー記事もメルマガ限定で公開します!是非お気軽に登録してみて下さい!!

『失われたアートの謎を解く』の謎を解く!メールマガジン


『失われたアートの謎を解く』 (ちくま新書)
青い日記帳(監修)

美術史の裏に隠された、数多くの失われたアート。その歴史は、人間の欲望の歴史でもある――
アートが失われた詳細な経緯と、奪還や再生の努力、歴史上の人物とアートの関わりまで、美術の歴史の裏側を徹底ビジュアル解剖!


Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5597

JUGEMテーマ:アート・デザイン



お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック