青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「茂木本家美術館の北斎名品展」 | main | 「コートールド美術館展」 >>

『誰も知らないレオナルド・ダ・ヴィンチ』

NHK出版より刊行となった『誰も知らないレオナルド・ダ・ヴィンチ


誰も知らないレオナルド・ダ・ヴィンチ』 (NHK出版新書)
斎藤 泰弘 (著)

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画作品に言及した書籍は数あれども、彼が生涯書きためた、詳細な図像と左右を反転させた「鏡文字」で書き綴った「手稿」(自筆ノート)に注目して、その天才性を説いた本はほとんどありません。

古代イタリア語に精通し、鏡文字研究の第一人者でもある著者が、レオナルド没後500年の今年、天才画家の知られざる姿を活写します。

「天才」というイメージだけが独り歩きしてしまった芸術家の姿を、彼が遺した膨大な「手稿」を軸に描き出す、まったく新しいレオナルド・ダ・ヴィンチ論です。


レオナルド、《心臓の弁と腱索の図》、ウィンザー紙葉19118-19r

著者:斎藤 泰弘
1946年福島県生まれ。京都大学名誉教授。78年京都大学大学院文学研究科博士課程修了。京都産業大学助教授、京都大学助教授、同大学大学院文学研究科教授等を歴任。専攻はイタリア文学、イタリア演劇。『鳥の飛翔に関する手稿』(谷一郎、小野健一と共著)で第3回マルコ・ポーロ賞受賞。著書に『レオナルド・ダ・ヴィンチの謎─天才の素顔』(岩波書店)、『ダ・ヴィンチ絵画の謎』(中公新書)。レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿の翻訳多数。



カラー版 - ダ・ヴィンチ絵画の謎』 (中公新書)

こちらの本の続編的な内容となっています。

「レオナルドはアルキメデスになりたかった」という指摘には驚かされます。数学者・物理学者・天文学者でもあった古代ギリシアの発明家に自身をなぞらえ、生涯かけて最も熱中したのは「水」の研究でした。

運河の開削や治水事業、架橋計画に関するスケッチとメモからは、水を操る軍事技師として、マキアヴェッリと共にピサ攻略の作戦を練った、意外な一面が浮かび上がります。


レオナルド、《ピサ周辺の地図》、1503、マドリッド手稿52v-53r。

川を決壊して流れを変える計画を練っていた。なお、この図面は現場の指揮官たちに見せるものであったため、地名は鏡文字ではなく正字で書かれています。

またミケランジェロに対して「解剖学と地質学を知らない」と揶揄したかと思えば、人間は鳥類のように自由に空を飛べると信じ、人類史上初めて、鳥の視点で地上を眺める鳥瞰図を描きました。


レオナルド、《ヴァルディキアーナの鳥瞰図》、1502、ウィンザー紙葉12278r、ウィンザー王室図書館。

右上のトラジメーノ湖は現在も残っているそうですが、その左下の鳥の形をした巨大な沼は、干拓されて今はもう存在しないとのこと。

レオナルドの空への欲望はこの時代にあって並外れたものがあったように思えます。



数千ページに及ぶ、それも独特な鏡文字を解読して、わかりやすく一般書に落とし込む研究は時間と労力を要します。

レオナルドの手稿解読をライフワークとしてきた第一人者である斎藤泰弘氏だからこそ書き上げられた一冊といえます。

長年の研究成果をもとに、ついに『誰も知らないレオナルド・ダ・ヴィンチ』で天才画家の実像を明らかにします。

数学・解剖学・地質学・天文学などに秀でていたレオナルドの具体的な業績を知ることが出来る一冊です。


誰も知らないレオナルド・ダ・ヴィンチ』 (NHK出版新書)
斎藤 泰弘 (著)

自筆ノートから見えてくる「天才画家」の正体──

芸術家であり、軍事技師であり、幾何学者であり、解剖学者であり、天文学者であった「世紀の偉人」が、本当になりたかったもの─それは「水」の研究者であり、アルキメデスだった! レオナルドの「手稿」(自筆ノート)研究の第一人者が、図像と鏡文字(左右反転させた文字)の読み解きから、天才画家の知られざる素顔を描き出す!



レオナルド、アンブロージオ・デ・プレディス、《岩窟の聖母》、ロンドン・ナショナル・ギャラリー

【目次】
第1章 アルキメデスになりたかった男──天才の壮年期の肖像
第2章 水を操る軍事技師──わが友マキアヴェッリと共に
第3章 芸術とは「優美さ」である──ミケランジェロとの闘い
第4章 人間は鳥になれるか──飛行機械への欲求
第5章 《岩窟の聖母》は、なぜ二点あるのか 1──ロンドン版 「聖母」の戸惑い
第6章 《岩窟の聖母》は、なぜ二点あるのか 2──ルーヴル版 「天使」と「幼児」は誰か
第7章 生命の神秘なる世界──霊魂創造説か、自然発生説か
第8章 宇宙の真理を解き明かせ──太陽は「動かない」
第9章 幾何学こそが科学である──「霊的なもの」の正体
第10章 手稿だけが知っている真実──なぜ科学的成果は消されたか

《告知》

<丸善雄松堂 知と学びのコミュニティ>
青い日記帳×池上英洋!失われたアートの謎を解く
https://peatix.com/event/1311804

2019/09/14 (土)19:00〜市ヶ谷にあるDNPプラザで池上英洋先生を招いてトークイベントを行います。2020年1月5日より開催されるヴィンチ没後500年記念「夢の実現」展についてたっぷり話します。

https://peatix.com/event/1311804

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5603

JUGEMテーマ:アート・デザイン



読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5603
この記事に対するトラックバック