青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「マイセン動物園展」 | main | Bunkamura 30周年記念 万華鏡展2019 >>

「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」

日本橋眦膕S.C. 本館8階ホールで開催中の
「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」展に行って来ました。


https://www.takashimaya.co.jp/store/special/shiseido/

以前、拙ブログでも紹介した資生堂×眦膕 初の展覧会「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」展が日本橋高島屋で始まっています。

会期が短く今月の29日までですので、迷わず明日にでも日本橋まで観に行って下さい。いつもの日本橋高島屋の展示室とはまるで違う、巧みに作り込まれた空間にただただ感動するはずです。

容易に感動するなんて表現は用いたくありませんが、それ以外の言葉が中々見つかりませんでした。




一部を除き写真撮影も可能です。

名画に囲まれた美術館に何時間でもいられるように、「美と、美と、美。」展の会場も出来ればずーと居たいと思わせる素敵な空間となっています。

資生堂の歴代の商品や専門誌『花椿』やポスターなどを紹介する展覧会ですので、初めて目にするものは決して多くなく、かつて銀座にあった資生堂の施設で何度となく拝見したものも多くありました。

にも関わらず、「美と、美と、美。」展がスゴイ!と思ってしまうのは、やはりその見せ方にあると思います。


『花椿』


香水

このような赤を基調とした(展示室の壁の色が赤というのもとても新鮮です)空間が延々と続くわけではありません。セクションごとに「部屋」のような造りになっているのです。

例えば『花椿』の展示空間の入口はこんな感じです。



9つから成る章を小部屋もしくは、個人の邸宅のように見立て、それぞれ「外」からお邪魔する感覚で各セクションに入って行きます。

ともすれば全体的に平板な空間となりがちなところを、こうすることにより、ドラマチックなものに見事に昇華させています。


各章の入口には資生堂の花「椿」がさり気なく、茶室の花のように飾られているのも見逃せません。瓶もそれぞれ違ったりします。

展覧会の構成は以下の通りです。

1:赤の魔法 オイルデルミン
2:「花椿」
3:「美」が現る
4:「美」を創る
5:資生堂の「美」の歴史
6:「美」を描く 山名文夫の世界
7:セルジュ・ルタンス
8:「美」が香る
9:「美」の未来


空間だけを褒めているようですが、個々の展示品も資生堂の歴史の重みを感じるものばかりです。


メトロポリタン美術館「ダンス展」記念フレグランス
資生堂 エンチャンティングダンス パルファム 1986年

ちょっと変わったものだとこんなものも。

ソーダファウンテン(縮小複製)

1902年(明治35年)に、銀座の資生堂薬局内にソーダファウンテンが開かれました。現在の資生堂パーラーです!

日本初のソーダ水やアイスクリームの製造販売を行ったそうです。



また、個々人で懐かしい〜と感じる展示品にも数多く出会えます。親子で行かれたりすると更に楽しいかもしれません。

化粧品だけでなく、「資生堂スタイル」と呼ばれる優雅な女性像をイラストで表現した山名文夫のデザインや原画も観られます。


山名文夫

一部しかご紹介していませんが、どうです?!観に行かねばならないでしょう。日本橋高島屋での展示後各地を巡回することになっています。

【巡回会場】
・大阪  2020年3月25日(水)〜4月6日(月) 大阪眦膕 7階グランドホール
・名古屋 2020年4月15日(水)〜27日(月) ジェイアール名古屋タカシマヤ 11階特設会場
・京都  2020年7月22日(水)〜8月10日(月) 京都眦膕 7階グランドホール
・横浜  2020年9月2日(水)〜21日(月) 横浜眦膕 ギャラリー<8階>


「美」の未来

最後の章では、ロボットが女性の顔や椿の花を自動で描く様子が間近で観られます。絵筆の代わりに赤い口紅で自動で描いていく不思議な空間が最後に待っています。

2019年4月に新たに企業使命を「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(ビューティーイノベーションでよりよい世界を)」と定めた資生堂。

約500点で構成される「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」展にかける意気込みただならぬものがあります。必見です!


「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」展

会期:2019年9月18日(水)〜9月29日(日)
開館時間:10時30分〜20時
※最終日は18:00閉場(入場は閉場の30分前まで)
会場:日本橋眦膕S.C. 本館8階ホール(東京都中央区日本橋2‐4‐1)
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/shiseido/
主催:「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」展 実行委員会
特別協力:株式会社 資生堂・資生堂企業資料館
企画制作:ブルーシープ
http://bluesheep.jp/


資生堂 オイデルミンG オイデルミン

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5613

JUGEMテーマ:アート・デザイン



資生堂は、2019年9月18日(水)から29日(日)まで日本橋眦膕S.C. 本館8階ホールにて、両社による初の展覧会「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」展を開催します。期間中は、展覧会に加え、1階特設ショップでのオリジナルグッズの販売やイベントコーナーでのメイクアップ体験、8階レストラン「資生堂パーラー」でのスペシャルコースの提供など、展覧会と連動した「美」の世界をお楽しみいただけます。
今後、日本橋眦膕阿鯣蘋擇蠅法大阪、名古屋、京都、横浜の5店舗で同展覧会を開催予定です。
資生堂は、2019年4月に企業使命を「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD(ビューティーイノベーションでよりよい世界を)」と定めました。今後もすべての企業活動を通じて、世界中の人々が心身ともに健やかで美しく、前向きな気持ちで日々を過ごせる世界をつくっていくことに貢献します。
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5613
この記事に対するトラックバック