青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「美と、美と、美。-資生堂のスタイル-」 | main | 「バスキア展」 >>

Bunkamura 30周年記念 万華鏡展2019

Bunkamura 30周年記念「万華鏡展2019」が、渋谷東急Bunkamura Galleryで開催中です。


https://www.bunkamura.co.jp/sp/bunkasai2019/

毎年この時期を楽しみにしている方も大勢いる、秋のBunkamura恒例の「万華鏡展」が始まりました。今年で17回目となるそうです。

今や全国の万華鏡ファンが大集結することで知られているBunkamuraの万華鏡展。

更に、今年は万華鏡が日本伝来し200年の節目にあたる年だそうで、これまで以上に展示だけでなく様々なイベントが企画されています。

→万華鏡ワークショップ詳細はこちらから



万華鏡を発明した、イギリスの物理学者のブルースターも200年後のアジアの片隅でこれほど愛されそして多くの作りてにより発展するとは思ってもいなかったでしょう。

「万華鏡展2019」では、世界的に名の知れた山見浩司、中里保子、羽石茂&泉など大御所の最新作から、実力派新人作家の作品まで幅広く紹介。

国内外の最新万華鏡約1000点を一挙に展示しています。



会場となるBunkamuraは、9月に30周年を迎えました。30年間渋谷の地で世界各国のさまざまな文化・芸術を発信し続け今や渋谷に無くてはならない存在となっています。

30周年を記念し、Bunkamuraは9/21(土)〜10/14(月・祝)の間、大人が楽しめる「Bunka祭」を全館で開催しています。


https://www.bunkamura.co.jp/sp/bunkasai2019/

この「Bunka祭2019」の開催に合わせ、初の試みとなる「万華鏡全国公募展」の一般投票が行われています。

「万華鏡全国公募展」とは。
今や全国の万華鏡ファンが大集結することで知られているBunkamuraの万華鏡展。今回初めて行う万華鏡展の公募は、万華鏡制作をしている方の活動を支援し、これからの日本の万華鏡界の可能性を広げていくことを目的に開催しています。多数あった応募作品の中から、第一次、第二次審査が行われ、最終審査に残った5名の作品がBunkamura30周年記念『万華鏡展2019 The Latest Kaleidoscope Exhibition』に展示されます。万華鏡展にお越しのお客様も審査員となり、会期中の9/27(金)に最優秀作が決定。最終候補に残った作家は、30代〜60代と幅広い年齢の方々。プロとして活躍中の方もいれば、万華鏡作家としての活動をまったくされていない方もいらっしゃいます。日本伝来200年の今年、万華鏡の次世代を担う新しい才能の誕生にご期待ください。


会場内に設置された選りすぐりの万華鏡を実際に見て、来場者に優勝者を決めてもらう「万華鏡全国公募展」。最終ジャッジをくだしにBunkamuraへいざ!!

「万華鏡展2019」入場は無料です。


「万華鏡展2019」
The Latest Kaleidoscope Exhibition


開催期間:2019年9月21日(土)〜9月29日(日)
開館時間:10:00〜19:30
会場:Bunkamura Gallery
主催:Bunkamura Gallery
https://www.bunkamura.co.jp/


手作り万華鏡入門: はじめてでも美しい模様が楽しめる!身近な材料で作れる、不思議な世界

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5614

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック