青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「バスキア展」 | main | 『フェルメール この一瞬の光を永遠に』 >>

トリップアドバイザーの口コミで人気!「日本の城ランキング 2019」

トリップアドバイザー上に投稿された口コミをもとに「トリップアドバイザーの口コミで人気!日本の城ランキング 2019」が今年も発表となりました。


姫路城(兵庫県姫路市)
Himeji Castle (Hyogo)

http://www.tripadvisor.jp

7回目の発表となる今回は、『姫路城』(兵庫県姫路市)が4年連続で1位を獲得。これから先も不動の1位をキープしそうな人気ぶりです。

2位には、昨年の4位からランクアップした『松本城』(長野県松本市)が、3位には、昨年惜しくもランク外だった『熊本城』(熊本県熊本市)が選ばれました。


熊本城(熊本県熊本市)
Kumamoto Castle (Kumamoto)

地震から3年余り、秋からの特別公開に向けて再建が進む熊本城。まだ復旧には時間を要するものの、現在は天守閣を覆っていた囲いも取れ、その勇壮な姿を見る事ができるようです。

口コミでは、「復興のシンボル!!修復中の今だから見に行くべきです!!」「すでに天守閣は出来上がりつつありましたが、石垣は崩れたままであったり、地震の凄さを身に染みて感じました。熊本もシンボルが、一日も早く元の姿に戻る日を楽しみにしています。」と確実に復旧が進んでいることを喜ぶ声が寄せられていました。

今年は2つの城・城跡がトップ20に初登場しています。立派な石垣の上に復元された備中櫓が凛々しい『津山城(鶴山公園)』(岡山県津山市)が17位に、天守閣から一望できる美しい絶景や充実した史料展示など魅力たっぷりの『島原城』(長崎県島原市)が20位にランクイン。


弘前城(青森県弘前市)
Hirosaki Castle (Aomori)

そして、トップ20の顔ぶれとしては、昨年と比べ9つの城・城跡が順位を上げランクインとなりました。中でも、自然の地形を生かした城壁が美しいと評判の『勝連城跡』(沖縄県うるま市)が、19位から11位へと最も大きくランクアップ。さらに、石垣工事で移動された天守閣の姿が話題の『弘前城』(青森県弘前市)が4年振りに登場という結果になりました。


津山城(鶴山公園)(岡山県津山市)
Tsuyama Castle (Kakuzan Park) (Okayama)

【日本の城ランキング2019 トップ20】 ※()内は昨年順位。「初」は今年初登場。
1位(1)姫路城/兵庫県姫路市
2位(4)松本城/長野県松本市
3位(-)熊本城/熊本県熊本市
4位(3)松山城/愛媛県松山市
5位(9)松江城/島根県松江市
6位(7)犬山城/愛知県犬山市
7位(-)宇和島城/愛媛県宇和島市
8位(13)皇居東御苑(旧江戸城本丸跡)/東京都千代田区
9位(8)備中松山城/岡山県高梁市
10位(-)首里城/沖縄県那覇市
11位(19)勝連城跡/沖縄県うるま市
12位(-)弘前城/青森県弘前市
13位(10)岩村城址/岐阜県恵那市
14位(-)会津若松城(鶴ヶ城)/福島県会津若松市
15位(6)中城城跡/沖縄県北中城村
16位(-)座喜味城跡/沖縄県読谷村
17位「初」津山城(鶴山公園)/岡山県津山市
18位(12)高知城/高知県高知市
19位(2)二条城/京都府京都市
20位「初」島原城/長崎県島原市


20位 『島原城』(長崎県島原市)

【評価方法】
「トリップアドバイザーの口コミで人気!日本の城ランキング2019」は、2018年6月〜2019年5月の1年間に日本の城(城跡含む)に投稿された日本語の口コミの評価(5段階)点、投稿数などをもとに、独自のアルゴリズムで集計したものです。


日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき

口コミとランキングで見つかる旅のプラットフォーム「TripAdvisor®」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:牧野友衛、http://www.tripadvisor.jp)。


ワイド&パノラマ 鳥瞰・復元イラスト 日本の城

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5617

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック