青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ミイラ展」 | main | 「小さなデザイン 駒形克己展」 >>

【祝】池上英洋先生「第4回フォスコ・マライーニ賞」受賞!

日本語で書かれたイタリアに関する優れた著作に対して贈られる「フォスコ・マライーニ賞」を池上英洋先生が受賞されました。

「マルコ・ポーロ賞」(1978年〜2007年)を継承し2013年より「フォスコ・マライーニ賞」に名前を変え今回で第4回目の授賞となります。


レオナルド・ダ・ヴィンチ: 生涯と芸術のすべて

去る10月29日、イタリア文化会館にて、小佐野重利(委員長)、小谷眞男、竹山博英、西谷修、前田恭二の5氏からなる選考委員会が開かれ、池上英洋先生の『レオナルド・ダ・ヴィンチ: 生涯と芸術のすべて』が第4回フォスコ・マライーニ賞授賞作品に決定しました。

2017年7月から2019年6月の間に出版された日本語によるイタリアに関する優れた著作の中から、『『レオナルド・ダ・ヴィンチ: 生涯と芸術のすべて』(池上英洋著、筑摩書房、 2019年5月)が選ばれたことは大変喜ばしいことです!



今年はレオナルド・ダビンチ没後500年の節目の年にあたります。

パリ、ルーヴル美術館では空前絶後の「レオナルド展」が大盛況のなか開催されています。


Exhibition Leonardo da Vinci
from October 24, 2019 to February 24, 2020
https://www.louvre.fr/en/expositions/leonardo-da-vinci

日本国内では、池上先生が教鞭を執られている東京造形大学が、レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年記念「夢の実現」展を開催します。



会期:2020年1月5日(日)〜2020年1月26日(日)
会場:代官山ヒルサイドフォーラム(代官山ヒルサイドテラスF棟内)
入場無料
開館時間:11:00〜20:30(入館は20:00まで)
※1月5日(日)は12:00開館、1月8日(水)は15:00閉館
主催:学校法人桑沢学園 東京造形大学
http://leonardo500.jp/


レオナルド・ダ・ヴィンチ「東方三博士の礼拝

実物大復元プロジェクト。これに彩色が施され夢の実現」展にて公開されます。

「夢の実現」展公式サイトでは関連イベントも情報公開となっています。ヤマザキマリさん、茂木健一郎さん、布施英利さん、森田学さん、浅葉克己さん、原基晶さん、そして宮下規久朗先生も!!



大学が行う展覧会やイベントなので、観るのも聴くのも基本無料です。
http://leonardo500.jp/

青い日記帳ではイベントをこの展覧会期間中に行う予定です。

詳細が決まり次第こちらかSNSでお知らせいたします。多分「先着順」です。


第4回フォスコ・マライーニ賞 授賞式

12月11日に授賞式を開催します。一般の方もご入場になれますので、参加ご希望の方はリンクよりお申込みください。

開催日: 2019年12月11日
時間: 18:30 20:00
主催 :イタリア文化会館
入場 : 無料
会場:イタリア文化会館、エキジビションホール 1F
https://iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/ja

式次第
18:30〜19:00 授賞式
19:00〜20:00 関係者および来場者懇親会



池上英洋先生 受賞おめでとうございます!!


レオナルド・ダ・ヴィンチ: 生涯と芸術のすべて』 (単行本)
池上英洋(著)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5685

JUGEMテーマ:アート・デザイン



フォスコ・マライーニ(1912-2004)は民族学者、写真家、登山家、詩人、作家として、さまざまな分野に関心をもつ、他に類をみない日本研究者でした。伊日両国をつなぐ大きな役割を果たしたマライーニの名前を冠した本賞は、1978年から2007年まで続いた「マルコ・ポーロ賞」を継承するもので、日本におけるイタリア文化への理解と関心を促進することを目的として、2013年に創設されました。
その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/5685
この記事に対するトラックバック