青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『もっと知りたい浮世絵』 | main | ぐろ〜かるCM大賞2019を山口県立美術館が受賞。 >>

「小林ドンゲ展」

佐倉市立美術館で開催中の
「小林ドンゲ展−ファム・ファタル(妖婦)」に行って来ました。


http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/

まずは、作者・小林ドンゲについて。

1926(大正15)年、現在の東京都江東区亀戸に生まれ、1986(昭和61)年以降は千葉県印西市を拠点に活動した銅版画家です。当初、画家を目指していた小林は1949(昭和24)年に女子美術大学洋画科を中退後、関野凖一郎(版画家|1914-88)と駒井哲郎(銅版画家|1920-76)に銅版画を教わります。ドンゲという名は1954(昭和29)年 、弟の囲碁仲間であった僧から贈られたもので、優曇華(うどんげ)という三千年に一度咲くという伝説の花に由来しています。

文学や能への関心が高かった小林は堀口大學(詩人、仏文学者|1892-1981)と木村荘八(画家、随筆家|1893-1958)に師事。1956(昭和31)年には「第24回日本版画協会展」において「第1回恩地孝四郎賞」を受賞するなど、その仕事は早くから高い評価を受け、翌年には堀口から詩集『夕の虹』の挿画(銅版画)を任されています。



小林ドンゲ《散る花》1985年

戦後日本を代表する女流銅版画家・小林ドンゲ初の大規模個展が佐倉市立美術館で開催中です。

日本画家・小林古径の線に憧れ、美しく繊細な線で表現された女性たち。銅版画の中でも最も古典的な技法の一つであり、大変難易度の高いエングレーヴィングを駆使した線は確かに日本画の剃刀のようなそれに通じるものがあります。

版画の脇に、実際に使用した原版も所々に展示されており、それを見ると一体どうやってこんな線を彫ったのか集中力の無い自分にはまるで理解できません。

日本画もそうですが、エングレーヴィングも少しでもミスしたら一巻の終わりです。



初期作品はやはり日本画の影響が強く、「悪の華」や「枯れゆく花」、「雨月物語 淫火」など速水御舟が好んで描いた蛾が多く登場します。そして炎もまた。

作品は初期から現在に至るまで一貫して具象を守り通しています。時代的に抽象的な作品が貴ばれても決してその流れには乗らず、あくまでも女性像を中心とした具象を貫きます。

しかし、「昨日まで林檎を描いていた仲間が、いとも安易に抽象に転向して、造形性の追求などと唱えはじめた」そのような仲間から「軽蔑の目で見られるような絵を描き続ける自分は間違っているのかもしれないと思うようになり、自信を喪失」してしまいます。


小林ドンゲ《女と猫》1975年

落ち込むドンゲに、堀口大學と小林の両親は、それならば思い切って海外へ行ってみたらと勧めます。パリでの滞在中は長谷川潔が身元引受人となってくれたそうです。

渡欧してからのドンゲ作品は「広がり」が見られるようになります。それはルーヴル美術館をはじめとし数多くの西洋絵画を浴びるように目にすることにより起こった自然な変革です。

圧倒的な質量の西洋絵画に囲まれ、「私の志向する絵が間違っていたわけではない。」と失いかけた自信を取り戻すことに成功するのです。

1964年からの1年半のヨーロッパ滞在は、「小林ドンゲ展」を鑑賞する上でも、大きなターニングポイントになります。


レオナルド・ダ・ヴィンチ「白貂を抱く貴婦人」1490年頃
チャルトリスキ美術館所蔵

「女と猫」はレオナルド作品に感化されたものでしょうか。その他にもルドン、クリムト、モローらの影響がはっきりと見て取れる作品が、渡欧以降出てきます。

そうそう、元々ドンゲの作品に描かれる女性がマリー・ローランサンのそれと被るので、そんな見方をしても楽しいかもしれません。

それにしても、好きなものはとことん描き込む版画家です。蝶(蛾)、猫、薔薇そして網タイツ。


小林ドンゲ《薔薇薄暮》1990年

都内から千葉に越してきたのも、薔薇の栽培をしたいからとのこと。京成バラ園などありますしね〜お住いのある印西はホームセンターも沢山あるし。

自分のやりたいことをやり通す!このシンプルながら中々実行出来ないことを版画でも私生活でも、やり通せたからこそキラリと光るものが作品から感じられるのでしょう。

小林ドンゲ初期から近作までの銅版画とその下絵、原版等158点が一堂に会しています。作家が人生をとおして追求してきた銅版画表現の魅力をとくとご覧あれ。

会場では無料で大型ルーペを貸してくれます。でもiPhoneでメモしていると今時注意されるのでご注意。

「小林ドンゲ展」は12月22日までです。


「小林ドンゲ展−ファム・ファタル(妖婦)」

会期:2019年11月2日(土)〜12月22日(日)
休館日:月曜日
開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
会場:佐倉市立美術館(千葉県佐倉市新町210番地)
http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/
主催:佐倉市立美術館
協力:学校法人矍軍惘 創形美術学校
協賛:株式会社エッシェンバッハ光学ジャパン


『キリスト教 と 聖書 でたどる 世界の名画 〜愛、信仰、友情の物語 〜』 (時空旅人別冊)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5689

JUGEMテーマ:アート・デザイン



小林ドンゲ(1926年〜)は、
戦後日本を代表する女流銅版画家の一人です。
当初、画家を目指していた小林は1953(昭和28)年頃から、関野凖一郎(版画家)と駒井哲郎(銅版画家)に銅版画を教わり、作家活動を始めます。
ドンゲという名は1954(昭和29)年 、知人の僧から贈られたもので、優曇華(うどんげ)という三千年に一度咲くという伝説の花に由来しています。

文学や能への関心が高かった小林は堀口大學(詩人、仏文学者)と木村荘八(画家、随筆家)に師事、
1957(昭和32)年には堀口から詩集『夕の虹』の挿画(銅版画)を任されるなど、その仕事は早くから高い評価を受けます。
その後も《モレラ》(1970年頃/チラシ表)など、文学作品に由来する謎めいた女性像を数多く描き、活躍を続けます。

本展では、初期から近作までの銅版画とその下絵、原版等を一堂に展覧、
作家が人生をとおして追求してきた銅版画表現の魅力をお伝えいたします。

展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック