青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「よみがえる源氏物語絵巻展」 | main | ショーウインドーの風神雷神 >>

お待たせ!伊藤若冲「動植綵絵」公開です

伊藤若冲「動植綵絵」がいよいよ公開されます。
1第1期行って来ました!
2第2期行って来ました!
3第3期行って来ました!
4第4期行って来ました!
5第5期行って来ました!


青山ブックセンター本店で行われた辻惟雄、山下裕二両先生の対談
辻先生が「今年修復も終わったので『動植綵絵』公開するよ」との
重大な発言を耳にしてからおよそ一ヶ月。
それが現実のものとなりました。

「『動植綵絵』って何?そんなに凄いものなの?」

辻先生がお書きになった今やベストセラーとなっているこの本では
「動植綵絵」についてこんな説明がされています。
日本美術の歴史
日本美術の歴史
「動植綵絵」30幅はかれの40代を費やして完成され、相国寺に寄付された。細密で濃厚な彩色手法で描かれたこの連作には、さまざまな動植物が、写実と装飾、空想とアニミズムの交錯する不思議な世界をつくりだしている。

1765年に若冲ゆかりの寺、相国寺に「動植綵絵」を本人が寄進。
その後明治時代に入り廃仏毀釈により寺は荒れ財政の危機に瀕したそうです。
苦慮したのち打開策として「動植綵絵」宮内省に献じて1万円の下賜金を得て
寺の維持金としたと相国寺のサイトにも記されています。

よって現在は宮内庁が所有していることになっています。
2000年に京都国立博物館にて開催された「没後200年 若冲展」で
出展されてから公開されたことはありません。(多分)

私も当然、未見。観たことありません。
いつもこの本で我慢してましたが、
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』

そんな我慢の時も終りを告げる日がやってきました!
伊藤若冲「動植綵絵」公開決定です!!拍手

公開場所は皇居内にある三の丸尚蔵館

地下鉄大手町駅から徒歩5分。

ここで開催される
三の丸尚蔵館第40回展「花鳥−愛でる心、彩る技 <若冲を中心に>」展で
全幅展示公開されます!!(素晴らしい〜)
 現在も人気の高い,江戸時代中期の画家・伊藤若冲(1716〜1800)の代表作「動植綵絵」30幅は,美しい色彩,細緻な描写,奇抜な構図等の魅力に溢れ,当館収蔵品の中でも,ことのほか多くの人々に愛されている作品です。この「動植綵絵」全30幅を,今後も良好な状態で後世に伝えていくため,平成11年度から6か年にわたって修理を行いました。今回の展覧会では,その修理の成果を踏まえて,改めて「動植綵絵」,そして若冲の描写表現の素晴らしさを紹介するとともに,若冲の時代とその前後の花鳥画の展開の様子を紹介します。
しかもここ三の丸尚蔵館は入館無料!!
タダで伊藤若冲「動植綵絵」を観られてしまうんです!!

こんな美味しい話があってもいいのでしょうか。(いいんです!)
待った甲斐がありました。待てば海路の日よりありです、まさに。

ただちょっとだけ注意点も。
その1
【開館時間】
三の丸尚蔵館の開館時間は午前9時〜午後4時15分 (入館は午後4時まで)と
なっています。9時からは嬉しいのですが終わるのがちょっと早いです。

また毎週月曜日,金曜日の2日休館日があります。

その2
【作品の展示期間】
「動植綵絵」実は今回いっぺんに展示できません。
三の丸尚蔵館のスペースの問題が一番かと思います。
30幅を5回に分けて展示するとのことです。

第1期:3月25日(土)〜4月23日(日)
第2期:4月29日(土・祝)〜5月28日(日)
第3期:6月3日(土)〜7月2日(日)
第4期:7月8日(土)〜8月6日(日)
第5期:8月12日(土)〜9月10日(日)

刻むな〜それぞれ約一ヶ月の公開。
上手く行ける日を狙って効率よく計画的に行かないと全部観られません。

こういうのって一期だけ見逃したりするととっても悔しいですからね。
カレンダーに今から○を付けておかないと!

そんなに毎回行けないよ!!って方、展示作品リストをご覧になって
お目当ての作品が展示される期間を狙って行かれるとよろしいかと。
展示作品リストはこちらです。 

若冲の目
若冲の目

横尾忠則や多くの画家さん、クリエイターの方々がこの「動植綵絵」に
影響を受け、作品に取り入れたりもしています。

以前こんなペットボトルのお茶も売っていましたよね!
「まろ茶ひとひら」

とにかく今から楽しみでワクワクしています。
早く観たいな〜

尚、この情報を伊藤若冲ナンバー1サイト「ハマリごと--伊藤若冲」の
管理人さんにお知らせしました。(早速掲載して下さいました)
こちらのサイトはとても内容が充実しています。
若冲の作品をご覧になる前に是非見ておくことお勧めします。

また、皇居での展示が終わると元の所蔵先であった相国寺へ
里帰りしこちらでは30幅そろいで展示される予定です。
「伊藤若冲展を2007年春の開館記念に─相国寺の承天閣美術館、新館着工」
詳しくは↓
 臨済宗相国寺派の大本山、相国寺の承天閣美術館(京都市)が今月、新館に着工する。2007年春の開館記念に予定しているのは「伊藤若冲特別展(仮称)」。鮮やかな色彩の「釈迦(しゃか)三尊像」と「動植綵絵(さいえ)」全30幅、水墨画の「鹿苑寺(金閣寺)大書院障壁画」全50面と、若冲の代表作を一堂に集める初夢のような企画だ。

 この障壁画とともに特別展を構成するのが「釈迦三尊像」と、「群鶏図」「池辺(ちへん)群虫図」などで知られる「動植綵絵」30幅。若冲が42歳から約10年がかりで打ち込んだ大作だ。もともと釈迦、文殊、普賢の三尊を飾っていた「動植綵絵」は、微妙な筆遣いと色の濃淡によって、花、鳥、虫、魚などを生き生きと表現している。

 若冲は1765年、弟の死をきっかけに、この「釈迦三尊像」と「動植綵絵」30幅を両親と弟、自分自身の永代供養料代わりに相国寺に寄進した。ところが明治時代、仏教の排斥運動である廃仏毀釈(きしゃく)のあおりで相国寺も衰退。1889年、1万円と引き換えに「動植綵絵」30幅を宮中に献納した。

 現在は宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵しているが、まとめて公開される機会はほとんどないため、若冲ファンの間では「どれを見たか」が話題に上っている。承天閣美術館は2007年春の特別展で30幅すべてを借り受け、118年ぶりに、「釈迦三尊像」と「動植綵絵」30幅を勢ぞろいさせる計画だ。
お知らせ | permalink | comments(26) | trackbacks(9)

この記事に対するコメント

 おおっ、情報早い!GW頃まではお隣の駅を定期的に通るので、地の利はばっちりです。第一期は楽勝!だと良いなあ(笑)。。。
mizdesign | 2006/03/11 12:40 AM
さっそくの情報、ありがとうございます。
行く気満々!
慌ただしくて最近いろいろ行けてない展覧会が多いのですが
全制覇めざしてがんばりた〜いです。
tsukinoha | 2006/03/11 5:22 AM
Takさん、こんにちわ
うーん、刻みますねえ。無料だからいいようなものの・・・
とりあえず1ヶ月に1回行くようなかんじですね
がんばって通います!
けい | 2006/03/11 7:03 AM
Takさん、こんにちは&TBありがとうございます。
さっそく遊びにやってまいりました。
この情報は知りませんでした、教えて下さってありがとうございます!
頑張って月に1回通いたいと思います。忘れないようにしなくちゃ・・・
でも恐ろしく混雑しそうですね・・・(^_^;
| 2006/03/11 8:18 AM
先週の土曜日、大丸ミュージアムから、東京国立近代美術館まで歩いて行きましたが、大手門から入り、平川門からでたので、三の丸尚蔵館の前を通りました。
三の丸尚蔵館 行ったことがないので、これを機会に行ってみようと思います。

これって、国有財産?皇室財産?
じゅん | 2006/03/11 8:40 AM
Takさん、こんにちわ。とても素敵な情報ありがとうございます。
多数の作品の中にあってひときわ異彩を放ってたので、若沖はすごく好きになりました。
横尾さんが影響受けられていたとはびっくり納得です。
会期中は是非、訪れてみたいと思います。
あおひー | 2006/03/11 9:22 AM
@mizdesignさん
こんにちは。

先日お話していたことが
現実となりました!!
嬉しいです!気を引き締めて制覇狙います。

@tsukinohaさん
こんにちは。

4月から仕事大変になるのですが
これだけは見逃せません。
体調万全にして臨みます。
全制覇するためにスタンプシートとか
作ってくれないですよね…宮内庁さん。。。

@けいさん
こんにちは。

刻んできますよね〜
小出しにした感じです。
こういうのって一つでも見逃すと
とっても悔しいのでしっかり予定立てていきます。
がんばりましょ!

@鴨さん
こんにちは。

会期が後半になるにしたがって大変なことに
なりそうな予感がします・・・
テレビとかで扱ったら倍増しますからね。
プライスコレクションも来ますし
今年は若冲の当たり年かもしれません。
来年の相国寺にも行きたいな〜と
密かに考えていたりします。

@じゅんさん
こんにちは。

皇室の物でしょうね。だからここに所蔵されているものは
国宝の対象外です。よってこの若冲も肩書きはナシ!
相国寺にあったら間違いなく国宝でしょう。
でも皇室にあったからこそ海外に流失しなかったので
それはそれで良しですよね。

@あおひーさん
こんにちは。

横尾さんそっくりそのまま若冲の絵を
自分の絵の中に描き込んでいたりします。
山下先生は草間彌生との関連性まで
語っていたりして楽しいです。

兎にも角にも行かなければ!!
がんばりましょう!!
Tak管理人 | 2006/03/11 10:25 AM
Takさん
貴重な情報、有り難うございました。
私のHPにも掲載させて戴きます。
宜しくお願いします。
Ken | 2006/03/11 12:53 PM
@Kenさん
こんばんは。

お役に立てて嬉しいです。
Kenさん全部ご覧になりますか?
京都でご覧になっていますよね、以前。
修復後どう変ったか楽しみですね。
Tak管理人 | 2006/03/11 10:21 PM
先日はTBありがとうございました。route347です。

動植綵絵、いよいよですね。興奮を抑えきれず記事を書き上げた後こちらにお邪魔したらさっそく話題になっていて、嬉しくなってTBさせていただきました!
なにがなんでも全部行きます。
来年の相国寺承天閣美術館での展示も楽しみですね。
route347 | 2006/03/11 11:01 PM
Takさん、こんばんは
展覧スケジュール、とても助かります。早速メモ帳に記しておきます。
「動植綵絵」実は86年に東博「日本美術名宝展」で4幅だけ見たことがあります。
それが私の初若冲でしたが、とにかく色が凄くてある意味抽象に近かったです。
静岡県美でも若冲の展示が今年もありますので、それにも行ってこようと思っています。
アイレ | 2006/03/11 11:31 PM
@route347さん
こんばんは。
TBありがとうございます。

興奮しますよねーー
見てないうちから。
全部行けたらいいな〜と思ってます。
計画しないと、今から。
京都も来年行かないわけには・・・

@アイレさん
こんばんは。

辻先生がトークショーでぽろりと
おっしゃったことが現実となりました。
いやーー嬉しいです。
私は1幅も見たことないので
もうワクワクです。
静岡県立美術館昨年お邪魔しました。
今年もあるのですか!うーーん。
また、今年もか・・・
Tak管理人 | 2006/03/12 9:43 PM
こんばんは。皆さん盛り上がってますね!
前回、三の丸尚蔵館で「動植綵絵」の全点展示があったのは、もう10年以上前になるでしょうか。オバサンはそのときも行きましたよ。半分か3分の1ずつ展示替えだったと思います。今回は5期に分けるんですね。長いなあ〜。でも、がんばって行こうっと。

相国寺の伊藤若冲展もとても楽しみです。あそこの障壁画は、動植綵絵とはまた違った魅力があってイイんですよね。
jchz | 2006/03/12 10:21 PM
待ってました!いよいよ公開ですね。
もちろん全回制覇します!楽しみです。
ご情報ありがとうございます。

宮内庁に「所蔵若冲、全公開展」を希望します!
はろるど | 2006/03/12 11:46 PM
@jchzさん
こんばんは。

10年前にも展示あったのですね。
知りませんでした。
その時は今ほど話題にもならなかったのでしょうか。
ここ数年での若冲人気は恐ろしいくらいです。
私も流行りにしっかり乗ってます。

相国寺にも是非行きたいですね。
時間が許してくれないでしょうが・・・

@はろるどさん
こんばんは。

いよいよです!!
全部観たいですよね。
コレクターの気分です。

どこか広いスペースで並べて展示してくれないでしょうか。
中央に向かって左右動植物が向いている様子を見たいです。
Tak管理人 | 2006/03/14 7:55 PM
Takさま、こんばんは。

ちょっとご無沙汰していたら、た、た、た大変なビッグ情報!!
マジ驚きです!!

もう、毎月通って、スタンプでも押してもらって、
皆勤賞には何かグッズ当たります!なんてのはないんでしょうか?
いやいや、そんなこと無料で見せて頂けるのに、めっそうもない!!
老骨にむち打ってでも、行きます。
朗報感謝感激★ 感涙★
あべまつ | 2006/03/14 9:52 PM
@あべまつさん
こんばんは。

その案賛成です!
昔夏休みにラジオ体操で
毎朝スタンプもらうの
楽しみでした!!
皆勤賞にはポストカードでも。。。

来週の土曜日からですね。
頑張っていきましょう〜
Tak管理人 | 2006/03/15 10:03 PM
おはようございまーす
昨日早速行ってまいりました!
そんなに混んでなかったですよ〜。
| 2006/03/27 7:39 AM
Takさん、こんばんは。この情報の掲載に大変感謝!しています。もう始まっていたのですね。
しかもこれぜんぶ無料ですよね?
信じられない・・・スバラシイです。
code_null | 2006/04/04 12:35 AM
@鴨さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

団体のお客さんは意外と
スルーしてくれるので
ぽっかりと絵の前から
人がいなくなることもありますよね。
いやーー贅沢です。

@code_nullさん
こんばんは。

はい。無料です。
しかも修復したのほやほやです。
研究成果も図録に詳しく載っています。
裏彩色にはビックリさせられました。

さぁ、善は急げです!
Tak管理人 | 2006/04/05 6:01 PM
お久しぶりの訪問です。
若冲大好きなので、TBさせていただきました。
どうぞ宜しくお願いいたします。
マユ | 2006/04/10 12:52 AM
@マユさん
こんにちは。
TBありがとうございます。

若冲いかがでした?
後ほど貴ブログお邪魔させていただきますね。
若冲が好きな方多いようで嬉しいです!
Tak管理人 | 2006/04/10 7:31 AM
Takさん、初めまして。machioといいます。
先日「ロダンとカリエール展」を観に行き関連情報がないかと探しているうちにこちらのサイトにたどり着きました。「ロダンとカリエール展」の記事も見させて頂いたのですが、まさかこちらで「伊藤若冲」の情報に出会う事ができるなんて思ってもいませんでした。感動です。若冲の存在に気づいたのが2〜3年前でまだ作品を1度も見たことがありません。ずっとずっと「観たい!」と願っていたので、この機会に是非触れてきたいと思います。第1期にも何とか間に合う時期にこちらのサイトに出会えたことに感謝してます(*^-^*)
machio | 2006/04/20 8:29 PM
@machioさん
こんばんは。
はじめまして。

コメントありがとうございます。
生・若冲はかなりインパクトあるので
前の晩ぐっすり睡眠とって行ってください
(^_-)-☆
それでなくともふらふらになってしまいます。
1期間に合って良かったですね〜
逆にすぐ2期も観られますね。
タイミング良過ぎかもしれまえんよ。

少しでもお役に立てて嬉しいです。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
Tak管理人 | 2006/04/20 10:42 PM
 これ、ぜったい行きます。そう思ってたら、土曜日の夜のEPSONの東京12ch.の「美の巨人たち」で紹介されていました。この番組、秀逸でした。頭が欠けたけど録画しました。
メモー | 2006/07/10 4:44 PM
@メモーさん
こんばんは。

「美の巨人たち」飲み会キャンセルして
急いで帰って観ました。
三の丸も第四期始まっていますね。
行かねば!!
Tak管理人 | 2006/07/12 12:27 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/569
この記事に対するトラックバック
目をみはる伊藤若冲の『動植採絵』 狩野博幸 小学館 2000年 はじめて伊藤若冲という人の絵を知った時の驚きは、何も知らなかった自分への衝撃になりました・・・。こんな職業についているから、なんでも知っているかというと大間違いで、大学で専
167 伊藤若冲の『動植採絵』 | たまゆらデザイン日記 | 2006/03/11 9:13 AM
まあまあ、何も言わずにこれを読んで下さいよ・・・・・! ・・・。 ・・・・・・。 ・・・・・・・・・・!!! (しばし群鶏図をお楽しみ下さい)なんと。 動植綵絵30幅が(小出しですが)全て展示されます。(リストはこちら) 相国寺承天閣
はいはい第二弾ですよ。ちょっと古めのネタも混ざってますが許して。 液晶?何それ? PC向けCRTモニター終焉へ、08年に次世代ディスクは国内で400万台--JEITA 結構衝撃のニュース。フィルムカメラ以上に絶滅種になりつつあるCRTモニタ!まあ普通に家で使っている分
【20060312】最近の気になりごと(その2) | 超音速備忘録 | 2006/03/12 12:23 PM
 弐代目・青い日記帳と言うサイトで詳しい情報ゲット。全部見に行けるかわからないけど何とかしたい。
[雑談]伊藤若冲展 | 一日一善 僕に難しい話をするな | 2006/03/26 10:54 AM
宮内庁・三の丸尚蔵館にて昨日からスタートした伊藤若冲「動植綵絵」公開、早速行ってまいりました! 今回は全30幅の「動植綵絵」を6幅づつ5回に分けて公開するもので、5回皇居に通えば全部観られる寸法です。スタンプラリーでもやればいいのにねぇ、それぐらいの遊
?彳裱 | 鴨が行く ver.BLOG | 2006/03/27 7:38 AM
「花鳥―愛でる心、彩る技(第1期)」を観てきました。 「若冲」って、MS-IMEだと何も考えずに変換できることに気づきました 「生誕120年 藤田嗣治展」を見に行った後で…と思ってたんですけど、まだ11時ころなのにチケット売り場で100人くらい並んでたので諦めました
花鳥―愛でる心、彩る技(第1期) | なんとなく、そんな感じで | 2006/04/09 7:56 PM
 腕を固めていたギプスが解除されたのは、新しい苦痛の始まり。 柳の若葉が花曇りを透かす陽光に照らされ、風に揺らされるさまが堀の水面に映る。水の中で揺れる柳の枝をくしゃっと砕いて、黒い鯉がすり抜けてゆく。 季節は春。 三の丸尚三館の季節。 近年の修復によ
「かのこの劇場メモ」さんのエントリ「若冲「動植綵絵」が無料で公開中!」を読んで、江戸時代中期の画家・伊藤若沖の代表作が無料で公開されていることを知りました。 会
伊藤若冲の代表作「動植綵絵」が皇居・三の丸尚蔵館で展示中 | くりおね あくえりあむ | 2006/05/11 12:52 PM
昨日の予報では雨だったのに、朝起きたら降ってませんでした。 しばらくするとなんと!晴れてきました なので、おととい洗ってまだ半乾きのシーツを外に出して出かけたのですが・・
雨?晴れ?何? | よしなし□□□ | 2006/05/20 6:11 PM