青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「子どもへのまなざし」 | main | ダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展 Blogger先行内覧会のお知らせ。 >>

東京国立博物館「博物館に初もうで 子・鼠・ねずみ」

今年(2019年)も残すところあと3週間となりました。



そろそろ、今年の展覧会ベスト10も決めないといけません。慌ただしくあっと言う間にクリスマス、大晦日、そして新しい年を迎えることになりそうです。

毎年お正月恒例となりました、東京国立博物館の「博物館へ初もうで」今年も2020年も1月2日より開催となります。


長谷川等伯 国宝「松林図屏風」安土桃山時代・16世紀

2020年1月2日(木)〜1月13日(月・祝) 本館2室(国宝室)で来年のお正月も、日本の水墨画がたどり着いたひとつの到達点である 国宝「松林図屏風」が公開されます。

混雑している中で、少し後方から鑑賞者を「松」に見立てて見るのもをかし。

来年の干支は「子(ねずみ)」。十二支最初の干支です。特集展示室にはネズミをモチーフにした多くの作品で賑わいをみせます。

特集「博物館に初もうで 子・鼠・ねずみ」
1月2日(木)〜26日(日) 本館特別1室・特別2室


鼠蒔絵印籠 紐通し朱漆銘「塩見政誠」/明治時代・19世紀/クインシー・A.ショー氏寄贈


鈴木春信「鼠、猫と遊ぶ子供

どこかユニークで愛らしいネズミモチーフ作品、まだまだ名品&珍品がきっと公開となるはずです。

さて、「博物館に初もうで 子・鼠・ねずみ」のお楽しみは作品鑑賞だけではありません。トークイベントほか、いつも目からおめでたい気分にさせてくれる生け花なども。

いけばな 1月2日(木)〜1月13日(月・祝)
正門、本館玄関、本館大階段 真生流 山根 由美氏


そして一番人気なのが和太鼓や獅子舞など日本の伝統芸能が見られる点です。お天気良くなるようにお願いしておきましょう。


和太鼓(2019年の様子)

1月2日(木)
11:00/13:15 和太鼓 湯島天神白梅太鼓 東洋館前
11:45/14:00 獅子舞 葛西囃子中村社中 東洋館前

1月3日(金)
11:00/13:15 和太鼓 湯島天神白梅太鼓 東洋館前
11:45/14:00 獅子舞 葛西囃子中村社中 東洋館前
12:30/14:45 クラリネット・コンサート(ジュリアンズ) 平成館ラウンジ
※雨天時は場所を変更、または中止になることがあります。



染付大根鼠図大皿 伊万里/江戸時代・19世紀/平野耕輔氏寄贈

十二支の子、大黒天の使いとしての鼠、子孫繁栄の象徴である鼠など、かつて鼠には様々な顔があったのです。

現代社会の中にも、ミッキーマウスやピカチュウなどなど、しっかりと棲息箇所を確保したネズミたちがいます。


袱紗 紺繻子地鼠大根米俵模様/江戸時代・18〜19世紀/アンリー夫人寄贈

さて、期間中は館内のショップやレストラン、TNM&TOPPANミュージアムシアターでは「お年玉」を用意して待っているとのこと。カレンダー付きワークシートも毎日3000部限定配布です。

他の美術館や博物館も同じようなお正月企画を取り入れていますが、やはり新年は元祖「博物館に初もうで」である東京国立博物館に伺いたいですね。

1月2日、館内で見かけたら声かけて下さいませ〜(青い日記帳特製スタンプ持ち歩いています!)

東京国立博物館、恒例の正月企画「博物館に初もうで」は、2020年1月2日(木)〜26日(日)に開催です!


「博物館に初もうで」

開館時間:9時30分〜17時
※金曜、土曜は21時まで開館
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、12月26日(木)〜2020年1月1日(水・祝)
※1月13日(月・祝)は開館、14日(火)は休館
https://www.tnm.jp/

こちらも要チェックです!

特別公開「高御座と御帳台」
会期:2019年12月22日(日)〜2020年1月19日(日)
会場:東京国立博物館 本館特別4室・特別5室
開館時間:9:30〜17:00 (入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館)
休館日 月曜日、12月26日(木)〜令和2年1月1日(水・祝)、1月14日(火)
(ただし、12月23日(月)は「高御座と御帳台」会場のみ開館、1月13日(月・祝)は開館)
観覧料金:無料公開


【2020年お祝いビール】お正月干支デザイン缶 子歳 [ 350ml×24本 ]

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5691

JUGEMテーマ:アート・デザイン



東京国立博物館は、2020年も1月2日より開館し、恒例の正月企画である「博物館に初もうで」を開催します。

今年の干支は「子(ねずみ)」。十二支最初の干支です。毎年恒例となっている干支をテーマにした作品の特集や当館所蔵の国宝「松林図屏風」(長谷川等伯筆)をはじめとする名品の数々をご覧いただけます。

また、新春を華やかに彩るいけばなや、和太鼓、獅子舞など伝統芸能のイベントも行い、日本のお正月を一挙にお楽しみいただけます。日本の伝統文化に触れる機会として、また、ご家族やカップルでのお出かけとしても楽しめます。
展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック