青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「小林ドンゲ展」 | main | 「子どもへのまなざし」 >>

ぐろ〜かるCM大賞2019を山口県立美術館が受賞。

2019年の優れたローカルCM・地方PR動画に贈られる「ぐろ〜かるCM大賞」

2018年12月〜2019年11月の期間に同サイトにノミネートされたCMおよびPR動画181素材のなかから、ぐろ〜かるCM大賞2019を何と美術館のCMが受賞しました。


「岸田劉生展」山口会場TVCM「弁当篇(音違い)/Myway篇(音違い)」

ぐろ〜かるCM大賞2019
山口県立美術館(山口県)/「岸田劉生展」CMシリーズ

https://www.youtube.com/watch?v=AfQMMr32khU

「“日本一有名な少女”を日本一インパクトあるCMで紹介することにこだわった」という「弁当」篇。岸田劉生の描いた印象的な絵画「麗子像」を驚異的なクオリティの「キャラ弁」にすることで、見事に強烈なインパクトを生み出しています。

「不気味さ」の再現にこだわり、構想1年、試行錯誤2ヶ月を経てつくられたお弁当は迫力満点。実際に食べられる点も驚きです。同時展開した「Myway」篇は、画家・岸田劉生の生き様にフォーカス。テロップの活用とフックの効いたテンポ感ある展開で、美術展への興味が喚起されます。



<授賞理由>
本素材は、「綺麗」「荘厳」「アカデミック」といった美術展に対する“ありきたり”なイメージを覆し、幅広い層に美術展への興味を喚起させるクリエイティブが高く評価されます。

特に「弁当」篇は、斬新なアイデアとクオリティへのこだわりによって、シンプルながらも一度みたら忘れないほど強烈な印象を残すことに成功しています。加えて、岸田劉生の生き方や芸術性を伝える正統派な「Myway」篇を同時展開することで、インパクトだけに偏らず、CMシリーズ全体として美術展への興味を醸成しています。

山口県立美術館は、オリジナリティある発想で継続的に企画展CMを展開し続けており、その点も注目されます。


【CM】「明治150年記念特別展 激動の幕末 長州藩主 毛利 敬親」 SNS篇


山口県立美術館開館40周年記念「扇の国、日本」CM スマホ篇web


特別展「超絶技巧!明治工芸の粋 ─これぞ、明治のクールジャパン!!」 2015年2月21日(土)〜4月12日(日)山口県立美術館にて開催。

これまでにも山口県立美術館独自のCM色々と作っているようで、どれも秀逸です。

「岸田劉生展」は12月22日まで開催しているので、お近くの方是非是非〜


「没後90年記念 岸田劉生展」

会期:2019年11月2日(土)〜12月22日(日)
休館日:月曜日(11月4日、12月2日は開館)
開館時間:9:00〜17:00(入場は閉館の30分前まで)
会場:山口県立美術館
〒753-0089 山口県山口市亀山町3-1 TEL.083-925-7788
https://www.yma-web.jp/


カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5692

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック