青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 東京国立博物館「博物館に初もうで 子・鼠・ねずみ」 | main | 「大平由香理展 海鳴り」    >>

ダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展 Blogger先行内覧会のお知らせ。

2020年1月5日より代官山ヒルサイドフォーラムにて開催されるダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展。


http://leonardo500.jp/

東京造形大学教授の池上英洋先生が、レオナルド・ダ・ヴィンチの没後500年目を記念し監修を務める特別展です。

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画、彫刻、建築、工学系発明品等の未完作品約30点を最新の研究や技術を駆使して現代に復元し、展示する世界初の試みです。


復元されれた「スフォルツァ騎馬像
レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年の今年、東京造形大学は、「Zokei Da Vinci Project」として、レオナルド ダ・ヴィンチについて学び、科学的根拠に基づき、未完成作品や構想で終わった作品を世界で初めて再現する試みに挑戦しております。

 プロジェクトの集大成として、2020年1月5日(日)より、「夢の実現」展と題し、代官山ヒルサイドフォーラムにて、絵画・彫刻・建築模型等の展示を行います。

復元された「聖ヒエロニムス

「ダ・ヴィンチの絵画全16点を本来の姿で見てみたい」「当時の技術では実現できなかった発明品を500年後の今の技術で実現したい」という願いでスタートした東京造形大学「Zokei Da Vinci Project」。

当初、「夢の実現展」の構想を伺った時にはそれこそ夢のまた夢…実現不可能では…と思ったものですが、先日制作現場である東京造形大学へお邪魔し進捗状況を拝見したところ、夢ではなく現実であると確信しました。


大墳墓計画再現模型

池上先生をはじめ造形大学さんの粋な計らいで、このダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展を開幕前に青い日記帳の読者の皆さまを特別ご招待して下さることになりました!(拍手)

勿論、池上先生が会場を案内してくれます!!

ダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展 Blogger先行内覧会

東京造形大学presents ダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展 Blogger先行内覧会
開催日時:1月5日(日)11:00〜12:00
(展覧会初日。一般公開は12:00〜)
会場:代官山ヒルサイドフォーラム
http://hillsideterrace.com/

参加希望者は、メールにてタイトル「「夢の実現」展 Blogger先行内覧会希望」とし、「info@leonardo500.jp」へ送ってください。ハンドルネーム、主催するBlog/SNSなどの名前とURLを明記して下さい。

その他、展覧会に対する想いや、池上先生へのメッセージなどもよろしければお書き下さい。

応募定員は30名です。先着順ではありません。造形大学さんによる抽選となります。当選メールの発送をもって、当選のお知らせとさせていただきます。

応募期間は12月20日(金)までとします。


池上英洋先生

東京造形大学が教育の一環として開催する展覧会なので、通常も入場無料です。1月5日ご都合つかない方も是非会期中代官山まで!

展覧会会期中には、ヤマザキマリ氏(東京造形大学客員教授)のトークイベントのほか、茂木健一郎氏が参加するシンポジウム、アントネッロによる音楽イベントなど、レオナルドが生きた時代やルネサンス美術など、ダ・ヴィンチに関連した多数のイベントも予定されています。詳細は公式サイトでチェックです。


ダ・ヴィンチ没後500年 「夢の実現」展

会期:2020年1月5日(日)〜2020年1月26日(日)
会場:代官山ヒルサイドフォーラム(東京都渋谷区猿楽町18-8 代官山ヒルサイドテラスF棟)
主宰:学校法人桑沢学園 東京造形大学
後援:イタリア大使館、イタリア政府観光局、イタリア文化会館、公益財団法人日伊協会
総意匠数:復元絵画作品16点、復元彫刻作品1点、復元建築作品2点、復元工学系発明品12点(予定)、その他展示
公式サイト:http://leonardo500.jp/

【祝】日本語で書かれたイタリアに関する優れた著作に対して贈られる「フォスコ・マライーニ賞」を池上英洋先生が受賞されました。


レオナルド・ダ・ヴィンチ: 生涯と芸術のすべて』 (単行本)
池上英洋(著)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5693

JUGEMテーマ:アート・デザイン



ルネサンスの巨人レオナルド・ダ・ヴィンチは、今からちょうど500年前の1519年に亡くなりました。
彼は<最後の晩餐>や<モナ・リザ(ラ・ジョコンダ)>という、世界で最も知られた絵画を描いた画家ですが、67年の生涯で残した作品は驚くほど少なく、現存絵画は16点ほどしかありません。
しかもその多くは未完成や欠損しており、完全な姿で残っている完成品は4点しかありません。
そこで東京造形大学では、今年一年ですべての絵画をヴァーチャル復元する作業に挑戦しています。
未着色のものに彩色を施したり、消失部分を科学的根拠に基づいて復元するなどして、完全な状態で全16作品を展示できれば、世界初の試みとなります。また完成に至らなかったブロンズ製騎馬像や、構想していた巨大建築物、当時の技術では実現不可能だった工学系発明品なども、縮小模型や3DCGなどによって実現します。同展ではまた、彼の絵画空間のなかに入り込んだり、彼が考案した機械を動かすVRなども体験できます。それらの多くが、やはり世界で初となります。
「夢の実現」展が目指しているのは、その名の通り、まさに「レオナルドがかつて抱いた夢の一部を、500年後の今、実現させる」ことなのです。
イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック