青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 福田美術館 「若冲誕生〜葛藤の向こうがわ〜」 | main | 「坂田一男展」 >>

伊勢丹新宿店にて「SWATCH @ ISETAN」開催!

伊勢丹新宿店にて日本初上陸のウォッチパーソナライズサービス “swatch x you” のお披露目を兼ねたポップアップ「SWATCH @ ISETAN」が開催されます。


伊勢丹Swatch X You ポップアップストア

種類豊富なスイス生まれの腕時計swatch(スウォッチ)ですが、自分で好きなデザインにカスタマイズできるサービスがあるのをご存知ですか。

Swatch X You:デザインを選択して、スウォッチをクリエイティブに作ろう

スウォッチ グループジャパンのサイトで誰でも簡単にデザインできます。


しかし、甘く見てはいけません。好きなデザインにカスタマイズするとひと言でいっても決めねばならぬパーツは第一段階でもこんなにあります。

折角自分だけの時計を作ったのに誰かと丸かぶりだった…なんてことは絶対起こりません。

このスウォッチのカスタマイゼーションウォッチ“swatch x you”(スウォッチ バイ ユー)が体験できるポップアップ「SWATCH @ ISETAN」が伊勢丹新宿店で開かれます。


JUN INOUE(イノウエジュン)

ポップアップストアでは、新進気鋭の6人のアーティスト(Chocomoo, Jun Inoue, Kosuke Kawamura, Ouma, yoshi47, 透明回線)がスウォッチのために描いたエクスクルーシブなアートが登場します。

“swatch x you”(スウォッチ バイ ユー)は、正方形のアート上で自由に時計をカスタマイズしていきます。

操作は簡単、直観的にタッチパネル上で上下左右に時計を動かし、シュミレーションしながら位置を決めましょう。


河村康輔(Kosuke Kawamura)

時計の色を選んでオーダーすると、プリントからパッケージングまで約20分で完成!その場で手渡ししてもらえるそうです。

更に、文字盤の裏には15文字のメッセージを入れることができます。どんな「言葉」を入れましょうね。

正真正銘のパーソナライズされた世界で一つだけの時計の出来上がりです。


Ouma(オーマ)

「SWATCH @ ISETAN」

開催日:2019年12月25日(水)〜31日(火)
時間:10:00〜20:00 31日のみ17:00 まで
場所:伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku/event_calendar/swatch.html

クリスマスから、新年までの7日間。新宿伊勢丹でお正月の準備や帰省先の手土産を買うついでに、「SWATCH @ ISETAN」ものぞいてみましょう。

ポップアップストアでは、新進気鋭の6人のアーティスト(Chocomoo, Jun Inoue, Kosuke Kawamura, Ouma, yoshi47, 透明回線)がスウォッチのために描いたエクスクルーシブなアートが待っています。


TowmeiLine(透明回線 トウメイカイセン)

2019年を振り返り、新たな気持ちで2020年を迎えるために、1年でもっとも自分と向きあう1週間に開催される「SWATCH @ ISETAN」。

慌ただしい年の瀬だからこそ、アートにひと時でも浸る心の余裕が欲しいものです。

スウォッチからの贈り物として新宿伊勢丹でアートと向かい合いましょう。6人のアーティストによるスペシャルなアート作品で作るカスタムウォッチ。さてさてどのアーティストにしましょうか。


yoshi47(ヨシフォーティーセブン)

尚、12月25日(水)、26日(木)には、yoshi47、Chocomoo、透明回線、Jun Inoue によるライブペイントも開催されます。

【ライブペイント スケジュール】
12月25日(水)
11:00-13:00 yoshi47
15:00-17:00 Chocomoo(~17:30 まで購入者へサイン会)

12 月 26 日(木)
14:00-16:00 透明回線
18:00-19:00 Jun Inoue



Chocomoo
instagram @yukachocomoo

「SWATCH @ ISETAN」

開催日:2019年12月25日(水)〜31日(火)
時間:10:00〜20:00 31日のみ17:00 まで
場所:伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku/event_calendar/swatch.html
スウォッチ(swatch)
公式オンラインストア: http://shop.swatch.com/ja_jp/



Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5705

JUGEMテーマ:アート・デザイン



【アーティスト プロフィール】

Chocomoo
京都出身イラストレーター。POPで独創的な作品全てモノトーンで描くのが特徴。日本をはじめ海外のアパレルブランドや企業とのコラボレーションや、様々なアーティストへのART提供をしている。また国内外でのART Showにも参加する等、幅広いシーンで活動中。instagram @yukachocomoo

JUN INOUE(イノウエジュン)
日本特有の繊細な精神性をアブストラクトな線で描き、独特な「間」を作品の中に生み出し、モダンなセンスと伝統的なスピリッツが混ざり合うように、絶妙な感覚が見る者の意識を刺激する。スタイルが常に変化していく自身の表現は、平面から立ち上がり、ファッションやディスプレイデザイン等、様々な分野との融合が見受けられる。
2010年 米・オレゴン州ポートランドにあるナイキ本社への壁画制作、2012年にはブランド「MIHARAYASUHIRO(ミハラヤスヒロ)」のパリコレクションの舞台にて、JUN INOUEコラボ新作の発表とライブペインティング、南フランス最大の音楽祭「Worldwide Festival」でもライブペイントを行うなど、ファッションや音楽ともリンクし多技に渡り作品を発表。国内を始め、海外ではメルボルン、パリなどでも数々の個展を開催している。

KOSUKE KAWAMURA(カワムラコウスケ)
河村康輔(Kosuke Kawamura) コラージュアーティスト、グラフィックデザイナー、アートディレクター。 グラフィックデザイナーとして 多数のアパレルブランドにグラフィックを提供、コラボレーションTシャツを制作している。他にもライブ、イベント等のフライヤー、DVD・CD のジャケット、書籍の装丁、広告等のデザイン、ディレクションを手掛ける。コラージュアーティストとして、様々なアーティストとのコラボレーションや国内海外での個展、グループ展に多数参加。代表的な仕事に、2012年「大友克洋GENGA展」メインビジュアル、グッズデザインを担当、2017年、大友克洋氏と共作で「INSIDE BABEL」(ブリューゲル「バベルの塔」展)を制作。オランダ・ロッテルダムのボイマンス美術館に収蔵。

Ouma(オーマ)
東京都出身、元獣医師。ある担当患者の死がきっかけで、亡くなった子の絵を描いて家族に送るようになり、その数は100以上に。2011年2月に獣医師を辞めた直後に震災に遭い、器具や薬品を使わずに獣医師の仕事の本質である「ヒトの心の癒し」が全うできる方法はないかと考え始める。2013年に美術批評家、海上雅臣氏が主宰するUNAC TOKYOで行ったギャラリー内を画で覆う個展をきっかけにアート活動を本格化。体験と創造を鑑賞者と協働する創作者の不鮮明な作品を通じ、科学的知識も踏まえた新しい生命の定義を模索してきた。アートプロジェクト「SORA」主宰。

TowmeiLine(透明回線 トウメイカイセン)
関西を中心に活動するクリエイターチーム。2012年5月 大阪芸術大学で結成うきち(ペイント・デザイン)、SHUN(ペイント・イラスト)、としお(映像・音響)の3名で構成。主にライブペイントとプロジェクションマッピングを組み合わせたライブパフォーマンス作品を制作。近年ではMV制作やアニメーション制作など映像作品や、企業へのグラフィックイラストの提供など、ライブパフォーマンスの枠を超え精力的に制作活動を行っている。

yoshi47(ヨシフォーティーセブン)
16歳の時にBREAKINGを始め、そしてGRAFFITIを始める。20歳の時にアメリカ、カリフォルニアに渡り、ストリートアートというものに出会う。アメリカの色々な州にてライブペイント、個展、アートイベントなどにて活躍し、その後サンフランシスコにてバイクメッセンジャーとなり、そのコミュニティーの中にて生きるための本当の意味を見いだし、その後に日本に帰国、東京にてメッセンジャーとなる。現在はメッセンジャーをやめ、サーフィンとともに絵を描く毎日をすごしつつ、日本、アメリカ、フランス、中国、オーストラリア、カナダ、メキシコ、スウェーデン、台湾などにてグループ展や、個展、壁画をメインに活動し、そして東京を代表するストリートアート集団81BASTARDSの一員として既存のアートスタイルを壊し前進的なアート活動や様々な企業とコラボレーションなどをしている。






展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック