青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 「見えてくる光景 コレクションの現在地」 | main | 映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」の試写会にご招待します。 >>

1000体のお雛さまが「百段階段」に集結!

日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京にて、毎年恒例となった「百段雛まつり」が始まりました。


https://www.hotelgajoen-tokyo.com/

今年は開催11回目で初の地域となる鳥取・島根・山口の3県より、神話や幕末の偉人など、歴史が息づく町々のお雛さまたちが「百段階段」に集いました。「百段雛まつり2020 出雲・因幡・萩ひな紀行」

約700体の雛人形で情景を表現する圧巻の「座敷雛」展示に加え、令和第一回の開催を記念し、江戸・明治・大正・昭和・平成・令和の各時代を象徴する「時代雛」も展示。



座敷雛

都内最大級の雛人形展だけあり、毎年圧倒されてしまいます。始まった当初はかなりおとなしい感じの展覧会でしたが、次第にヒートアップ!悪くありません。

さらに現代のインテリアにマッチする桃の節句のテーブルコーディネートをご提案する「雛のしつらい」を同時開催。


雛のしつらい

普段は現地でしか出会うことのできない総数1000体にもおよぶ珠玉のお雛さまと展示会場である絢爛豪華な文化財とのコラボレーションが今回実現しています。


有職雛/鳥取・米子市立山陰歴史館

【「百段階段」各部屋の展示】
十畝の間(じっぽ):
時を旅するお雛さま、島根のお雛さま(島根・出雲 / 島根・松江)

漁樵の間(ぎょしょう):
百段雛まつりメモリアル「飯塚 座敷雛」(福岡・飯塚)


草丘の間(そうきゅう):
「雛のしつらい」テーブルコーディネート / ひな茶房(期間限定)

静水の間(せいすい):
米子市立山陰歴史館 素(そ)鳳(ほう)コレクション(鳥取・米子)


星光の間(せいこう):
幕末ゆかりの地 城下町・萩の雛まつり(山口・萩)

清方の間(きよかた):
石谷家 林業王伝来の雛(鳥取・智頭)


頂上の間(ちょうじょう):
郷土玩具の世界 (鳥取・北栄、境港/特別協力 イラストレーター 佐々木一澄)

嬉しいことに、今回から、約700体の座敷雛をはじめ、江戸・明治・大正・昭和・平成・令和の各時代を象徴する時代雛など、すべての部屋を撮影可能になりました。

お雛様と百段階段の取り合わせの妙、目で楽しんだ後はカメラ、スマホでパチリ。


時を旅するお雛さま(昭和戦前の京雛) /十畝の間

「百段雛まつり2020 出雲・因幡・萩ひな紀行」始まったばかりです。混雑しないうちにお早めに〜

「百段雛まつり2020 出雲・因幡・萩ひな紀行 同時開催 〜雛のしつらい〜」

開催期間:2020年1月24日(金)〜3月15日(日) ※会期中無休
開催時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)
※撮影可能 (三脚・フラッシュの使用及び、商業目的の撮影はご遠慮ください。一部撮影不可)
※展示品保護のため会場内の暖房を控えております
会場:ホテル雅叙園東京
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/hinamatsuri2019
後援:外務省、観光庁、鳥取県、島根県、山口県、目黒区、一般社団法人めぐろ観光まちづくり協会
主催:「百段雛まつり展」実行委員会(ホテル雅叙園東京、萩市、一般財団法人因幡街道ふるさと振興財団、一般財団法人米子市文化財団、北栄町、人形の東玉(とうぎょく)
企画協力:一般社団法人九州観光推進機構、九州のひなまつり広域振興協議会
協力:二木屋、五色株式会社(原孝洲)
協賛:岩塚製菓株式会社


『ひなにんぎょうができるまで』


東京都指定有形文化財 「百段階段」


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5748

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする