青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 1000体のお雛さまが「百段階段」に集結! | main | そごう美術館「ロベール・ドアノー展」 >>

映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」の試写会にご招待します。

2020年2月28日公開の、映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」の特別試写会に青い日記帳をご覧の皆さまを抽選でご招待致します。


https://lastdeal-movie.com/

<STORY>
年老いた美術商のオラヴィは、なによりも仕事を優先してきた。家族も例外ではなかったが、長年音信不通だった娘に頼まれ問題児の孫息子・オット―を職業体験のため数日預かることに。

その矢先、オークションハウスである一枚の肖像画に目を奪われる。ひと目で価値ある作品だと確信したが、絵には署名がなく、作者不明のまま数日後のオークションに出品されるという。



「あと一度だけでいい、幻の名画にかかわりたい」―オットーとともに作者を探し始めたオラヴィは、その画風から、近代ロシア美術の巨匠イリヤ・レーピンの作品といえる証拠を掴む。

画家の命である署名がないことだけが気がかりだったが、オークションへ向け資金繰りに奔走するオラヴィ。そんな折、娘親子が自分の知らないところで大きな苦労をしていたことを知るが…。生涯を美術品に捧げた男がたどり着いた、真に値打ちある人生とは―


「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」予告編 2/28(金)公開

先日、事前にこの映画観て来ました。絵画関係の映画だとどうしてもドキュメンタリー映画が多いのですが、「ラスト・ディール」はしっかりと「人間」が描かれている物語性の高い作品でとても惹きつけられました。

人間ドラマが核を占めるので、アートに関心の薄い方にも観やすくなっている作品です。

この映画をきっかけに絵画やオーククション、そして画家レーピンに興味持たれる方も多いはずです。



絵画の本質を見抜くにはどれだけ多くの作品と真摯に向かい合ったか否かをこの映画は静かに教えてくれます。

そして美術ファンであれば、老画商が目を付けた一枚の肖像画が果たして本物かどうか分かるはずです。

さて、映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」試写会に青い日記帳をご覧の皆さまを抽選でご招待致します。



【試写会スケジュール】

日時:2020年2月20日(木)
開場・18:00 開映・18:30
場所:渋谷 ユーロライブ
(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)


応募方法は以下の通りです。

住所、氏名、年齢、お持ちであればブログ名、note(URL)、Twitter、Instagramアカウントを明記の上、下記のアドレスまでメールでお申込み下さい。メールタイトルは「青い日記帳試写会」として下さい。

info@lastdeal-movie.com

応募締め切りは、2月11日まで。12日以降当選者の方に試写状を発送、1週間前には当選者さまのお手元に届く予定です。どうぞ奮ってご応募下さい。



映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」
https://lastdeal-movie.com/

アテネウム美術館(フィンランドのヘルシンキにあるフィンランド国立美術館)、現地ギャラリー全面協力の元制作された映画です。

【キャスト】
ヘイッキ・ノウシアイネン、ピルヨ・ロンカ、アモス・ブロテルス、ステファン・サウク
【スタッフ】
監督:クラウス・ハロ『こころに剣士を』『ヤコブへの手紙』  
脚本:アナ・ヘイナマー


2018年製作/95分/フィンランド
原題:Tumma Kristus
配給:アルバトロス・フィルム、クロックワークス

映画「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」は、2020年2月28日からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで公開です。
https://lastdeal-movie.com/

(C)Mamocita 2018


『レーピンとロシア近代絵画の煌めき』


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5749

JUGEMテーマ:アート・デザイン



映画・観劇 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする