青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< トークイベント「The Art Club by ArtScouter 〜 アートとビジネスの原点回帰」 | main | 「磁州窯と宋のやきもの展」 >>

『Casa BRUTUS』特集 「バンクシーとは誰か?」

株式会社マガジンハウス発行のライフスタイルマガジン『Casa BRUTUS(カーサ ブルータス)』3月号(2月7日発売)は、バンクシーについて一冊丸ごと特集号。


Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2020年 3月号 [バンクシーとは誰か?]

今や、小池都知事もその名前を知るアーティスト・バンクシー(Banksy, 生年月日未公表)。かなり以前から活動しているものの、正体は未だ謎のまま。

そんなバンクシーの実像と作品に迫る気合の入った一冊が発売になります。さまざまな証言や貴重な画像によりバンクシーのことが明らかに(はなりませんよね…)



古くからのアートファンなら誰しもが知っていたバンクシーの名を、一気に大衆化したのが例のシュレッダー事件。

2018年10月、バンクシーの代表作《風船と少女》がオークションで落札された瞬間にシュレッダーで断裁される事件が発生。ネットやテレビのニュースでも大きく取り上げられました。

2019年1月、小池百合子都知事がバンクシーらしき作品を「カワイイねずみ」とツイートし、都庁で公開するといった珍事も。

これらによりバンクシーという名前が日本中に知れ渡ることとなりました。



2020年は横浜、東京、大阪と3箇所で展覧会が開催されることも決定しています。

Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2020年 3月号 [バンクシーとは誰か?]
【特集内容】

・バンクシー事件簿。
サザビーズ・オークション、シュレッダー事件の真相とは?
小池百合子さん、なぜ「カワイイねずみ」を保護したのですか?
低価格の公式ショップが突如開店の謎!?
バンクシー作品の落札最高価格は!?
・清永浩文さん、なぜ、バンクシー作品を集めるのですか。
バンクシーとは誰か。
語録集/ペストコントロールって何?/年表/美術史における立ち位置/証言集
・バンクシーがパレスチナに建てた、"世界一眺めの悪いホテル"へ。
・バンクシー作品を探せ!
ブリストル/ロンドン/東京/大阪/ベツレヘム
・バンクシーの作風を知っていますか。
グラフィティ、展覧会、作品集まで、主要作品を徹底解説




ストリートアートの特性上、描かれると同時に消されたり、落書きされたり、あるいは競売のために撤去されたりしてしまう運命を辿ることが多いバンクシー作品。

今回の特集では数多くの名作を美しい写真とともに解説するそうです。(バンクシー主要作品を約100点にわたり図解。)

ブリストル、ロンドン、パレスチナ、そして、東京。現在進行形の謎に包まれた覆面アーティストの痕跡を追いかけ取材したことにより、見えて来たものとは一体?!



マガジンハウスの本領を発揮した待望のバンクシーの特集です。正直自分もバンクシーについて昔から追いかけていますが、何一つ分かった気になれないでいます。

2月7日(金)発売。税込みで1000円以下で買えるなんて嬉しいじゃないですか〜


Casa BRUTUS(カーサ ブルータス) 2020年 3月号 [バンクシーとは誰か?]

Casa BRUTUS 2020年3月号(2020年2月7日発売号) (C)マガジンハウス

【展覧会情報】

「BANKSY展」(仮称)
@banksy_tokyo
会期:2020年8月29日(土)〜12月6日(日)
会場:寺田倉庫 G1ビル(東京・天王洲/東京都品川区東品川2-6-4)
主催:日本テレビ放送網 ほか
公式サイト:https://ilovebanksy.com/

あの “シュレッダー事件” で有名な「風船と少女」を制作した覆面アーティスト “BANKSY(バンクシー)” 。謎に包まれた作家としてのこれまでの軌跡を、バンクシー自身がプライベートコレクターに譲った珠玉のステンシルアート作品や体感型コンテンツで辿る “TOKYO初” の『BANKSY展(仮称)』が、2020年8月29日(土)〜12月6日(日)まで、寺田倉庫 G1ビル(東京都品川区東品川 2-6-4)で、以降大阪巡回も開催決定!

「BANKSY GENIUS OR VANDAL?」(英名)
「バンクシー展 天才か反逆者か」(和名)
期間:2020年3月15日(日)〜9月27日(日) 10:00〜20:30(最終入場20:00)※会期中無休
会場:アソビル(神奈川県横浜市西区高島2‐14‐9 アソビル2F)
主催:BANKSY~GENIUS OR VANDAL?~製作委員会
企画製作:IQ ART MANAGEMENT CORP
後援:tvk(テレビ神奈川)、ニッポン放送、J-WAVE、FMヨコハマ
オフィシャルサイト:https://banksyexhibition.jp


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5755

JUGEMテーマ:アート・デザイン



読書 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする