青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「日本工芸の名宝 色絵月梅図茶壺・八橋蒔絵螺鈿硯箱」 | main | 「VOCA展2020 現代美術の展望−新しい平面の作家たち−」 >>

獨協大学オープンカレッジ特別講座「世界を驚かせた北斎と『北斎漫画』」

獨協大学にて、2020年3月7日にオープンカレッジ特別講座「世界を驚かせた北斎と『北斎漫画』」が開催されます。



言わずと知れた江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎(1760〜1849)。自ら''画狂人''と称するほど終生描くことに情熱を燃やし、九十年に及ぶ人生を画業一筋に歩み、今や国内のみならず海外でも圧倒的存在感を放っています。


『冨嶽三十六景』「神奈川沖浪裏」

生涯を通して3万点以上の作品を描き残したといわれる葛飾北斎の知られざる生涯を、柳楽優弥 & 田中泯 W主演で映画化されることも決定し益々注目されることが期待されます。

映画『HOKUSAI』公式サイト 2020年5月29日(金)全国公開!


世界一有名な日本人の知られざるエピソードとは?映画『HOKUSAI』(2020年初夏公開)特別映像

このような北斎の尽きることのない探求心が盛り込まれているのが『北斎漫画』全十五編をご存知でしょうか。不朽の名作『冨嶽三十六景』と並んで彼の代表作とされています。

『北斎漫画』でいう漫画とは、折りにふれ、筆のおもむくままに描いた絵といった意味であり、森羅万象あらゆるものを題材に描き、まさに眼で見る江戸百科ともいうべきもの。

日本国内だけでなく19世紀中頃からヨーロッパにも伝えられ、ジャポニスムの流行をひきおこす原動力となり、マネやモネ、ドガをはじめとする印象派の画家にも多大な影響を与えたのが『北斎漫画』です。



今回の講義では浦上満氏(浦上蒼穹堂代表)が、北斎の全体像と『北斎漫画』の魅力を徹底的に解剖するまたとない機会です。


オープンカレッジ特別講座
「世界を驚かせた北斎と『北斎漫画』」


【講師】浦上満 (浦上蒼穹堂代表・獨協大学外国語学部卒)
【日時】3月7日(土) 14:00〜16:00 (13:00開場)
【場所】獨協大学天野貞祐記念館大講堂(埼玉県草加市)
【交通】東京メトロ日比谷線・半蔵門線直通東武スカイツリーライン「獨協大学前〈草加松原〉」西口より徒歩5分
※車でのご来校はご遠慮ください
【受講】無料。誰でも受講可。(定員500人・先着順・事前申込不要)
【共催】草加市


浦上蒼穹堂特設サイト「浮世絵師・葛飾北斎」

「北斎漫画」をはじめとし、読本挿絵、春画を通して葛飾北斎の世界を紐ときます。また、ここでしか楽しめない北斎漫画を使った4コマ漫画作成コンテンツや北斎漫画オリジナルブログパーツもダウンロードしてお楽しみいただけます。



≪講師プロフィール≫
浦上 満 (うらがみ みつる / 浦上蒼穹堂代表)
 1951年東京生まれ。獨協大学外国語学部卒業。学生時代に『北斎漫画』の魅力に取りつかれ、現在まで50年かけて1500冊以上を蒐集。質・量ともに世界一のコレクターとして知られる。東京・日本橋で東洋古陶磁を扱う「浦上蒼穹堂」を経営。東京美術倶楽部常務取締役、国際浮世絵学会常任理事、東洋陶磁学会監事。著書に『古美術商にまなぶ 中国・朝鮮古陶磁の見かた、選びかた』(淡交社)、『北斎漫画入門』(文藝春秋)など。


葛飾北斎を知る・体験する入門書『HOKUSAI NOTE』
安村敏信(著)


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5760

JUGEMテーマ:アート・デザイン



講演会 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする