青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『懐かしいお菓子』 | main | 開館10周年記念日トークイベント「プレイバック三菱一号館美術館」 >>

「平尾成志 盆栽展 ZEN」開催!

盆栽についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。まさか真っ先に思い浮かべるのが「磯野波平」なんてことはないですよね。

いずれにしても、おじいちゃんの趣味としての印象がまだまだ盆栽には根強くあるのは事実です。では、この動画をご覧ください。



若い人たちが目の色を変えて盆栽を食い入るように観ています。しかも世界各地で「BONSAI」!と喝さいを浴びながら。どこにも浪平さんの姿はありません。

今では多くの国の辞書に「BONSAI」と載るほど、海外でも大きな人 気と認知となった盆栽。その牽引役のひとりが、↑の動画に登場している盆栽師・平尾成志氏です。

「盆栽を若者にも」革新的作風とパフォーマンスで魅了


盆栽師 平尾 成志(成勝園園主)
https://jp.bonsaihirao.net/

京都産業大学在学中に訪れた東福寺は重森三玲作・方丈庭園(現本坊庭園)に感銘を受け、日本文化の継承を志し、さいたま市盆栽町にある加藤蔓青園の門を叩き弟子入りする。師事していた、故加藤三郎の言葉「盆栽を国内外問わずいろんな人に伝えられる人間になってくれ」を胸に、修業に励み海外へと活動の幅を広げる。様々な国で盆栽のデモンストレーション・ワークショップ、さらにパフォーマンスを行い、日本 固有の文化である盆栽の美意識とその楽しみ方を教えるとともに、盆栽で新しい表現を試みる。

2015年 :ミラノ万博盆栽パフォーマンス
2016・2019年 :瀬戸内国際芸術祭出展
2016年 :ブータン王室盆栽寄贈
2017年 :日本橋高島屋 迎春装飾担当
2017-2019年 :FUJI ROCK FESTIVAL YouTubeラウンジ 盆栽装飾
2019年 :Suits of the year 2019 アート&カルチャー部門 受賞


盆栽師 平尾成志 【瀬戸内国際芸術祭 2016 夏】- feel feel BONSAI

今や日本だけでなく、世界各国へ引っ張りだこの平尾氏の展覧会が、今年のGWに大宮ソニックにて開催されます。その名は「平尾成志 盆栽展 ZEN」!

盆栽に少しお詳しい人なら「大宮」という土地で開催される意義もお分かりになるはずです。

さて、どんな盆栽が観られるのでしょうか。平尾氏が手掛けた盆栽を幾つかご紹介しておきますね。







これまでの盆栽に対するイメージががらりと変わります。かと言って、何でもありではなく盆栽の長い歴史を踏まえた上で新たな試みにチャレンジしています。

平尾成志 盆栽展 ZEN」では、代名詞であるライブパフォーマンスは勿論、「ZEN」をテーマに、平尾成志の手掛ける盆栽作品の他、書道や音楽、デジタルアートとのコラボレーション作品が展示されます。

先日、日本初の人形専門の公立博物館「さいたま市岩槻人形博物館」に取材に行った帰りに、さいたま市大宮盆栽美術館にも立ち寄り、アートとしての盆栽を再認識したばかりなので、平尾氏の展覧会は今からとても楽しみにしています。

平尾氏の盆栽、観てみたいですよね!


「平尾成志 盆栽展 ZEN」

会期:2020年4月24日(金)〜5月6日(水)
開場時間:9:30〜20:00(最終入場は19:30まで)
休館日なし
会場:大宮ソニックシティ第一展示場
〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目7-5
https://www.sonic-city.or.jp/
主催:「平尾成志 盆栽展 ZEN」大宮公演 実行委員会
企画制作:エイベックス・クラシック・インターナショナル/サンライズプロモーション東京/Pizza Works/エニー・チケットボード
企画協力:NAIKIDESIGN INC./SHARE BASE
制作協力:さいたま市大宮盆栽美術館/荒川技研工業株式会社 まどか株式会社
後援:さいたま市/公益社団法人さいまた観光国際協会
展覧会公式サイト:https://hiraobonsai-zen.com/

尚、情報は随時SNSで更新していくそうです。
Twitter
https://twitter.com/HiraoBonsai_zen
Instagram
https://www.instagram.com/hiraobonsai_zen/

©平尾成志 盆栽展 ZEN 製作委員会


『創る・育てる・楽しむ 盆栽入門』 (COSMIC MOOK)
平尾成志 (監修), 梶原祥造(スタルカ) (写真)

柔道がJUDOと世界共通語となったように、盆栽も今や BONSAI という世界共通語となり、世界中で親しまれています。そして世界中の盆栽愛好者が、今最も注目する、まさに“BONSAI"の伝道師ともいうべき若き盆栽師が、平尾成志です。その平尾成志が、初めて監修する盆栽の入門書がこれです。予備知識はまったくいりません。平尾成志が心血を注ぎ、懇切丁寧に指導するこの本さえあれば、すぐに楽しく“BONSAI"が始められます。
協力:さいたま市大宮盆栽美術館


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5768

JUGEMテーマ:アート・デザイン



盆栽がアートとして進化した。
本展は、日本の伝統的な「盆栽」の意思は継承し つつも、ライブパフォーマンスなどかつてない方法で盆栽の魅力を伝え、続けている盆栽師・平尾 成志の新たな試みです。代名詞のライブパフォーマンスは勿論、今回は「ZEN」をテーマに、平尾成志の手掛ける盆栽作品の他、書道や音楽、デジタルアートとのコラボレ ーション作品を展示いたします。本展を通して私たちがまだ知らない盆栽の世界を体感してください。
展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする