青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 東京国立博物館「博物館でお花見を」 | main | 「扇の草紙」翻訳コンテンツ『Found in Translation』 完成記念イベント >>

新型コロナウィルスの影響により「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」開催延期

2020年3月20日(金)〜21日(土)にパークホテル東京(汐留)にて開催予定だった「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」が、新型コロナウィルスの影響により、 9月26日(土)〜27日(日)へ延期となりました。


https://www.aipht.artosaka.jp/

現代美術のアートフェア「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」(略称:AiPHT / アイファット)。

総勢42ギャラリー(東京:16軒、東京以外:22軒、台湾:2軒、韓国:2軒)が出展し、ホテル客室をギャラリーに仕立て、イチ押しの作品を展示・販売する注目のアートイベントです。


双ギャラリー, ART in PARK HOTEL TOKYO 2019 展示の様子 photo by Yusuke Tsuchida

前回同様、「アートフェア東京」、「3331アートフェア」と同時期に開催し、春の東京をアートで彩る予定でしたが、ここ数日の状況の深刻化や感染の拡大の不透明さを考慮し、感染拡大防止の観点から延期となりました。

生活空間に近いホテル客室を舞台にした「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」は、自宅でのアートコレクションをイメージし易い点が一番の特徴で他では見られない良さがあります。


TEZUKAYAMA GALLERY, ART in PARK HOTEL TOKYO 2019 展示の様子
photo by Yusuke Tsuchida

ただ、連日罹患者も増え、イベント自粛や卒業式や入社式などの規模縮小などが次々と発表される今の状況で、ホテル空間に不特定多数の来場者を迎えてのアートフェアはやはり、開催が厳しいものがあります。

海外からの出店や買い手の方も、来日すること自体二の足を踏むような事態にまで深刻化しています。何かあってからではホテル自体のイメージ低下にも直結しますので、延期は正しい判断だったと思えます。


パークホテル東京 31階アーティストルーム「芸者金魚」

期間中予定していたトークイベントなども白紙の状態となっています。大西若人氏(朝日新聞編集委員)による「現代アートシーンの状況とゆくえ」聴きたかったな〜

春からオリンピック後の9月26日(土)〜27日(日)に会期をずらしての開催となる「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」。

アートフェア東京2020、ART in PARK HOTEL TOKYO 2020、3331 ART FAIR 2020の3つのフェアに入場できる「東京アートパスポート」は、9月末までチケットを捨てずに保管しておきましょう。


「ART in PARK HOTEL TOKYO 2020」

開催日時:2020年3月20日(金)〜21日(土)
9月26日(土)〜27日(日)
会場:パークホテル東京 26階、27階(2フロア貸切)
東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー (フロント25階)
https://parkhoteltokyo.com
出展ギャラリー:42ギャラリー
共催:一般社団法人日本現代美術振興協会、パークホテル東京
協賛:スリーエム ジャパン株式会社、アサヒビール株式会社、イリカフェ社、株式会社WASARA
後援:ワンピース倶楽部、パトロンプロジェクト、アートのある暮らし協会
メディアパートナー:イープラス、Art Scenes(アートシーンズ)
パートナーイベント:アートフェア東京2020、3331 ART FAIR 2020

公式ウェブサイト:www.aipht.artosaka.jp


ロイヤルパークホテルからの眺め

ART in PARK HOTEL TOKYO 2020 出展ギャラリー
(*印はAiPHT初出展ギャラリー)
[東京]* POETIC SCAPE、MEM、MARUEIDO JAPAN、ロイドワークスギャラリー、hpgrp GALLERY、*パークホテル東京×不忍画廊、橘画廊、双ギャラリー、gallery21yo-j、みうらじろうギャラリー 、西村画廊、*TOMOHIKO YOSHINO GALLERY、AF-LABO、YUKI-SIS、ギャルリー東京ユマニテ、画廊香月
[栃木]M画廊
[愛知]ジルダールギャラリー、GALLERY IDF、AIN SOPH DISPATCH、LAD GALLERY、GALLERY APA
[京都]COHJU contemporary art、*ギャラリー・パルク [グランマーブル]、FINCH ARTS、MORI YU GALLERY
[大阪]ノートギャラリー、ギャラリーほそかわ、*the three konohana、Yoshiaki Inoue Gallery、TEZUKAYAMA GALLERY、ギャラリーノマル、Kaze Art Planning、サイギャラリー、アートコートギャラリー、DMOARTS、ギャラリーヤマグチ クンストバウ、Nii Fine Arts
[台湾]Der-Horng Art Gallery、AKI Gallery
[韓国]Gallery Shilla、Gallery Chosun


教養としてのアート 投資としてのアート


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5775

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(1) | -

この記事に対するコメント

お世話になります。まさに我が家でも新型コロナウィルスへの感染が心配で、先々週あたりから都内の美術展には行がなくなってしまいました。
青い日記帳さんは、この時期に美術展に行くことについて、どのようにお考えでしょうか?
ミミちゃん | 2020/02/24 9:23 PM
コメントする