青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「若冲誕生 〜葛藤の向こうがわ〜」 | main | 「琳派展 ― ひきつがれる装飾と簡素の美 ―」 >>

監修者が語る「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」の見どころ解説動画が凄い!

本来であれば観測史上最も早く咲いた桜と共に国立西洋美術館で「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」を鑑賞しているはずだったのですが、新型コロナウイルス感染症予防対策による全館臨時休館…


https://artexhibition.jp/london2020/

2020年3月3日から始まる予定が、現時点で開幕の予定も定かではありません。61作品、すべて初来日。歴史的な展覧会を心待ちにしていただけに残念でなりません。

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」だけでなく、ほとんどの展覧会が開催自粛を余儀なくされており、ニコニコ動画などで無料配信を行ったり、太田記念美術館のようにTwitterでいつも以上に積極的にツイートしたりと各館涙ぐましい努力をされています。


ロンドン・ナショナル・ギャラリー外観

国立西洋美術館ではもうすっかり展示も終了しておりあとは観てもらうだけという状態です。なのに開けないというジレンマ。

そこで、思い切ったことを主催者がYoutubeでやってくれています。

日本側の監修者である川瀬佑介氏(国立西洋美術館研究員)が会場の実際の作品の前で見どころ解説を行う動画を無料公開しているのです。

しかも、イントロから各セクションごとに「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」必見の作品を監修者の川瀬研究員が語ってくれています。


【ロンドン・ナショナル・ギャラリー展】#0 コンセプト紹介 | 監修者が語る!ロンドン展の見どころ&おススメ作品

それでは、第1章から第7章までたっぷりと動画で解説を聴きましょう。ギャラリートークやスライドレクチャーも無しになってしまったので、川瀬氏のお話が聴ける唯一の機会です。

展覧会の構成は以下の通りです。

1:イタリア・ルネサンス絵画の収集
2:オランダ絵画の黄金時代
3:ヴァン・ダイクとイギリス肖像画
4:グランド・ツアー
5:スペイン絵画の発見
6:風景画とピクチャレスク
7:イギリスにおけるフランス近代美術受容


以下、各章ごとに5分ほどで作品解説や美術史はたまた展示方法などについて丁寧に語られています。これを無料で観られるなんて!


【ロンドン・ナショナル・ギャラリー展】#1 ルネサンスの超絶技巧! クリヴェッリ≪聖エミディウスを伴う受胎告知≫ | 監修者が語る!ロンドン展の見どころ&おススメ作品



【ロンドン・ナショナル・ギャラリー展】#2 巨匠のドヤ顔!! レンブラント≪32歳の自画像≫ | 監修者が語る!ロンドン展の見どころ&おススメ作品


【ロンドン・ナショナル・ギャラリー展】#3 親しみある肖像画 ライト・オブ・ダービー≪トマス・コルトマン夫妻≫ | 監修者が語る!ロンドン展の見どころ&おススメ作品


【ロンドン・ナショナル・ギャラリー展】 #4 旅行先で描いてみた カナレット≪イートン・カレッジ≫ | 監修者が語る!ロンドン展の見どころ&おススメ作品


【ロンドン・ナショナル・ギャラリー展】#5 ムリーリョ≪幼い洗礼者聖ヨハネと子羊≫ | 監修者が語る!ロンドン展の見どころ&おススメ作品


【ロンドン・ナショナル・ギャラリー展】#6 描き込みに注目! ゲインズバラ≪水飲み場≫  | 監修者が語る!ロンドン展の見どころ&おススメ作品


【ロンドン・ナショナル・ギャラリー展】#7 緊張気味?初々しい少女の姿 ルノワール≪劇場にて(初めてのお出かけ)≫ | 監修者が語る!ロンドン展の見どころ&おススメ作品

川瀬氏の解説はとても分かりやすく情報量が多いことで定評があります。お話もとても上手いのでいつまででも聞いていられます。

本来ならイベントなどでこうしたお話をしてもらうはずだったのでしょうが、事情が事情ということで、無料動画公開に踏み切られたのでしょう。英断だと思います。


『マンガで教養 はじめての西洋絵画』 (マンガで教養シリーズ)
川瀬 佑介 (監修), にしうら染 (イラスト)

こちらは昨年出た川瀬氏がテキストを担当された西洋絵画読本です。

本の詳しい紹介はこちらの記事で書きましたので参考にして下さい。

また、展覧会に合わせてガイドブックも多く出ています。


『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 完全ガイドブック』 (AERAムック)

公式ガイドブックも早々に手に入れレビューを書いています

一日も早い開館を望みつつ、今我々が出来ることをしっかりと行っていきましょう。


ロンドン・ナショナル・ギャラリー内観


「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」
会期:2020年3月3日(火)〜2020年6月14日(日)
※開幕延期。
開館時間:9:30〜17:30
毎週金・土曜日:9:30〜20:00 
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし、3月30日(月)、5月4日(月・祝)は開館)
主催:国立西洋美術館、ロンドン・ナショナル・ギャラリー、読売新聞社、日本テレビ放送網
特別協賛:キヤノン、大和証券グループ
協賛:花王、損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、トヨタ自動車、三井物産
協力:大塚国際美術館、日本航空、ブリティッシュ・カウンシル、西洋美術振興財団


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5805

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする