青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スマホアプリ型音声ツアー「東京国立博物館〜東洋館見聞録〜」 | main | 遠藤湖舟写真展「〈始まり〉へのアンソロジー」 >>

Masaya Kushino×伊藤若冲

福田美術館で開催される「若冲誕生 〜葛藤の向こうがわ〜」展のパノラマギャラリー展示「Masaya Kushino×伊藤若冲」は必見です。

若冲とレディー・ガガとの意外な共通点とは?!


https://fukuda-art-museum.jp/

この奇抜な靴を作ったのは、ニューヨーク・ロンドン・パリなどでシューズデザイナーとして活動する串野真也氏(くしの まさや、1985年-)です。

若冲からインスピレーションを受けて制作した、新作を含む11点(11足)が、まとめて展示されています。




「Masaya Kushino×伊藤若冲」展示風景

制作者の串野氏はあのレディー・ガガの履いた「Stairway to Heaven」をデザインした人として国内外で広く知られています。

まだ35歳という若さでのこの活躍ぶり、今後も彼の作り出す靴から目が離せません。


串野真也(くしの まさや) プロフィール

広島県尾道市因島出身。京都芸術デザイン専門学校を卒業後、イタリアに留学。“Istituto MARANGONI”ミラノ校、
ファッションデザインマスターコースにてディプロマを取得。帰国後、自然からインスピレーションを受け、ファイナルデザインをテーマにした靴の作品を最先端技術や伝統技術などを駆使して製作し、世界に向けて発表しています。
若冲の絵画には若い時より魅了され、鳥などの動物から発想を得た靴のシリーズを制作。そのなかでも、「Stairway to Heaven」はアメリカのトップシンガーであるレディー・ガガが実際に履いた靴で、国内外を問わず高く評価されました。
また、若冲筆の「雪梅雄鶏図」をテーマにした「Bird Witched」はイギリスのビクトリア&アルバートミュージアムの収蔵品となっており、様々な美術館で展示されています。



「Bird Witched」

京都・両足院蔵の伊藤若冲「雪梅雄鶏図」も串野氏の手にかかると、躍動感が増します。

まさに翼の生えた靴そのものです。


伊藤若冲「瓦に鶏図」福田美術館蔵

福田美術館の展示室では、実際の若冲作品とそれからインスパイされ生まれた靴を一緒に観られるまたとない贅沢な展示が実現しています。

若冲の水墨で表した鶏は特に尾っぽの部分で彼の作品か否かの判断が付きます。迷いなくすっと一気に流れるように描いています。


「若冲誕生」展示風景

“伊藤若冲の描く動植物は、本物よりも更に本物らしく、観る者を魅了する。特に鶏の作品は、鶏に取り憑かれたのではないかと思うほどに集中し描写されており、狂気すら感じる。

200年という時間を経てもなお生き続ける伊藤若冲の想いは、多くのクリエイターに創作意欲を与え生き続ける。その想いを感じ受け止める事によって生まれた私の作品もまた、200年先の誰かのインスピレーションに繋がる事を願っている。“−串野 真也




半数以上が初公開の若冲作品で占められる「若冲誕生展」。それだけでも十分満足感あじわえますが、加えて串野氏のデザインした靴も同時に観られるのです。

これは、是が非でも京都・福田美術館行かねばなりません!

展覧会レビューはこちらです。見どころは若冲以外にもあります。


「若冲誕生 〜葛藤の向こうがわ〜」

会期:2020年3月28日(土)〜6月21日(日)
開館時間:10:00〜17:00(最終入館 16:30)
休館日:火曜(祝日の場合は翌日)5月5日・6日開館、5月7日休館
会場:福田美術館
https://fukuda-art-museum.jp/
主催:福田美術館、京都新聞


カプセルQミュージアム 伊藤若冲・花卉立体図 若冲の花 [全5種セット(フルコンプ)]


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5808

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする