青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スマホケースを名画×天然貝で煌びやかに! | main | ゴッホが過ごしたアルルの味をご自宅で。 >>

三井記念美術館 開館15周年記念特別展開催!

三井記念美術館 開館15周年記念特別展「三井家が伝えた名品・優品」が2020年7月1日より2部構成で開催されます。


http://www.mitsui-museum.jp/

コレド日本橋の向い側に、重要文化財「三井本館」が、昭和初期の日本を代表する建物として、凜とした雰囲気で建っています。

この三井本館の7階に三井記念美術館がオープンしたのが2005年(平成17年)10月8日。

今年は開館15周年を迎えることになりました。


重要文化財「三井本館」

新型コロナの影響で「三井家のおひなさま 特別展示 かわいい御所人形」は会期途中で閉幕。

さらに今の時期に予定していた「知られざる芸術と文化のオリンピック展」は東京2020オリンピック延期に伴い、開催見送りになるなど、15周年を迎える年に少々落ち着かぬ雰囲気ではあります。

しかし、長い歴史に支えられている三井家がそんなことでバタついたりはしません。7月1日から8月31日まで、15周年を記念する特別展を開催します。


重要文化財「唐物肩衝茶入(北野肩衝) 大名物」 1口
南宋時代・12〜13世紀 北三井家旧蔵

他館から借りる必要はありません。三井家が有する国宝・重要文化財をはじめとする名品・優品をこの機に全て公開します。

当初は、東京2020オリンピックで来日する方々に向け「おもてなし」の気持ちを伝える企画展でした。期せずしてコロナ禍で疲弊する我々の心を和ませる展示となりました。


重要文化財「粉引茶碗(三好粉引)」 1口
朝鮮時代・16世紀 北三井家旧蔵

開館15周年記念特別展「三井家が伝えた名品・優品」は第1部、第2部で展示作品を替えて行われます。

第1部が東洋の古美術、第2部は日本の古美術です。

第1部 | 東洋の古美術
会期:2020年7月1日(水)〜7月29日(水)

第2部 | 日本の古美術
会期:2020年8月1日(土)〜8月31日(月)




国宝「雪松図屏風」 円山応挙筆 6曲1双
江戸時代・18世紀 北三井家旧蔵

建物自体も重要文化財指定を受けている三井記念美術館で、円山応挙の国宝「雪松図屏風」や国宝「志野茶碗 銘卯花墻」、重要文化財「黒楽茶碗 銘俊寛」などの名品を観るのはまた格別なものがあります。

個人的には第1部に出展予定の絵画では、梁楷筆の「六祖破経図」、伝牧谿筆の「蓮燕図」が観られるのを心待ちにしています。

「六祖破経図」は足利義政の東山御物として知られる名品中の名品です(東山御物展懐かしいですね〜)。シンプルな筆遣いながらしっかりとした線で人物を表し、無限の空間を作り出しています。

第2部ででは、藤原定家の国宝「熊野御幸記」や安藤緑山の「染象牙貝尽置物」がやはり楽しみでなりません。


国宝「短刀 無銘貞宗 名物徳善院貞宗
鎌倉〜南北朝時代・14世紀
北三井家旧蔵

久しぶりに、展覧会開催のリリースを受け、紹介出来ていることに喜びを感じています。

まだまだ安心は決して出来ませんが、少し先の夢(目標)を持つことくらいはしてもよいですよね。


国宝・茶室「如庵」の室内を再現した「如庵ケース」

第1部、第2部ではそれぞれ「如庵ケース」に、「大井戸茶碗(上林井戸)」と「千利休消息」 (卯月廿二日付 瀧本坊宛)が展示されるとのこと。

約4か月ぶりに伺うことになる三井記念美術館。これまで以上に静かにやさしく我々を向か入れてくれるでしょう。

もうしばらく辛抱し、開館15周年をお祝い申し上げましょう!


開館15周年記念特別展
「三井家が伝えた名品・優品」


第1部 | 東洋の古美術
会期:2020年7月1日(水)〜7月29日(水)
第2部 | 日本の古美術
会期:2020年8月1日(土)〜8月31日(月)

開館時間:10:00 〜17:00
※入館は16:30まで
ナイトミュージアムとして会期中毎週金曜日は19時まで開館
休館日:月曜日、7月30日(木)・31日(金)は展示替え休館。
※但し8月10日(月・祝)、31日(月)は開館
会場:三井記念美術館
http://www.mitsui-museum.jp/

※新型コロナウイルス感染拡大状況ならびに緊急事態宣言の状況等で、本展の開催時期・開館時間・ナイトミュージアムの実施等について変更・中止の可能性があります。


『日本美術の底力: 「縄文×弥生」で解き明かす』 (NHK出版新書)
山下裕二(著)

過剰で派手な「縄文」と簡潔で優雅な「弥生」。2つの軸で、古代から現代までの日本美術を軽やかに一気読み!なぜ独創的な絵師が美術史から締め出されたか?雪舟、等伯、若冲らはどこがすごいのか?「ジャパン・オリジナル」の想像力の源流とは?国宝、重文を含む傑作61点をオールカラーで収載した、著者初の新書!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5866

JUGEMテーマ:アート・デザイン



開館15周年記念特別展として、当館で所蔵する三井家伝来の美術品のうち、国宝・重要文化財を含む、最高の作品を選んで展示いたします。

第1部では中国絵画や墨跡、陶磁器や漆器、中国の碑拓法帖(ひたくほうじょう)、敦煌経(とんこうきょう)など、東洋の古美術品。第2部では日本画や古筆などの書跡、陶磁器や漆器、超絶技巧の工芸など、館蔵品の核となっている作品を多数展示いたします。
展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする