青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 三井記念美術館 開館15周年記念特別展開催! | main | ジグソーパズル「名画セレクション 40」 >>

ゴッホが過ごしたアルルの味をご自宅で。

自宅で食事をとる回数がぐんとあがり、外食が恋しくなる今日この頃です。



ステイホーム中に、うちで注文して良かった(美味しかった)ものをあげると…

・本格南インドカレー専門店「ERICK SOUTH(エリックサウス)」のバラエティパック
https://www.erickcurry.jp/

・日本で最初のロシア料理レストラン「ロゴスキー」のおうちセット
http://www.rogovski.co.jp/

・岐阜県の恵那山のふもと「恵那 銀の森」のプティボア
https://ginnomori.jp/

・鹿児島県の地鶏の鶏刺しセット

いずれも、普段ならお店に行って食べたり、現地旅行の際に楽しみにしている食べ物ばかり。

自宅に居ながらにしてこれらが味わえるのですから、巣ごもり生活もそうそう悪いものでもありません。


https://mb1830.jp/

さてさて、メゾンブレモンド1830公式オンラインストアでは、「アルルのカフェで」をテーマとした商品が販売されています。

アルルのカフェでアート好きな方ならピンと来たはず。

そう!ゴッホが描いたこの作品がすぐさま頭に思い浮かんだことでしょう。


フィンセント・ファン・ゴッホ「夜のカフェ・テラス」1888年
レラー・ミュラー美術館

この絵のモデルとなったカフェは、アルルに今なお現存しており観光名所となっています。しばらく海外への渡航も難しくなると思うと余計に行ってみたくなるものです。

メゾンブレモンド1830では、この「夜のカフェテラス」で出てくるメニューをイメージし、料理を再現するのに必要な調味料セットを扱っています。


プロヴァンスの風だより「5月のテーマ“アルルのカフェで”」セット内容

【セット内容】
フレーバーエキストラバージンオリーブオイル バジル 100ml
オリーブオイル用プラ注ぎ口キャップ
スプレッド ヘーゼルナッツミルク塩バターキャラメル 130g
ミニソルト パスタ&サラダ
ミニアイテム(手作りキャンドルキット)
コラム

https://mb1830.jp/

アルルのカフェでこんな美味しそうな料理をゴッホは食べられなかったでしょう。

そんなゴッホを食卓に招いたつもりで、腕をふるってみるのも悪くありません。時間はたっぷりありますしね。


夜のカフェテラスをイメージした料理「パプリカのタルトタタン」「キヌアのタブレ」

年間300日以上の日照に恵まれ、ゆったりと流れるローヌ川に抱かれた世界遺産都市、アルル。

ゴッホの足跡を訪ね、現地を訪れられる日がまた来ることを願いつつ、今は自宅でその一端だけでも味わいじっと我慢我慢。



因みにセットには、フランス人の心に根付く生活信条「Art de Vivre(アール・ド・ヴィーヴル)」を感じさせるミニアイテムや現地からのコラムも含まれています。

https://mb1830.jp/


『ゴッホ 旅とレシピ』
林綾野(著)

ゴーギャンが食べたゴッホの手作り料理とは!?ゴッホゆかりの地のレシピ、26点掲載。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5867

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(1) | -

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2020/05/21 7:58 PM
コメントする