青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ゴッホが過ごしたアルルの味をご自宅で。 | main | 銀座 蔦屋書店3周年記念企画「オリジナルグリーティングカード」 >>

ジグソーパズル「名画セレクション 40」

ゴールデンウィーク期間中に一度も美術館・博物館に行かなかったのは、学生時代以降初めてのこと。

本を読んだり、Amazonプライムビデオで映画を観たりとかなりアート充した連休でした。

中でも最もやって良かったものにジグソーパズルがあります。アナログな遊びですが、時間がたっぷりあるステイホーム中にはうってつけでした。


1000ピース ジグソーパズル 葛飾北斎 冨嶽三十六景コレクション』(49x72cm)

何種類か頼んだ中で、一番早く届いた『ジグソーパズル 葛飾北斎 冨嶽三十六景コレクション』をやってみたところ、面白い面白い。

そして何よりも勉強になるのです。具体的なことについては以下のコラムに書いたので読んで下さいませ。

ジグソーパズルで知る新たな北斎の魅力
葛飾北斎「冨嶽三十六景」本当の凄さ

北斎ジグソーの次は、40の名画がぎゅっと凝縮されたこちらのパズルに挑戦してみました。


1000ピース ジグソーパズル 名画セレクション 40 世界極小マイクロピース』(26×38cm)

同じビバリー社から出ている1000ピースのジグソーパズルですが、「世界極小マイクロピース」とあるようにひとつひとつのピースが北斎と比べて格段に小さいのです。

北斎(49x72cm)の上に名画セレクション(26×38cm)を重ねて置いてみるとその差は明らか。


共に完成!

箱もiPhoneと比べてもご覧の通り。この箱の中に1000ものピースが入っていたのです。



これだけ一片が小さいと絵柄だけで易々と判別できないものです。

勿論中にはゴッホの「ひまわり」や手にした瞬間にセザンヌの「リンゴとオレンジ」のように手にした瞬間に分かるものもあります。

しかし、黒いピースが果たしてアングル「グランド・オダリスク」、レンブラント「夜警」それにフェルメール「真珠の耳飾りの少女」どの作品の背景なのか迷い考えさせられます。


ラファエロ「大公の聖母」の背景もまた黒でした。

40の名画、いずれもよく知っている作品ばかりなので、いくらピースが小さかろうとさほど変わりないだろうと考えていた自分が愚かでした。

葛飾北斎 冨嶽三十六景コレクションは一枚一枚作品を観る余裕がありましたが。名画セレクション40は…

ところが、不思議なことに数日がかりで名画セレクション40を完成させると、もっともっと難しいものがやりたくなるのです。

同じビバリーさんが出している1000マイクロピースの「暗黒地獄」(「純白地獄」も存在します)をポチっと。。。


1000ピース ジグソーパズル 暗黒地獄 マイクロピース』 (26x38cm)

ステイホーム期間中、ジグソーパズル沼にどっぷりはまってしまいました。そろそろ沼から這い上がりお出かけモードに切り替えないといけないですね。

Amazonプライムビデオよりもジグソーパズルの沼の方が深かったと気づかされた今年のGWでした。

是非、皆さんもチャレンジしてみて下さい!!


1000ピース ジグソーパズル 名画セレクション 40 世界極小マイクロピース』(26×38cm)

はじめから、1000ピースは無理〜という方はこんなお手軽な名画ジグソーもあります。


150ピース ジグソーパズル 星月夜 ローヌ川の星月夜 向日葵 パズル ゴッホ 名画 mini puzzle 3セット』(10 x 15 cm)

またジグソーパズルの他にも、自宅で今すぐ実践したいアートなこと5選。気に入ったものからチャレンジしてみましょう。

【食べるアート】お菓子な名画たちの完成度が高い!

アノ天才が主役!?今すぐ読みたいアート漫画10選

読書で良質なアートな脂肪を身に付けよう!

Amazonプライムビデオで観られるアート系映画30選

インスタで話題「なりきり名画」10選!


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5868

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする