青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『桜狂の譜 ー江戸の桜画世界』 | main | 「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」 >>

「SHUが描く アリスシリーズ制作10周年記念最新作発表展」

新宿のヒルトピア アートスクエアにて「SHUが描く アリスシリーズ制作10周年記念最新作発表展」が開催されます(名古屋にも巡回)。


「Alice Notion」 ©SHU

【作家紹介】
SHU(シュウ)
1972年8月26日生まれ、広島県広島市出身。1991年、広島経済大学在学中、パステルによる人物画を描き始め、グラフィックの仕事をすることを決意。1996年にゲーム会社に入社し、ゲームグラフィックの仕事を担当。この頃よりCGアート画家を目指す。

2004年、作家「SHU」として独立。アップルワンよりジグソーパズル発売。次々と新作を発表し多くのファンの支持を得る。2007年、「誕生色〜12の輪廻物語」で版画デビュー。全国で展示会開催。

「Alice Symphony」 ©SHU

デジタルアート作家SHU氏がアリスシリーズを手がけて今年で10年目となることを記念し東京と大阪で個展が開催されます。

自分はまだ一度も実物を目にしたことがないので、是非この機会に行ければと思っています。今回の展覧会ではアリスシリーズの全ての作品が観られるとのこと。

また、SHU氏本人より「サインカードお渡し会」(新型コロナウィルス対策)も実施されそうです。ご本人から会場で制作についてのお話を伺えたら良いですね。

詳しい日程については公式サイトに掲載されています


「Alice Re:Birth」 ©SHU
最新作『Alice Re:Birth』は、アリスシリーズ1作目『DearAlice』を構想する際に考えていた別案でした。まさに10年の時を経て、原点を“再生”させた作品となっております。最初に目に飛び込んでくるのは、アリス・チェシャ猫・白うさぎ。そして崩れたパズルの奥にはたくさんのキャラクターや物語のキーアイテムが。
デジタルペインティングの透明感あふれる色味を活かし描くSHU氏の最新作。

10年も同じテーマに関わってくると大なり小なり変化を来たすはずです。逆に同じであったら困ります。

ではどのような変化を遂げていったのでしょう。それはこの展覧会に行けばきっと分かるはずです。


「Alice Vignette」 ©SHU

デジタルアート作家・SHU氏の個展「SHUが描く アリスシリーズ制作10周年記念最新作発表展」は、2020年6月25日(木)〜28日(日)に東京都〈ヒルトピア アートスクエア)、7月10日(金)〜7月12日(日)に愛知県〈ウインクあいち〉にて開催されます。



「SHUが描く アリスシリーズ制作10周年記念最新作発表展」
〈東 京〉
会期 :2020年6月25日(木)〜28日(日)
会場 :ヒルトピア アートスクエア
東京都新宿区新東京都新宿区西新宿 6-6-2
ヒルトン東京地地下1階
ヒルトピアショッピングアーケード内
営業時間:11:00〜19:00(最終日は18時閉場)

〈名古屋〉
会期 :2020年7月10日(金)〜12日(日)
会場 :ウインクあいち 7F 702・703・704
〒 450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅 4 丁目 4-38
営業時間:11:00〜19:00(最終日は17時閉場)

公式サイト
http://art-eventcollection.info/shu/index.html


1000ピース ジグソーパズル アリス メモリーズ (50x75cm)

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5882

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする