青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「美の競演」 | main | 京都・真珠庵「現代作家6名が描いた方丈襖絵」 >>

『よみがえるレオナルド・ダ・ヴィンチ』

東京美術より刊行となった『よみがえるレオナルド・ダ・ヴィンチ: 作品復元プロジェクト』を読んでみました。


よみがえるレオナルド・ダ・ヴィンチ: 作品復元プロジェクト
東京造形大学ダ・ヴィンチ・プロジェクト (著, 編集), 池上英洋 (著, 編集)

今年(2020年)1月に代官山ヒルサイドフォーラムにて開催されたダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展。東京造形大学が教育の一環として行った展覧会。

開催期間は20日程度でしたが、何と1万人を超える来場者に恵まれる大盛況ぶり。レオナルドの知名度の高さだけでなく、展覧会の着眼点が良かったことが成功の大きな要因でした。



造形大学の各学部の先生方と、プロジェクトに参加した学生さんに「ありがとう!お疲れさまでした!!」と心の底から言いたい充実した内容でした。

その後、降って涌いたかのようなコロナ騒ぎで展覧会の記憶も薄れてしまったかもしれません。しかし、「夢の実現展」は終わってはいないのです。

公式サイト:https://leonardo500.jp/

今後、「夢の現実展」はレオナルドの魅力をより多くの方に知って頂くため、日本各地を巡回していく予定です。まずは八王子にある東京富士美術館で9月1日よりスタートしました。


東京造形大学 レオナルド・ダ・ヴィンチ再現プロジェクト
ダ・ヴィンチ没後500年「夢の実現」展


会期:2020年9月1日(火)〜11月29日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館。翌日火曜日が振替休館)※9月21日(月・祝)・9月22日(火・祝)・11月23日(月・祝)は開館、9月23日(水)・11月24日(火)は休館
開館時間:10:00〜17:00(16:30受付終了)
会場:東京富士美術館:新館・常設展示室6〜8
https://www.fujibi.or.jp/
主催:東京富士美術館
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館、公益財団法人日伊協会、八王子市、八王子市教育委員会、八王子商工会議所
制作・監修:東京造形大学

代官山ヒルサイドフォーラムでの展示を見逃してしまった方にとっては朗報です。そして一度ご覧になられた方もまた新たな発見を求めて何度でも。

レオナルドの偉大さを知るためには、機会を惜しまず何度でも。

よみがえるレオナルド・ダ・ヴィンチ: 作品復元プロジェクト』は、「ダ・ヴィンチ没後500年 夢の実現」展公式ガイドブックとして位置づけられています。



執筆陣は池上先生の人脈をフル活用した錚々たる顔ぶれとなっています。

宮下規久朗、布施英利、原元晶、茂木健一郎、藤井匡、田中英道、ラファエーレ・ミラーニなどなど、レオナルドの多面性を紐解くべく各界の専門家が、書き下ろしています。

また「アーティストとレオナルド」では、シンポジウムに出演した、ヤマザキマリ、アントネッロ、森田学、サカナクションの山口一郎、浅葉克己、山岸康之たちがテキストを残しています。


復元された「東方三博士の礼拝

教育研究助成金により出版される学術書なので造形大学や執筆者に印税は一切入らないにも関わらず、どのレオナルド本よりも読み応えのある内容となっています。

レオナルドが手掛けた、絵画、彫刻、建築、機械に加え、現代の視点からメディア・デザインなどにも挑んでおり、単なる復元プロジェクトでは決してありません。



展覧会会場では高い位置に展示されていた「最後の晩餐」も『よみがえるレオナルド・ダ・ヴィンチ: 作品復元プロジェクト』なら完璧!

とにかく多彩な画像(再現画像もバッチリ!)と丁寧過ぎる解説がびっしり詰め込まれた一冊。加えて豊富なコラムも読みごたえ十分です。

末席を汚すかのように、私も一頁だけ誌面を頂き文章を寄稿しています。

よろしければ是非お手に取ってみて下さい。魅力を語り尽くせないほど充溢した内容の一冊です。


よみがえるレオナルド・ダ・ヴィンチ: 作品復元プロジェクト
東京造形大学ダ・ヴィンチ・プロジェクト (著, 編集), 池上英洋 (著, 編集)

未完や欠損状態の絵画、巨大建築の設計図、機械や彫刻のデッサンなど、万能人ダ・ヴィンチが生前やり残したさまざまな「夢」を、500年後の今、現代のテクノロジーを用い完全な形で再現を試みた画期的プロジェクト。さらに、ダ・ヴィンチにまつわる長年の謎や議論について、そのあらましと興味深い最新知見を紹介。他分野の識者による考察も多くの示唆に富み、コンパクトながら類のないダ・ヴィンチ入門書。
「ダ・ヴィンチ没後500年 夢の実現」展公式ガイドブック。



よみがえる天才2 レオナルド・ダ・ヴィンチ』 (ちくまプリマー新書)
池上英洋(著)

五〇〇年も前に生きたその人は名画を遺し、近代文明の夢を描いた「万能人」と呼ばれる。しかしその素顔は、不遇と失敗に苦しんだ青年だった。一生涯を通じて苦悩しつづけた「天才」のドラマを追う。


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5973

JUGEMテーマ:アート・デザイン



読書 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする