青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「北斎の肉筆画」 | main | 幻の片岡愛之助主演映画『宮城野』を世界に届けよう! >>

ニコニコ美術館で徹底解説!応挙の傑作障壁画群!!

生放送番組「ニコニコ美術館」に応挙寺として名高い大乗寺が登場します。

「大乗寺・円山応挙一門の障壁画165面と立体曼荼羅を巡ろう」


https://live2.nicovideo.jp/watch/lv327742144

江戸時代、京都で伊藤若冲を凌ぐダントツの No.1 人気絵師だった円山応挙。

彼が最晩年にプロデュースし、自ら絵筆を執った最高傑作とされているのが、「応挙寺」こと兵庫県香美町(香住)にある高野山真言宗の名刹・大乗寺の壮麗な障壁画群です。


円山応挙 重要文化財「松に孔雀図」部分 1975(寛政7)年 
兵庫 大乗寺蔵 (現在は通常、収蔵庫で保管されている)

応挙や彼の門人たちが技術や美意識の粋を結集させて完成させた大乗寺客殿の障壁画群は、その美術的な価値の高さもさることながら、立体曼荼羅や、光線の効果を意識して配置された空間構成の妙も大きな見どころになっています。

2019年夏から冬にかけ、その障壁画が展覧会「円山応挙から近代京都画壇へ」での目玉展示として、東京(東京藝術大学大学美術館)、京都(京都国立近代美術館)の2箇所を巡回し公開されたのもまだ記憶に新しいところです。


円山応挙から近代京都画壇へ

ニコニコ美術館ではこれまで展覧会会場からの中継が主でしたが、人気に後押しされ2020年春以降は、東大寺など有名寺社仏閣にも取材対象を拡大しています。

アートファンだけでなく、10代、20代の若年層にも好評。美術館・博物館にそれほど関心のなかったネットユーザーにもとても好評を博しています。(コメントを見ているととても皆さん楽しそうです)



ついに9月22日午後3時から、大乗寺にもついにニコ美のカメラが入ります!!

当日は、解説におなじみの橋本麻里さんを迎え、大乗寺副住職 山岨眞應(やまそばしんのう)さんと共に、客殿の障壁画群を中心とした大乗寺の魅力を余すことなく伝えます。

気軽に行ける場所にないお寺なのでこうした中継はとても有難いですね。

また、今回は、視聴者が事前に購入したポイントによる「ギフト」を贈ることで、障壁画保存を支援することができるそうです。後世に遺すために。


大乗寺副住職 
山岨眞應さん撮影

【ニコニコ美術館特別編】
『大乗寺・円山応挙一門の障壁画165面と立体曼荼羅を巡ろう』


放送日程・URL
2020年9月22日(火)午後3時〜
https://live2.nicovideo.jp/watch/lv327742144

出演者:
大乗寺 副住職の山岨眞應(やまそばしんのう)さん
橋本麻里さん https://twitter.com/hashimoto_tokyo


円山応挙 重要文化財「郭子儀図」部分 1788(天明8)年 
兵庫 大乗寺蔵

※注目ポイント1:13 名の絵師による全 165 面の傑作襖絵を動画中継で!

※注目ポイント2:十一面観音を中心に応挙が構想した「立体曼荼羅」を徹底解説!

※注目ポイント3:円山応挙が大乗寺に仕掛けた光の「魔法」とは?



大乗寺について

大乗寺は天平17年(745年)行基菩薩によって開山。日本海を望む香美町から矢田川を少し遡った山沿いの丘陵地にあり、本堂、客殿、薬師堂、鐘楼、蔵などで構成されています。
江戸中期(天明〜寛政年間)、密英上人によって客殿が再建され、現在の大乗寺の姿となりました。この客殿再建時に、一連の障壁画制作に関わったのが、円山応挙でした。
現在、大乗寺には円山応挙とその門人達総勢 13名による障壁画 165 面が遺されており、いずれも重要文化財に指定されています。



至宝大乗寺―円山応挙とその一門

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5982

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする