青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ニコニコ美術館で徹底解説!応挙の傑作障壁画群!! | main | 宍戸竜二個展「ハピネス」 >>

幻の片岡愛之助主演映画『宮城野』を世界に届けよう!

毬谷友子をヒロインに、片岡愛之助が主演を務めた映画『宮城野』。

35ミリフィルムで撮られた謎多き浮世絵師・写楽を題材にした映画です。


映画『宮城野』インターナショナル版を制作! 
歌舞伎や浮世絵とともに世界へ届けたい


今から12年前。毬谷友子、片岡愛之助、樹木希林、國村隼、寺田農ら錚々たる役者が出演した映画にも関わらず、全国展開できなかった幻の作品でもあります。

動画配信サービスが普及し2019年に国内主要プラットフォームで公開されると、SNSを中心にジワジワと話題になり、ようやく日の当たる場所に出ることに。


映画『宮城野』インターナショナル版を制作!

ロードショー向きの大衆受けする作品でないことが、かえって今の時代は新鮮に感じられるのでしょう。


宮城野(ディレクターズカット版)

そして、映画『宮城野』に、新たに英語字幕をつけて『宮城野』を海外へ配信するプロジェクトが立ち上がりました。

アート性の高い映画ですので、海外の感度の高い方のアンテナに必ず引っ掛かるはずです。



しかも、写楽は北斎と並び、海外で知らない人はいないほど高い知名度を誇っています。

訪日を楽しみにしていたにも関わらず、新型コロナの影響で断念してしまった海外在住の浮世絵ファン、日本映画ファン、そして歌舞伎ファンに是非届けたいものです。

映画『宮城野』インターナショナル版を制作!



まだ、始まったばかりのクラウドファンディングです。張り切って応援しちゃいましょう〜

映画『宮城野』とは

この愛は、本物か、偽物か。
ひとりの女の愛が、写楽を謎の存在たらしめた……
写楽の浮世絵に隠された、美しくも儚い、そして残酷な愛の物語

時は、寛政6(1794)年――
江戸の刑場で、薄汚れた年増女郎の処刑が行われようとしていた。
女の名は、宮城野。
罪名は、浮世絵師・東洲斎写楽殺し。
冷たい刃が女の喉にあてられた瞬間、女はその命を愛の証と捧げた男のことを想う。
写楽を手に掛けたのは、本当に宮城野なのか。
真実を知るのは、宮城野の罪を決定づけた、ただ一枚の、傑作役者絵。
その絵の名もまた、「宮城野」だった。




とにかく、映画作りへのこだわりが半端なく、これは海外の方のみならず、我々も日本文化を知る上でも是非観ておきたい作品です。

それにしても12年前によくこれだけの作品撮影したものです。

映画『宮城野』インターナショナル版を制作! 
歌舞伎や浮世絵とともに世界へ届けたい


それを、お蔵入りにしてしまった映画業界もどうかと思いますが…

事の経緯はこちらの記事に詳しく書かれています。ご参考までに。

片岡愛之助、幻の主演作『宮城野』伝説のディレクターズカット版で蘇る!! 謎の浮世絵師・写楽の謎に迫るミステリー


宮城野(ディレクターズカット版)

出演:毬谷友子 片岡愛之助(六代目) 樹木希林 佐津川愛美・寺田農 坂東薪車(四代目) / 國村隼

義太夫 浄瑠璃 竹本綾之助 
三味線 鶴澤寛也

監督:山崎達璽  
原作:矢代静一  
音楽:野崎良太(Jazztronik)  
脚本:酒井雅秋(ドラマ『絶対零度』シリーズ(10、11)、『相棒』(13))
美術:池谷仙克 (映画『無常』(70)『陽炎座』(81)『さらば箱舟』(82))
撮影:瀬川 龍(J.S.C)(映画『しあわせのパン』(11)『ゆずり葉の頃』(14))
チーフプロデューサー:戸山 剛  
ゼネラルプロデューサー:荻野友大  
プロデューサー:John Williams  エグゼクティブ:四宮隆史
振付・所作指導:藤間貴雅  
三味線指導:松永鉄駒
浮世絵アドバイザー:新藤 茂  
浮世絵:歌川国政・アダチ版画研究所  
製作・配給:「宮城野」抱え主一同
2008年/35mm/カラー/ヴィスタ/ドルビーSR/113分 PG-12

【クラウドファンディング】

映画『宮城野』インターナショナル版を制作! 
歌舞伎や浮世絵とともに世界へ届けたい



Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5983

JUGEMテーマ:アート・デザイン



映画・観劇 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする