青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 人間国宝名刺!? | main | 「中国国宝展」 >>

「翡翠展」東洋の至宝 

国立科学博物館で今日から始まった「翡翠展」に行ってきました。



上野にある博物館はたまに、危険な展覧会・特別展を開催する。
この科学博物館は2000年に「ダイヤモンド展」
お隣の国立博物館も昨年「煌きのダイヤモンド展」など開催。

危険極まりない。

こういった天覧会となると、いつもはしぶしぶ同行する
かみさんも明らかに、積極的になる。
光物強し。

で、この「翡翠展」は科学博物館の新館グランドオープン記念と称して
今日から開催されている展覧会です。
科学博物館「新館」(本館はお休み中)を観に来るお客さん
子供づれの家族やカップルばかり!!

「翡翠展」は…その何分の一のお客さんしかいない。
今日から開催なので、まだまだこれからなのかもしれませんが、
ちょっと寂しい感じ。

展覧会自体は、初めから終わりまで、翡翠・翡翠・翡翠これでもか!!翡翠。
約400点って・・・集めすぎでは??
それに意外と会場が狭いのでぎゅーぎゅー詰めの感あり。

ダイヤモンド展の時とはちょっと様子が違ってます。
翡翠の原石が床にごろんと置いてあったりします。
壁と翡翠の原石の間の僅かな隙間を子供が身体寄せ合って
通り抜けていたりします(オイオイ汗
セキュリティー甘い!!

と思ったら、本当のお宝はちゃんと分けて展示してあります。
4部構成になってます。
原石ゴロゴロ会場は、第1部「翡翠の科学」
で、その後はお宝系の展示で、
第2部「翡翠の文化史」
第3部「清の翡翠玉器」
第4部「第4部 翡翠の魅力」といった構成。

ただ、個人的には第1部と第2部がオススメ。

 翡翠勾玉」(出雲大社・所蔵、重要文化財)
 この勾玉は必見!!
展示期間は11月13日(土)〜18日(木)、12月2日(木)〜24日(金)です。
冷や汗その他の期間はレプリカを展示びっくり


第3部は北京の故宮博物院が所蔵する翡翠の彫刻など
あちらの国宝級のお宝が目白押しなのですが、
あ〜これいいなーーーと思えるもの少なし。

第4部は「危険地帯」いわゆる現代の宝飾品の展示ですから
カップルの男性にとっては一番危険な場所。
ここをどうすり抜けるかがポイント。
公式サイトにも
「現代のネックレスや指輪、ペンダント、ブローチなど華やかなジュエリーを紹介します。果物や野菜、魚や麒麟などをデザインした工芸品も数多く展示し、人々を魅了してやまない翡翠の美しさをお届けします。」なんて危ない説明書きが・・・
心して行くべし!

これで、展示は終了。
でも安心はできませぬ。
出口すぐに翡翠販売コーナーあり。
これが一番危険地帯でした。。。しまった。。。

最後に真面目?話。
翡翠はダイヤと違い日本で採れるものです。
この天然の宝物翡翠の文化は、日本では縄文時代に生まれ、広く伝播し
装飾品として欠かせないモノとなりましたが、
奈良時代以降、日本史の舞台から消えてしまいました。

発掘しすぎて採取できなくなったわけではありません。
現に今でも新潟県などでは採れるそうです。
どうして、表舞台から翡翠は消えてしまったのか?
これ考えるの面白いかもしれません。

時折りしも大陸から新しい宗教である「仏教」が伝来した頃です。
新しい宗教をもって政治を司る人々にとっては
翡翠は邪魔な存在になってしまったのかもしれません。

以下プレスリリース
本展は、日本で初めての「翡翠」の総合的な展覧会です。各地の原石をはじめ、出雲大社に伝わる古代の勾玉(まがたま)から、北京の故宮博物院所蔵の「一級文物」(中国の国宝に当たる)、現代の宝飾品まで約400点にのぼる翡翠を一堂に展示します。

 翡翠は、緑色や淡紫色の魅惑的な輝きを放つ、希少価値が高い宝石です。日本では、縄文期からシャーマニズムの対象となるなど「聖なる石」として珍重されてきました。新潟県糸魚川市周辺に翡翠の産地があり、日本全国、そして、海を越えて朝鮮半島にまで運ばれました。中国では清代の皇帝らが翡翠を愛し、ミャンマー産翡翠の豪華絢爛な装飾品、工芸品を多数残しています。

 縄文、弥生、古墳の各時代から、翡翠の大珠や勾玉などが発見されています。しかし、奈良時代以降、翡翠は日本史の舞台から消えてしまい、このため、翡翠は大陸から渡ってきたものだと長く考えられてきました。昭和初期になって新潟県糸魚川市が翡翠の産地であることが確認され、古代から翡翠が日本を代表する宝石であることが認識されました。翡翠文化の歴史上の空白がなぜ生じたのか、本展はその歴史上の謎にも迫ります。
展覧会 | permalink | comments(3) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

Takさん、こんにちは。

昨日の日曜日に足を運んできました。
日本が翡翠文化の発祥地とは驚きでしたね。
機会があったらまた行こうかなと思うくらい、
個人的にはすごく良かったです。
GOTO | 2004/11/15 9:33 AM
先日は「ぱなーる通信」へのトラバありがとうございました。
最近は使い勝手から上のリンク先こちらに移行しつつあります。
私も会場の好き具合にやや驚きましたが
あのぐらいが見やすくてよかったなーとも思いました。
gomaae | 2004/11/16 11:57 AM
@GOTOさん
こんばんは。
日本の古代だけ珍重されていたという点に
とても興味惹かれました。
中国とは別の価値感が翡翠に関しては
あったようですね。
勉強になった展覧会でした。

@gomaaeさん
こんばんは。
新館グランドオープンして大混雑でした。
翡翠展は混んでいませんでしたが。
おかげでゆっくり見られて良かったです。はい。
出雲大社の翡翠欲しいです!!
Tak管理人 | 2004/11/16 11:27 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/60
この記事に対するトラックバック
今日は初日!お昼過ぎに到着して約2時間たっぷり見てきました。 入り口では後からライトを当てられて透明感を強調された翡翠たちがお出迎え。 一番左の緑と紫の混じったのがきれいだったなー。 さてさて展示品ですが、 糸魚川産の巨大で美しい翡翠原石! 触っちゃいけな
翡翠展〜東洋の至宝〜 その3、と兵馬俑 | 胡麻韲街777 | 2004/11/16 11:53 AM