青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「宇治山哲平展」 | main | 「播磨ゆかりの江戸絵画展」 >>

ミュージアムショップ「Portier」

東京都庭園美術館に新しくミュージアムショップがオープンしました。
先日「宇治山哲平展」を観に行った際に初めて知りました。
ミュージアムショップ「Portier」(ポルティエ)です。



目黒通りから庭園美術館の敷地内へ一歩足を踏み入れると
左手にチケット売り場があります。そこの裏側に新たにできました。
地図で見るとここです



この写真を見て「えーここって以前何があったけ?」と
一所懸命思い出そうとしても、思い出せませんよね。
チケット売り場は元々ありましたが、その裏手には
何があったか頭の中にさっぱり残っていません。

脳年齢の深刻な衰えなのか…と思いつつ
一向に何があったか思い出せないので
ゲート付近にいつもいらっしゃる守衛さんに伺ってみました。

守衛さん曰く。
「あそこは、物置のようになってました。ほとんど使っていない目立たない場所でした。それよりもずーと以前は守衛室があったところだったそうです。」

これを聞いてちょっと安心。

優しい守衛さんは続けて色々教えてくれました。
・先月の下旬にオープンしたばかりであること。
・年末年始を除いて美術館が休みでも営業していること。
・Portierとはフランス語で門番を意味すること。
・経営者自体も新しくなったこと。
・夜7時まで開いていること。
・入口がちょっと目立たないこと。
などなどとってもフレンドリーに教えてくれました。
ありがとうございました!!

首都圏美術館・博物館ガイドブック
首都圏美術館・博物館ガイドブック
アミューズ

さて、店内の様子はどんな感じかというと…
 

とても洗練されたイメージの店内です。
場所柄少しお高目の商品が並んでいます。

海外の美術館のミュージアムグッツも取り扱っていました。
また、ウイリアム・モリスのマグカップなど
ひと目見て「欲しい!」と思うものも多数。

庭園美術館オリジナルグッツもちゃんとあります。
オリジナルトートバック1000円はお買い得かも。

それと、他のミュージアムショップとの一番の違いは「
店の中、店の外に様々な色とりどりの花が植えられまた飾られています。

例えばこれ。
クリスマスローズ

入口の画像や店内の画像をもう一度見てみて下さい。
所々に花が生かされていますよね。

カフェレストラン「Cafe 茶洒 kanetanaka」側の出入り口にも。


流石庭園美術館ですね。

そうそう、このカフェレストランも装いも新たにオープンしました。
これまた経営からがらりと一新したそうです。

「宇治山哲平展」は今日で幕を閉じましたが、4月22日から「北欧のスタイリッシュ・デザイン―フィンランドのアラビア窯」展が新たに始まります。
機会があれば足を運んでみて下さい。



おまけ:
以前この付近に住み着いていたは何処かへ行ってしまったのでしょうか?
先日訪れた際、見当たりませんでした。いつもなでなでしてきたのに…
実は、今日もまた「宇治山哲平展」を観に庭園美術館へ行ったので探したのですがやっぱり見当たりませんでした。。。

きょうの猫村さん
「きょうの猫村さん」ほし よりこ

猫村さんも心配しています。。。
3月24日より、美術館の正門脇にミュージアムショップ「Portier(ポルティエ)」が新たにオープンしました。
 庭園美術館が旧朝香宮家の邸宅であった当時、宮邸の「門衛所」であった建物を、竣工当時のデザインを活かしてリニューアルしたショップで、「Portier(ポルティエ)」とはフランス語で「門衛」を意味します。
ミュージアムグッズはもちろん、従来よりも大幅に充実させたセンスある品揃えが自慢です。美術館入館者以外の方にもご利用いただくことができますので、お気に入りの一品や、大切な方へのプレゼントを探してみるのにもおすすめです。
その他 | permalink | comments(10) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

以前の(茶酒の先代の)カフェレストランで働いていた者です。
このブログも毎日拝見しています。もちろん、BLUE HEAVENも。
ポルティエのあった場所はカフェレストランの物置として使用していて、猫たちがよく出没していたため「ネコ部屋」と呼んでいました。猫たちについては庭園内を整備していた方が世話をしていたのですが、今はどうなっているかよくわかりません。
チロ | 2006/04/10 1:36 AM
ミュージアムショップに花と聞きぜひ訪れて見たいと思いました。オランダの美術館には大きな生花のアレンジが必ずといっていいほどありましたよね。
お花が高い日本では難しいと思っていましたがやれば出来るのですね。
iku | 2006/04/10 7:38 AM
@チロさん
こんにちは。

うぉーー貴重な情報ありがとうございます。
「ネコ部屋」が随分と立派になったものですね。
どこか行ってしまったのでしょうか。猫。
外はコワイから庭園内が一番よさそうですけどね。
でも猫は気まぐれだからな〜

>このブログも毎日拝見しています。もちろん、BLUE HEAVENも。
ありがとうございます。
本館が疎かになっていますが
今後ともよろしくお願いいたします。
Tak管理人 | 2006/04/10 7:38 AM
こんにちは
はろるどさんのブログで
「Cafe 茶洒 kanetanaka」が気になっていましたが、
ミュージアムショップが出来たとは!
「Portier」庭園美術館らしい素敵な名前ですね
次回の展示会は私好み♪
是非足を運びたいです。
・・・猫、気になります。
猫村さんが仕事に集中出来ないのでは?と心配です。

追記:LINK有難う御座います。
   私も貼らせて頂きたいので宜しく御了承下さいませ。
るる | 2006/04/10 8:57 AM
私も最近「Portier(ポルティエ)」に行き、お花の絵葉書を買いました。
アクセサリーもフランク・ロイド・ライトのデコっぽいデザイン等素敵なものが一杯。
あまり時間がなくゆっくり見られなかったので、今度はゆっくり時間をとって展覧会、カフェ等も行きたいです。
お花に興味のある人に一報です。
今日4月10日(月)、通常は非公開のアークヒルズ サントリーホール屋上庭園の「ルーフガーデン」(月)が特別公開されます。
お天気があまり良くないのが残念ですが、前に見たところ、大輪のチューリップが咲き乱れすばらしかったです。
詳細はhttp://www.mori.co.jp/ark-garden/information/060104_1.html
エリ | 2006/04/10 9:41 AM
Takは、目黒で広い様々や場所とかをkanetanakaしなかったの?


BlogPetのうーちゃん | 2006/04/10 10:46 AM
@ikuさん
こんばんは。
朝コメントが入れ違いだったようですね。

お花をこれだけふんだんに使っているお店
オーナーさんの意気込みが伝わってくるようです。
やればできますね、確かに。
これが続けばなおよろしいのですけどね。

@るるさん
こんばんは。

そうなんです。
はろるどさんは新しいお店でお食事なさってきたようですね。
イタリアンから随分がらりと変わりましたね。

サイトにも後から調べたら載っていたので
記事にすることないかな〜と思ったのですが
守衛さんが熱心に教えて下さったのと
猫が気になったので。。。
リンクありがとうございます!!

@エリさん
こんばんは。

いやーーあそこだと雰囲気がとても良いので
購買意欲もわいてきますよね。
ついつい買ってしまいそうになります。

「ルーフガーデン」情報ありがとうございます。
実は昨日アークヒルズは立寄ったばかりです。
屋上庭園があるとは話に聞いていたのですが
一般にも公開してくれるのですね。
観たいな〜
次はいつなんでしょう。

花は良いです。正直ですから。


Tak管理人 | 2006/04/10 10:09 PM
Takさんご丁寧なコメントありがとうございます。
私も今回残念ながら見れなかったのですが、
見た友人の話ではかなり変わった品種の花もあって
良かったそうです。
次回はローズガーデンの公開だそうです。
5/26(金)、27(土)の11:00〜13:00らしいです。
近くなったらアークガーデンのサイトでもう一度
ご確認下さい。
エリ | 2006/04/11 10:40 AM
>サイトにも後から調べたら載っていたので
>記事にすることないかな〜と

・・・って全然そんな事無いです!
サイト見ても気が付かないし・・・(^^ゞ

素敵な桜との画像も、守衛さんのお話も
猫の事も貴重な情報で・・・
いつも、とっても楽しみにしております。
るる | 2006/04/11 12:38 PM
@エリさん
こんばんは。

変った品種の花?気になります。
我が家の花壇でも変ったチューリップが咲いています。
http://vermeer.jugem.cc/?eid=687

次回はバラですか。。。
もうすぐモッコウバラが咲き始めます!
ただその日は出張です(T_T)
ついていないな〜
でも友達には教えてあげられます。
ありがとうございました。

@るるさん
こんばんは。

そうですか、そう言っていただけると
書いた甲斐があります。ありがとうございます。

「いつまで続くの?」と自分でも怪しんでいますが
なるべく頑張ります。(たまに手抜きしながら)
楽しみにしていただくお気持ちだけで
かな〜り励みになります。
Tak管理人 | 2006/04/11 9:48 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック