青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 特殊切手「美術の世界シリーズ 第2集」発行 | main | 特別展「桃山―天下人の100年」 >>

『平成美容開花』

ポーラ文化研究所より刊行となった『平成美容開花: 平成から令和へ、美容の軌跡30年』を読んでみました。


平成美容開花: 平成から令和へ、美容の軌跡30年
ポーラ文化研究所 (著, 編集)

30年続いた平成も穏やかにその幕を閉じ、令和の時代へ遷りました。皆さんにとって平成はどんな時代だったでしょう。

桃山時代も30年という短い期間でしたが、狩野永徳や千利休など絢爛豪華と繊細さが入り混じった文化が花開いた時代でした。


「障壁画の豪華さと茶器の繊細さ―桃山文化の二面性を味わい尽くす」(上)
「障壁画の豪華さと茶器の繊細さ―桃山文化の二面性を味わい尽くす」(下)


振り返ってみると、桃山時代に勝るとも劣らぬ激動の時代が平成だったように思えます。

幕が開けたのはバブル景気の頃。まだ携帯電話はなくポケベルの時代でした。国武万里 『ポケベルが鳴らなくて』が流行ったのが平成5年。

個人的に最も衝撃的だったのは平成13年(2001年)9月11日にアメリカでおきたアメリカ同時多発テロ事件です。現在のコロナ禍はジワジワ型ですが、9.11テロはあっと言う間に奈落の底に突き落とされた感じを受けたものです。


平成をふりかえる『平成美容開花』より。

見開き6ページで展開されている「平成をふりかえる」は下手すると何時間でも見ていられます。その年に起きた主な出来事だけでなく、「流行語」「音楽」「映画」が時系列で紹介されています。

親子で見るのもよいかもしれません。または恋人や夫婦同士でも。


ビューティーの30年「平成1〜10=ビューティ繚乱のつぼみ」『平成美容開花』より。

平成のトレンドメーク再現、アイメーク変遷など、写真やイラスト等のビジュアルで平成30 年間の変化を紹介しています。

また平成30年間の女性雑誌の美容記事から読み解いた独自分析や、ポーラ文化研究所が長年実施している美容意識調査のデータ分析も掲載しています。



【目次】
平成をふりかえる
ビューティーの30年
DATAからみるビューティーの変遷
25〜39歳のうるおいアップを発見
美白肌が目指すもの/「盛る」の30年
女性雑誌からみる平成アイメーク
DATAからみる10代のビューティー
「平成コスメ」情報はどこから?
令和を生きる私たちは



江戸の美白メーク『平成美容開花』より。

日本と西洋を中心に、化粧文化に関わる資料の収集と調査研究を行っているポーラ文化研究所だからこそ作れた一冊です。

ひとつ下に妹がいたこともあって、化粧やその時代時代の雑誌などはよく目にしていました。ただ「流行」という言葉が表すように、その流れはとても早くまとめて俯瞰することが出来ません。

それを平成という時代に的を絞り、丁寧に様々なアプローチからまとめたのが、この『平成美容開花: 平成から令和へ、美容の軌跡30年』です。

ポーラさんが出しているので多分利益度外視で作ったのでしょう。印刷や紙質もよく、テキストや資料、描き下ろしのイラスト満載でめちゃくちゃお得な一冊となっています。

化粧に興味がない人はいないはず。だって立派な人類の文化なのですから。



『平成美容開花』のみどころ
・平成 30 年間の女性雑誌の美容記事から読み解いた独自分析
・ポーラ文化研究所が長年実施している美容意識調査のデータ分析
「『平成コスメ』情報はどこから?」「DATEからみる10代のビューティー」
・「アムラー」「ナチュかわ」など平成のトレンドメーク再現、「バブル」から「オルチャン」まで!女性雑誌から見るアイメークの変遷など、写真やイラストで30年の変化を紹介
・美容ジャーナリスト/エッセイスト齋藤薫氏による寄稿
「平成から令和へ。この時代に立ち会うことができた私たちは、女性としてこの上なく幸運である!」


平成美容開花: 平成から令和へ、美容の軌跡30年
ポーラ文化研究所 (著, 編集)

「平成」は社会が激動した30年といわれます。この中で、美容意識も行動も大きく変わり、その発信者、主体者が大きく変化していきました。このような化粧・美容の変化を独自の視点でまとめたのが『平成美容開花』です。


ポーラ文化研究 HP:
https://www.cosmetic-culture.po-holdings.co.jp/
化粧文化データベース:
https://www.cosmetic-culture.po-holdings.co.jp/data/
Twitter:@POLA_bunken
Instagram:@pola_cosmeticculture
YouTube:
https://www.youtube.com/c/polacosmeticculture


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=6019

JUGEMテーマ:アート・デザイン



読書 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする