青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「燕子花図 と藤花図展」 | main | 生田真弓さんの「漆ポケット」 >>

蹴鞠の達人

エンヤの♪アマランタイン♪のBGMが心地よい
パナソニックのプラズマテレビ「VIERA(ビエラ)
DVDレコーダー「DIGA(ディーガ)」のCM

アマランタイン
アマランタイン

雑誌の広告でもひときわ目を惹きます。


女優・小雪が、パナソニックのプラズマテレビ「VIERA(ビエラ)」、DVDレコーダー「DIGA(ディーガ)」の新CMに出演する。今回のビエラCMは、平安調の屏風(びょうぶ)絵と現代スポーツのサッカーをオーバーラップさせるユニークなCMで、まるで美人画から抜け出したかのようなあでやかな黄色の着物姿の小雪が印象的。着物や帯は今回のCMのために作られたオリジナルで、2カ月かけて制作された。
[CM] 小雪 あでやか着物姿“いと美し”

小雪さんの魅力もさることながらCMの内容がとてもユニークです。

 2

 4



1、小雪さんが鞠を手にし、
2、屏風の絵の中にポンと放り込みます。
3、鞠はサッカーボールへ変わり・・・
4、烏帽子をかぶった一人がシュート!
5、するとボールは絵を飛び出し、また小雪さんの手に。

昨日、根津美術館の「燕子花図 と藤花図展」で観てきた
この一枚の屏風を自然と思い出させるCMです。


蹴鞠図」六曲屏風 桃山時代
(キャプションには「football」と一言)

さて、この屏風、右隻と左隻では描かれているものが全然違っています。
蹴鞠に興じている公家や高僧は右隻に。
左隻に描かれた従者は座って「早く終わらないかな〜」と談笑し
一人は大きく両手をあげてあくびまでしています。

水辺の低い場所(左)に従者が待ち、
建物が建つ高い場所(右)で蹴鞠。

左右でこれだけはっきりと身分差が出ているのも珍しいのでは?
なんだか現在の風潮のようでもあり嫌な感じさえしてしまいます。

さてさて、蹴鞠といえば、この人です。
蹴鞠の達人・藤原成通(1097〜1159?)サッカーボール

鎌倉時代の『古今著聞集』に信じられない達人ぶりが紹介されています。
二千日間蹴鞠を一日も欠かさずに続けたとか。。。
病に臥しても鞠を足にあてて寝たとか。。。
後ろ向きで蹴鞠をし二百会続けたとか。。。
詳しくはこちらで。

とにかく凄い人が平安時代にもいたものです。
(今だったらロナウジーニョに勝てるかな〜)

もう一人達人がいました。蹴鞠の。
その名は飛鳥井雅有(1241-1301)
「飛鳥井雅有日記」の作者でもあり、和歌の名手でもある人です。

この飛鳥井さんは、元々この家自体が蹴鞠の家だったので
上手くても当たり前といえば当たり前です。

因みに蹴鞠の家はお茶やお花と同じく家系制で
飛鳥井家と難波家の2家が存在していました。

華族一覧表見てみると難波家は現在では蹴鞠は継承していないようですが
飛鳥井家はいったん明治に途絶えましたが今は細々と。。。
明治36年(1903年)に設立された「蹴鞠保存会」にて受け継がれています。

テレビのニュースなどで目にする蹴鞠の映像はこの保存会の方々です。
(現在の蹴鞠保存会の会長は衣紋道山科流宗家・山科言泰氏)
京都の某所で毎週練習しているそうです。

京都堀川今出川にある白峯神宮で毎年4月に開催される
春季例大祭にて蹴鞠が行われるます

この神社には日本サッカー協会ボールを奉納したり、
球技がうまくなると評判の『闘魂守』なるお守りもあります。

「サッカーの神様」(ジーコじゃないです)がここ白峯神宮には
鎮座していらっしゃるのでしょうか??
どうやらそれは違うようです。
ここの神社がある場所、元々飛鳥井家の邸宅があった場所だそうです。
飛鳥井家=蹴鞠の家=サッカーの神様

洛中洛外図屏風(堀川通,今出川通,飛鳥井邸(蹴鞠))

今度、京都に行く際にはドイツW杯予選突破祈願でも
白峯神宮に立寄ってしてきたいと思います。
この絵馬奉納してきます!

アディダス 日本代表 ホーム レプリカ ジャージー SS ジャパンブルー/ホワイト L H8664 818189
アディダス 日本代表 ホーム レプリカ ジャージー SS ジャパンブルー/ホワイト L H8664 818189
その他 | permalink | comments(9) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

給水漕の警報音がピーピー鳴っていて寝られません。(T^T)
蹴鞠と言えば、行ったことはありませんが、
長野県上田市に私設で蹴鞠美術館があるとか。
http://www.naash.go.jp/muse/culture/ballgame.html
Jun | 2006/04/25 2:39 AM
「蹴鞠図」面白いですね。従者があくびしてますね。
主人たちの貴族的遊びを相対化する視線が描かれている
ということなのでしょうか。
そうそう、5月12日、楽しみにしています(^o^)ノ
| 2006/04/25 10:00 AM
ごめんなさい。先ほど署名し忘れました。
タテです(^^)
タテ | 2006/04/25 10:02 AM
こんばんは^^。
FSS脳内補完に失敗し全部読み直すべきか悩んでるshamonです^^;。

屏風の中の人間が動き出すあたり、NTTデータのCMを思い出します。日本古来の屏風の絵やダリの絵の中の動物や物が動き出すCMもありました。

また昔関西で流れていた大阪駅のアクティ大阪http://www.acty-osaka.co.jp/
のCMは
マグリットの「白紙委任状」
http://www.nittsu.co.jp/supp/2002kouhan/magritte/magritte_2.htm
をモチーフにしていましたよ。
shamon | 2006/04/25 7:41 PM
@Junさん
こんばんは。

流石、サッカーねたとなるとサポート早いですね。
いつも情報ありがとうございます。
ドイツでしっかり日本代表応援してきてくださいね。

警報音はやみました?

@タテさん
こんばんは。

そうでしょうね。左右でわざとこれだけ違えて描いているのですから。
蹴鞠の柵が左右を区切る斜めのラインとして効果発揮しています。
12日こちらこそ。
カレンダーにハナマルつけておきますね!

@shamonさん
こんばんは。

FSS私も全巻持っていますよ!
出るとすぐ買って読むのですが
繋がりはかなりアヤシイです。。。
ジュノーまでかな。なんとか。

マグリットの作品は古今東西しばしば
広告に使用されていますね。
「マグリットと広告」という本があります。
今はもう売っていないのかな〜
Tak管理人 | 2006/04/25 9:20 PM
名画をモチーフにしたCMといえば、コレ↓
http://www.secom.co.jp/cm/1994.html
FFS=Five Star Soryの事ですか?
むか〜し、月刊NewTypeで連載しているのを読んだような。
当時は、「機甲戦記ドラグナー」、「赤い光弾ジリオン」とかの記事があったような。
深夜に、1つのキーワードで色んなことが頭に
浮かんできました。
今日は、チャンピオンズ・リーグをテレビ観戦するために、
起きています。
Jun | 2006/04/26 3:38 AM
@Junさん
こんばんは。

セコムのCM初めて知りました。
関東でもこれ流れていました??

FSSは永野護氏の作品です。
百式やハンブラビをデザインした人です。
ある意味異端者。
ある意味神。

新しい作品を手がけるそうです。
ちゃんと完成するのかな〜
Tak管理人 | 2006/04/26 10:32 PM
Takさん、こんにちは
「燕子花図と藤花図」の記事ですが、こちらにもTBさせていただきました。

ちょっと前までは天皇杯の決勝で蹴鞠をやっていたのですが、最近は見ないですね〜
リンク先で蹴鞠のルールを見ましたが、右足だけでリフティングするとか!!!俊輔は無理かもしれないですね(笑)
それから中山魂の継承者でもう一人忘れていないですか?
高原ですよ〜最近はおとなしくなってしまいましたが、本大会では期待したい一人です。
アイレ | 2006/05/21 5:56 PM
@アイレさん
こんばんは。

高原の合宿に合流した時のコメントがいけてました。
泥臭いプレイ期待してます。
巻とのツートップはドロドロですね。。。
そうすると玉ちゃん出番なし?!

俊輔なにやら毎日嬉しそうですね。
よほど4年前悔しかったんでしょうね。

annexへもコメントありがとうございます!!
Tak管理人 | 2006/05/22 11:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
燕子花図と藤花図5月5日 根津美術館(会期終了)  5月7日をもって長期休館に入った(再開は2009年秋を予定。)根津美術館のレポです。 毎年この時期は恒例の尾形光琳「燕子花図屏風」の展示が行われていますが、今回は円山応挙「藤花図屏風」も含めた根津美術館所
燕子花図と藤花図 | 青色通信 | 2006/05/21 5:46 PM