青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「風神雷神図屏風」もいいけど… | main | モリスの掛時計 >>

「ミンモ・イョーディチェ写真展」

イタリア文化会館で開催中の
「ミンモ・イョーディチェ写真展 レンズを通して語る地中海の神話-Mito Mediterraneo-」に行って来ました。



サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会出場選手の話題で
昨日からマスコミもちきりですが、今からそんなテンションあげなくても…

同じ15日にイタリア代表登録メンバー23選手も発表になりましたね。
GK:ブフォン、ペルッツィ、アメリア
DF:ザンブロッタ、カンナバロ、ネスタ、グロッソ、バルザーリ、ザッカルド、マテラッツィ、オッド
MF:カモラネージ、ガットゥーゾ、ピルロ、ペロッタ、デロッシ、バローネ
FW:トッティ、トニ、デルピエロ、ジラルディノ、インザーギ、イアクインタ
Kappa スウェットトップ イタリアンブルー O KM610625
Kappa スウェットトップ イタリアンブルー

久々にウイイレでもやってみようかな〜と気を起こさせる面子。
インザーギ、ガットゥーゾ、マテラッツィは「自分のチーム」でも
活躍しているので選出されて嬉しいです。

で、この「ミンモ・イョーディチェ写真展」。

今年初め頃ニュースでも取り上げられ、真っ赤な外壁で一躍有名になった
イタリア文化会館で開催されています。(6月25日まで)

山種美術館の帰りにこの真っ赤な建物の前を通るとなにやら
ポスターらしきものが貼られていました。

自然に脚が会場へ吸い寄せられるように…

入場は無料でした。
でも誰もいませんでした。係りの方以外には。
静かな空間でこの写真展観るとちょっと恐い感じ。


このような写真がずらり。
古代の石像も彼の手にかかれば永い眠りから覚めたように見えます。

イタリア代表の誰かに似てないかな…マテラッツィ?!
(これ見て4年前のイタリア対韓国戦思い出した方は結構お好きですねサッカーボール

Mediterranean (Aperture Monograph S.)
Mediterranean (Aperture Monograph S.)
Mimmo Jodice, George L. Hersey, Predrag Matvejevic


ブロンズ像もこの通り。
ロナウジーニョの如き動きを見せています。

「パス!パス!!」なんて声聞こえてきそう。。。

Inlands: Visions of Boston
Inlands: Visions of Boston
Mimmo Jodice


風景写真もありました。
モノクロ写真+海=杉本博司を思い出してしまいますが、
杉本の写真とは違いイョーディチェの作品には「動き」が見られます。

杉本が動いているものを静的な世界へ誘ったのに対し
イョーディチェはその逆です。
動かないものをあたかも動いているように撮影しています。

観ている自分がある場所に引きつけられるような錯覚さえ感じます。

「ギュィーーーン」安っぽい効果音さえ聞こえてきそうです。

Mimmo Jodice Light
Mimmo Jodice Light
Mimmo Jodice, Walter Guadagnini, Enrico Gusella

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている
「ポンペイの輝き」展と連動してこちらで開催しているようです。
(チラシも置いてありました)

目の前に真っ赤なビルが出来て驚いている二松学舎の学生さんも
折角だから建物の中見学がてらスピード感ある写真観てくるとよいかと。。
欧米の著名な美術館や写真センターで個展が開かれ、高い評価を得ているイタリアを代表する写真家ミンモ・イョーディチェの写真展を開催します。
ナポリに生まれ、写真家としてのイョーディチェの原点にあるのは、西洋文明のルーツと言われる地中海世界です。 幼い頃から親しんできた古代彫刻や遺跡にみる時間や場所のうつろい、人間の存在のはかなさ、そして神話の世界へ想いを馳せながら、古代ギリシア・ローマへの省察と古代地中海文化の精神性を解く鍵を求めて80年〜90年代にかけて"地中海"を撮影しています。その中から40点を展示し、静謐さと緊張感の漂う独自の表現言語に昇華された美しいモノクロームで展開される神話の世界を紹介します。
展覧会 | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

Takさん、こんばんは。
山種美術館の帰りに寄ったのですが、写真を見て、とても新鮮な感じをもちました。
思わず、良い写真展に出会うことができて、得をした気分になりました。
TBさせて頂きました。
mako(雑感ノート) | 2006/05/17 2:55 AM
@makoさん
こんばんは。

山種の帰りぶらりと立寄りました。
行きは千鳥が淵歩いていったので
分からなかったのですが、帰りに
この前通ってみてよかったです。

TBありがとうございました。
Tak管理人 | 2006/05/17 11:39 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
イタリアの写真家シンモ・イョ
レンズを通して語る「地中海の神話」 | 雑感ノート | 2006/05/17 2:43 AM