青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 京都冷泉家「国宝 明月記」展 | main | 映画「オランダの光」 >>

三菱・岩崎家の茶道具─父子二代蒐集の至宝─

静嘉堂文庫美術館で開催中の
「三菱・岩崎家の茶道具」展─父子二代蒐集の至宝─に行って来ました。



国宝 曜変天目茶碗 稲葉天目 大名物 稲葉家伝来
国宝 伝 馬遠筆 風雨山水図 
   竹一重切花入 銘「老婆」江月宗玩作
重文 油滴天目茶碗 藤田家旧蔵
   灰被天目茶碗 銘「埋火」小堀遠州所持、堀田家伝来
重文 井戸茶碗「越後」薩摩屋素朴所持
   玉子手茶碗 銘「小倉山」松屋常慶所持
   黒楽茶碗 銘「風折」長次郎作
   古瀬戸芋子茶入 銘「雨宿」中興名物 小堀遠州所持
重文 白磁刻花蓮花文輪花形水指 前田家伝来
重文 青磁浮牡丹文太鼓胴水指 鴻池家伝来
   砂張鮟鱇水指 川上家(江戸千家)伝来
   備前四耳茶壺 銘「しきしま」仙台藩茶道頭清水家伝来

小さな美術館の小さな展示室にこれだけのお宝がずらりと揃い展示されていると
それなりの迫力さえ感じさせられます。

タイトルにもあるとおり、これらの展示品は全て、
三菱二代目社長の岩崎弥之助と四代目社長・岩崎小弥太の父子が、
明治初期から1945年ごろまでにかけて蒐集したものだそうです。

大名物・国宝「曜変天目茶碗」は、大正7年に東京美術倶楽部で
売りに出され、その時の価格は16万8000円。
現在の金額に換算すると約17億円!だったそうです。

恐るべし三菱。。。

そして現在、私のようなものでも、入館料800円さえ払えば
この大名物をこの眼で間近に観るとができれるのは幸せなことです。
ありがたや。ありがたや。

この曜変天目については、本館のページにまとめてあります。
曜変というのは、内部の漆黒の釉面に結晶による大小さまざまの斑紋が群れをなして一面にむらむらとあらわれ、そのまわりが瑠璃色の美しい光彩を放っているのものを指しています。

 虹のような光彩は、ことに曜変独特の神秘な魅力をなすもので、その成因は釉上の極微の薄い膜によるものといわれています。曜変の名は茶人がつけたもので、窯変から出ているが、星のような斑紋にもちなんでいるそうです。曜変は室町時代から「建盞の内無上也、世上に無き物なり」と、その言語に絶する美しさを絶賛されていますが、その遺品はきわめてまれで、本場の中国にも欧米にも絶無で、世界中で日本だけにしかない貴重なものなのです。(静嘉堂文庫美術館、大阪藤田美術館、京都大徳寺竜光院)
11月13日の日本経済新聞の文化欄に
「曜変天目誕生の謎に迫る」と題した記事が掲載されていました。
掲示板で知らせていただき、次の日に読んだのですが、その中で
この日本にしかない曜変天目は実は中国では当時『規格外』の品だったとの
意見がありましたが、これはいかがなものでしょうか?

これについては後ほどゆっくりと。
以下プレスリリース
茶道具は、茶室で鑑賞される絵画や書跡、点前で扱われる陶磁・金工・漆芸品、「名物裂」と称される染織など、材質や形態も多種多様な文物が結集しています。制作地も東アジア圏を超えた広がりをもつもので、ここに茶の湯の道具にとどまらない美術工芸の粋を見ることができます。
今秋静嘉堂では、岩崎彌之助・小彌太の父子二代が、明治初期から昭和二十年頃にかけて蒐集した茶道具コレクションのなかから、名品を精選し展示いたします。足利将軍家より伝来した「付藻(つくも)茄子」、松本珠報−織田信長−豊臣秀吉へと伝わった「松本茄子」茶入をはじめ、千利休所持で伊達家伝来「青磁鯱耳花入」、前田家伝来の重文「(定窯)白磁輪花形水指」、稲葉家伝来の国宝「曜変天目」、松平家注文の原羊遊斎作「蒔絵大棗」といった大名家旧蔵品、また豪商・数寄者・茶人に伝世した道具類が揃います。どうぞご期待下さい。
展覧会 | permalink | comments(11) | trackbacks(4)

この記事に対するコメント

こんばんは。

私も、静嘉堂文庫で曜変天目茶碗を見て来ました。他の2点は国宝展でだいぶ前に見たので全部見たわけですがこれは一番華やかですね。
私は展示室内を2回もまわってもお目当ての曜変が見当たらないので「曜変天目はどこですか」とも恥ずかしくて聞けず困ってしまいました。ロビーに出てみたら、ガードマンが立っていて何やら向うにガラスケースがあり、漸く見つけました。今回は自然光の中に展示ということであんな所に展示してあったわけです。
青い星座群の小宇宙を四方八方から鑑賞して来ました。
静嘉堂文庫美術館の門から入口までの山道がいいですね。東京とは思えない雰囲気です。
今では、曜変天目茶碗を再現して造られている方がいるようですね。
宗恒 | 2004/11/22 10:57 PM
こんばんは.

静嘉堂文庫にいってきました.
曜変天目かっこよかったです.

茶道具って見てると使ってみたくなりますね.
おけはざま | 2004/11/24 12:48 AM
@宗恒さん
コメントありがとうございます。
前回くらいから自然光の当たる場所に展示するとの
ことであそこへ曜変天目茶碗移動させて展示してあるようです。
自然光で観る曜変天目茶碗もいいのですが
欲を言えば暗い展示室でも観てみたくなります。
以前展示室で観た時と明らかに発色違って見えました。

大阪の藤田美術館は懐中電灯を貸してくれます。
それを使って自分で光を当てて観ることできます。
洒落た趣向ですがこれがとっても良いんです。
空いていないとできませんけどね。

@おけはざまさん
曜変天目茶碗を何年か前に初めて目にした時の感想は
「ご飯食べてみたい」でした。
拙い。。。
情けなくなります。

でもあれでお茶はとてもとてもいただけません。
妖しすぎます。
Tak管理人 | 2004/11/24 5:52 PM
こんばんは。
今度はこちらからお邪魔して
TBさせていただきました。
やはりこういうものは
見られる時に見ておくべきですね。
茶碗ですから両の手の中に収まってしまうほどの
大きさしかないのに、
大変な存在感でした。
No hay banda | 2004/11/25 12:50 AM
@No hay bandaさん
実物は本当に小さく見えますね。
毎回毎回見るたびに小さくなっている感じさえします。
大阪の藤田美術館のは逆に毎回大きく感じるのですが・・・
日光に当てすぎて小さくなったのかと
アホなこと考えたりしながらずーーとながめてました。
うっとり。
ケースの小さな埃さえ気になりますね、完璧すぎて。
Tak管理人 | 2004/11/25 9:35 PM
TBありがとうございます。カジカジアートのmifoです。
私は茶器についてはまったく知識がないのですが、それでも燿変天目茶碗が見たいと思い立って静嘉堂へ足を運んでみました。
私のblogでも散々書いているのですが、「よう」を表す漢字が曜、燿、耀と3種類あるのが気になって気になってしょうがないんです。
静嘉堂の方に質問してみようと思っているのですが……
mifo | 2004/11/26 11:15 AM
@mifoさん
コメントありがとうございます。
私も茶碗、焼き物に関しては全くの素人です。
ただ、あの妖しい青色に惹かれて曜変天目追いかけています。
さて、漢字についてですが、ようへんは「窯変」で
「曜変」や他の漢字は当て字のようなものではないかと思います。
また燿、耀の漢字としての違いはありません。
どちらも「かがやく」という意味を持つ同じ漢字として辞典に載っています。
これらの中で、一番多く用いられているのが「曜変」になります。
また、詳しく分かったらお知らせします。
Tak管理人 | 2004/11/26 5:09 PM
曜変天目を見に,静嘉堂文庫美術館にいってきました。
この美術館に行くのははじめてです。

真っ先に曜変天目を見たのですが,ポスターやHPのように青白く光ってなく,それほどでもないなあと思いました。
企画展示室の中の油滴天目のほうがずっといいと正直感じました。
ところが,企画展示をひととおり見て,もう一度みると,窓からの光によって,青白く妖しく光っていました。
思わず,角度を変えながら一周しました。
これが,曜変天目の魅力だったのか。と感嘆しました。
TAKさんが惚れるのも納得。
チケットどうもありがとうございました。




じゅん | 2004/11/27 10:21 PM
@じゅんさん
こんばんは。
静嘉堂文庫美術館いかがでした?
小さな美術館ですよね、岡本の住宅地にヒッソリと建ってます。
猫が沢山いませんでしたか?
こんな暖かな日にいかれたとなると、必ず2,3匹は目撃したのでは?

さてさて曜変天目。実際観ると小さな黒いお茶碗ですが
内側の輝きたるや驚き以外のなにものでもありません。
静嘉堂の油滴天目は大振りすぎませんか?

テラスのような場所に置かれた国宝も中々おつなものですよね。
Tak管理人 | 2004/11/28 9:52 PM
コメント遅くなりすみません!チケット本当にありがとうございました。行って参りましたよ〜。先生と。
自然光に当てた曜変なかなかでしたね。
私の先生は今までで一番良い展示方法と仰ってましたが、
私は東武美術館で観たような暗闇のなかでライト当てるほうが良かったなーと。
実際、あれでお抹茶いただく気もお点前する気もおきませんね。
って、そんなことあるわけありませんが(笑)。
鑑賞するお茶碗だなぁ。。。

それ以外の茶道具の数々も、素晴らしかったです。
お猿さんの絵のものが多かったのは気のせい?
もう今年が終わるからかな?岩崎さん申年とか?わかりませんが。

松本茄子(茶入)感動的です。眉唾なお話ですがどうやら本物みたいですね。仮に嘘だとしても、素晴らしいお茶入だなーと思って眺めていました。うん。良かった。

茶道具はどれも似たりよったりですが、私は「銘」がけっこう好きです。日本的だなって。どんな風に思いながら名付けたのかと想いをめぐらせるのがちょっと楽しい。

松花堂さんの茶杓「みちしば」とか、「またまたそんなご謙遜を〜!自信あるくせに!」とか言って見てました。
ひとつひとつ感想をあげればキリがないほど、じーっくり拝見してまいりました。

本当にありがとうございました!
nao | 2004/12/01 1:20 AM
@naoさん
コメントありがとうございます。
曜変天目ではお茶頂戴したくないですよね。
むかーーし始めてあれ観た時の感想・・・
「ご飯食べたい」でした
なんて貧弱な、、、情けないです。

自然光での展示ここ何年か続けてますが
以前のように展示室内で観る曜変天目も
私は好きでした。
自然光に当てると静嘉堂のものは
輝き過ぎてしまう感じがします。

藤田美術館はいつも暗い部屋に展示してありますが
あれをいつの日か自然光で見てみたいものです。
本によるとそれはそれは素晴らしい発色するそうです。

感想ゆーーーっくりでいいですから(^_-)
naoさんのページにupして下さいね〜
ゆーーーーーっくりでいいですよーー☆彡

Tak管理人 | 2004/12/02 8:13 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
三菱・岩崎家の茶道具 −親子二代蒐集の至宝−をみてきた.場所は静嘉堂文庫美術館.
三菱・岩崎家の茶道具(静嘉堂文庫美術館) | 昼間の青い月 | 2004/11/24 12:45 AM
2004年11月20日(土) 10月2日(土)から11月28日(日)まで世田谷・岡本の静嘉堂文庫美術館で開催中です。見所は何といっても南宋時代(12−13世紀)の中国で焼かれた国宝の曜変天目茶碗(稲葉天目)。黒い釉面に虹色の光彩を放つ斑紋を持つものが
〔展覧会〕三菱・岩崎家の茶道具〜父子二代蒐集の至宝 | No hay banda | 2004/11/25 12:40 AM
岩崎小弥太
岩崎小弥太 | トラックバックジャパン | 2005/04/15 10:12 AM
岩崎弥之助
岩崎弥之助 | トラックバックジャパン | 2005/04/20 2:39 PM