青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カタログ売り切れ「カルティエ展」 | main | 「迷宮美術館」レオナルド・ダ・ヴィンチの魔力 >>

情熱大陸 「美術作家・奈良美智」

長いことお世話になっていた「ふうらいアートTV番組表」が
新しい形態に移行し同時にメルマガも廃刊となってしまいました。

テレビをほとんど観ない私にとってはとても有り難い存在だったので
とても残念。(メルマガで事前に情報入手し「これは!」という番組だけ
ピンポイントで観ていました。)

便利なメルマガでお知らせしてもらっていたら
万障繰り合わせても時間通りにTBSにチャンネル合わせていたでしょう。
昨夜の23:00に。勿論、録画の準備も万端にして。

しかし、今回は事前にこの番組あること知っていたわけではなく、
イングランド戦を観ようとテレビ欄を見てビックリ!!
何とTBSの「情熱大陸」で奈良美智氏を取り上げるではないですか!!

奈良美智ポストカード 1 Puddle Flowers (1)
奈良美智ポストカード 1 Puddle Flowers (1)

それに気付きテレビをつけるやいなや、葉加瀬太郎さんのあのお馴染みの
テーマソングが流れてきて番組スタート。心の準備がまだ…

情熱大陸~葉加瀬太郎 SELECTION~
情熱大陸~葉加瀬太郎 SELECTION~

ちょっと待って!ビデオの準備が。。。
W杯用にビデオ録画予約してあるので
それを解除して。。。あたふた。。。

頭だけ録画出来ませんでしたが結果オーライ。
突然の出逢いにしては上出来です。

番組の内容はとーーても充実していて
30分が5分くらいにしか思えないほど。
あっという間でした。

This is a time of... S.M.L. yoshitomo nara + “graf ”
This is a time of... S.M.L. yoshitomo nara + “graf ”
永野 雅子, 奈良 美智


色々と新発見あったのですが
一番驚いたのは奈良氏の作品の制作過程。

「忘れな草」というタイトルの作品の出来るまでが紹介されていました。















これ観ちゃうと今までとは全然違う接し方をするはずです。
「単なるマンガじゃん」なんて揶揄していた人!
よくご覧あれ。

この一枚描き上げるのに3日間、アシスタントも無く
独り孤独に黙々と淡々と悩みつつ試行錯誤かさね完成させています。

奈良さん曰く。
まとめようとすれば最初からまとめられる。でもそれでは面白くない。

“みっちゃん格好いい〜”と「しんご」ばりにツッコミ入れたくなります。

途中で「なんか違うんだよな〜」と悩み考える姿も良いです。とても。
(髪型変えてみたり、アクリル絵具早く乾かす為に扇風機回してみたり。)

倉庫のようなアトリエにはお気に入りのロックがBGMとして流れ
日に40本は吸うというタバコを銜えつつ作品に対峙します。

奈良美智×村上隆 ニューポップ宣言
奈良美智×村上隆 ニューポップ宣言

番組内のインタビューに登場していた村上隆氏が
「奈良君は唯我独尊だから。。。」と言っていたのが印象的。

アルゼンチンババア
アルゼンチンババア
よしもと ばなな, 奈良 美智
よしもとばななの書き下ろし小説。それに加え、世界的アーティスト、奈良美智の描き下ろし絵画16点に撮り下ろし写真40点。全文英訳文も同時掲載の、まさに世界が待っていた日本人アーティストによるコラボレーション作品。

また、よしもとばななさんはインタビューで
「奈良君から絵を取ったら何も残らない。社会生活に適応できない人。
 でも一つのことだけに専念して生きられるのが羨ましい。」
なんてコメントしていました。

46歳独身。
アトリエ兼住まいは元工場。


朝起きて、アトリエで絵を描き疲れたら寝る。
その繰り返しの毎日。

奈良さんのこんな言葉が象徴的でした。
画家を「仕事」として選んだんじゃない。「生き方」として選んだ。

やっぱり格好いいです。道を極めた人の言葉は。
フツーここまで到達するまでに挫折したり断念したりしちゃうものです。
そして妥協しつつ生活を送る。。。

【改訂版】奈良美智作品集『Nobody knows』
【改訂版】奈良美智作品集『Nobody knows』
奈良 美智, 山本 誠


タイで開催された展覧会の準備に勤しむ奈良さんの姿が後半
テレビに映し出されていました。
積極的に現地の人と交流している様子は少し意外でした。

奈良さん自身も日々変化している証左なのでしょう。
現地の音楽を聴きながら人前で作品を描いていました。

昔描けなかったものが今は描ける。昔描けたものが今は描けない。

孤独に黙々と修行僧のように絵を描いていたころの作品と
現在の作品を見比べるとかなり変貌を遂げているのが分かります。

Slash with a Knife 改訂版
「Slash with a Knife 改訂版」 奈良 美智

↑昔の作品(ツンツンした感じの少女です)
↓今の作品(やさしさ感じられる少女です)

映画 日本国憲法 [DVD]
映画 日本国憲法  ジャン・ユンカーマン

映画日本国憲法のサイトにも奈良さんの作品使われています。

更に、つい最近の作品となるともっとやわらかな印象受けます。
(タイトルは「酸性雨」なんですが。。。)


「ちくま」423号表紙

昔描けなかったものが今は描ける。昔描けたものが今は描けない。

iPodでアートを持ち歩こう!ART STAR:奈良美智「Take Me There」
iPodでアートを持ち歩こう!ART STAR:奈良美智「Take Me There」


最後にこの夏に奈良さんの故郷・青森で開催される個展の準備の様子
映し出されていました。今年の夏は青森か!?

詳しくは→「YOSHITOMO NARA + graf A to Z」展公式ウェブサイト

YOSHITOMO NARA + graf A to Z
会期 = 2006.07.29(土)-10.22(日)
会場 = 吉井酒造煉瓦倉庫 (青森県弘前市吉野町2-1)
開館時間 = 10:00 - 19:00 ( 入場は18:30まで )
休館日 = 月曜日( 7/31は開館) ※月曜が祝日の場合は火曜休館
入場料 = 一般1000円 大学生・高校生700円 中学生・小学生300円 
主催 = A to Z 実行委員会


ホットコーヒー南青山の「A to Z cafe」の記事はこちらです。
美術作家、奈良美智。46歳。
彼が描く、何かを見据えたような眼差しの少女の絵を、だれもが一度は目にしたことがあるだろう。見る者をグッと見つめ返す瞳がちょっと怖くもあるような。
最近、国際的な評価を得る日本の現代美術作家が増えてきたが、その中でも、先鞭を付けた一人が奈良であり、代表格でもある。その作品はMOMAに収蔵され、世界各地から展覧会の声がかかる。そう、「世界的アーティスト」奈良美智。けれども、そんな立場に一番違和感を感じているのは、奈良自身だった。
この夏、奈良にとって最大の個展「AtoZ」が、彼の故郷・青森県弘前市で開催される。全てが、ビジネスやアートの常識から外れているというこの展覧会で、奈良が表現したかったこととは…?
モダンアート界の”巨匠”の心の内に迫る。
TV番組 | permalink | comments(15) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

Takさん
この夏は、青森に行きませう。
ねぶたの時期は宿取れないから無理だと思うけど。

7月には県立美術館がオープン(by 青木淳)。前売り買いました。
隣は山内丸山。

うーんと離れているけど、同じ市内に、国際芸術センター青森(by 安藤忠雄)もあります。

弘前に回って、吉井酒造煉瓦倉庫。
ついでに前川の市民会館と博物館etcもあります。

さらに、ついでに、青森に戻って、土蔵の画家ってのもあります。
阿部合成のいとこだそうです。
http://www.ken-tsuneda.com/ken/ken.html

北上しながら、仙台、盛岡の県立美術館に寄るのもいいと思います。
岩手県立美術館はちょっとすごいです。
今年行った常設展では富山県立近代美術館と並んで、おどろ木ももの木でした。
鼎 | 2006/06/26 11:19 PM
おまけです。
青森県庁は、あの谷口吉郎の設計だそうです。
あぁ、驚いた。
鼎 | 2006/06/26 11:36 PM
こちらからもTBさせていただきました。
ちくまの表紙は初めてみました。この表情は一番柔らかいですね。
冷静に考えると46才のおじさんなのですが、そう見えないところがすごいです奈良さんは。
さて、AtoZはいつ行こうか迷ってるところです。
夏休みは混むのかなあと思いつつ、でも早く見たいんですよね。
あおひー | 2006/06/26 11:44 PM
ひゃーっっ。知らなかった、『情熱大陸』でナラトモ。
作品ができるまで、見たかったな。

奈良美智の美術展は、2年くらい前?に
原美術館で開催されたのを見たことがあります。
あの展覧会を見て、私は奈良美智が好きになったのです。
直に作品を見たら、その痛さとか切なさとか
あふれ出る何かにグサッとやられたのですよ。

たまにはTV欄も気にしなきゃ。ふぅ。
菊花 | 2006/06/26 11:55 PM
そんな番組されていたのですね〜〜(+_+)
わたしもジックリ番組表をチェックするほうではないので・・・
奈良美智 ・・・作品ができる過程ってどの作家さんも普通は見ることもないし。。。見てみたかったです!

あのコ憎たらしい女の子・・・(笑)好きです。

余談ですが藤田嗣治の描く子どもの顔となんなく似てると思いません?
十六夜 | 2006/06/27 8:04 AM
私もかなりギリギリで知り見る事が出来ました。
内容濃かったですよね。
女の子の顔が昔と変わっていっている事と、
その理由・内容に納得でした。

AtoZ行きたいなぁ・・・。
KIN | 2006/06/27 9:13 AM
お久しぶりです。
この情熱大陸みました。奈良さん好きなので。
ってか、かっこいい方でした。思わずほれてしまいました。
あんまり人物が前に出るの嫌うので
あんなにしゃべる奈良さんははじめて。
彼の展覧会NYのギャラリーで見たことあります。
ギャラリー全体にこだわりがあってすごいな〜って思ったんですよ。あんなふうに創ってくんですね〜。
sai | 2006/06/27 9:39 AM
@鼎さん
こんばんは。

夏はハウステンボスもいかねばならぬし
これで青森もとなると大変なことに。。。

色々見所ありますね。
太宰の生家にも行ってみたいです。

ストーブ列車は…時期ハズレか。。

岩手県立美術館さっそくチェックしてみます。
富山と並ぶとあればこれはかなりのものですね。

しかし、そんな時間あるかな??

@あおひーさん
こんばんは。

「僕らは傘をさして歩いている」
なんて奈良さんの詩まで「ちくま」には載っています。
本屋さんで聞けばまだあるかもしれません。
レジ脇とかに置いてある薄い本です。

>AtoZはいつ行こうか迷ってるところです。
やはり行かれるのですね。
流石あおひーさんです。

@菊花さん
こんばんは。

原美術館でやりましたね。
あの一部まだ原に常設展示として
残されていますね。

最近のやさしい雰囲気の子のほうが
実は恐かったりして。。。

@十六夜さん
こんばんは。

W杯のおかげです。
ビデオちゃんと撮れていたら
お送りしてもよかったのですが
残念ながら中途半端です。

藤田の子供は「小さな大人」のようですね。
奈良さんの以前の作品は
確かに藤田の子供に似ているように思えます。

@KINさん
こんばんは。

濃かったです。
今年は濃い緑茶が流行るそうですが
それにも増して濃かったです?!

奈良さん自身が「子供」のように
天真爛漫なのだと分かりました。

@saiさん
こんばんは。
コメントありがとう〜

観ましたか!
確かに惚れてしまうかもしれません。
作品に直向にむかう姿とか
心とらえるものあります。

>彼の展覧会NYのギャラリーで見たことあります。
そうなのですか!
それはそれは。
今度飲んだ時聞かせて下さい。様子を。

南青山のカフェもお勧めですよ。
Tak管理人 | 2006/06/27 7:23 PM
こんばんは。
「情熱大陸」は毎週観てるので私もしっかり観ました。

凝りに凝った絵も大変ですが
こういったシンプルな絵のほうが
かえって難しいんじゃないでしょうか。
奈良さんが”迷いのない線”を描くまでに費やした時間は
相当なはず。
一流アニメーターにも言えますけど。

>番組内のインタビューに登場していた村上隆氏が
>「奈良君は唯我独尊だから。。。」と言っていたのが印象的。
これには噴出しました。心の中で山ほど突っ込み(笑)。
shamon | 2006/06/27 8:18 PM
Takさん
Toshi館長には悪いですが、夏はやはり暑さを避けて北でしょう。
長崎は遠いです。直島にも行きたいし。

富山県立近代美術館は、地方都市に何でこんなに内外の近現代の作品が!!!、でしたが、岩手県立美術館の常設には、印象派なんかの国外の作品は一枚も有りませんでした。オール地元です。通常の常設展の他に、萬 鐵五郎展示室や松本竣介・舟越保武展示室があります。
建物もなかなかすごいですが、冬は暖房費がかかりそうです。

「情熱大陸」は、めったに見ないのですが、今週はちょうどサッカーの合間だったので、偶然に最初から見ました。
今年の夏は忙しいです。吉井酒造煉瓦倉庫もきちんと予定に入れておかなければ。青森県立美術館にも、奈良美智の展示室が、準備されているのではないかと思います。なんか建物がバカデカイといううわさです。
鼎 | 2006/06/28 1:18 AM
@shamonさん
こんばんは。

こんなに試行錯誤しながら
描いている作品だと思っていなかったので
新鮮な驚きがありました。
色を重ねていくのにもビックリ。

奈良さんと村上さん同じようで
全くタイプの違う人ですね。
それもまた興味深いところではりますが。

@鼎さん
こんばんは。

第一目標…長崎
第二目標…青森
第三目標…金沢
以下多数。

ただし時間がありません。。。
第一目標クリアできれば御の字です。

岩手県立美術館の常設観たいです
そんなに凄いとは驚きです。

サッカーのおかで私も観られたようなものです。
ありがたや。

今年の夏は仕事が忙しそうです。(忙しい)
来年の夏も同じく。
でも間隙突いて一つくらいは。。。
Tak管理人 | 2006/06/28 5:29 PM
奈良さん大好き!お母さんが昔ギャラリーユマニテで買ったドローイングが家にある、今はこうぶんこうぞうさんてアーティストを応援しています!
らら | 2009/07/17 5:16 PM
@ららさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

ドローイングがご自宅に!
それは凄いですね!!
手放すことなどなきように。
Tak管理人 | 2009/07/18 8:01 PM
奈良さんの作品は母が奈良が好きで買ったみたいです。アート好きは母から感染したみたいです。こうぶんこうぞうさんは元男性です。今は女性アーティストとして頑張ってます。本当は子どもを産んで育てたかったというコンセプトで書く彼女の作品は彼女にしか書けない世界です。一人でも多くの方に見てもらえたら嬉しいです!幸せを感じていただける作品です。
らら | 2009/07/27 3:37 PM
@ららさん
こんばんは。

お母様がお買い求めになられたのですか。
先見の明があると言いますか相当な目利きで
いらっしゃいますね。今から考えると。

こうぶんこうぞうさんのサイト
拝見させていただきました。
Tak管理人 | 2009/07/27 4:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
今の今までみてました、情熱大陸。 これ、TBS系で放送されてる番組で、毎回いろんなひとを密着取材してる。 今日はなんと、奈良美智さんが出てたのです。 こうやってテレビに出るのってかなり珍しいと思います。 これもAtoZに向けてってことなんですかね。 さて、
奈良美智さんが出てた!(情熱大陸) | あお!ひー | 2006/06/26 11:36 PM