青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
アーティストユニット「flugsamen展」
南青山のトキ・アートスペースで開催中の個展
アーティストユニット「flugsamen展」に行って来ました。



ドイツ在住のseedsbook(福島世津子)さんと乾久子さんによるユニット
「flugsamen」(飛行種子)

seedsbookさんはかねてよりblog『散歩絵、記憶箱の中身』を
通じて大変お世話になっています。

久々に日本に帰られ個展を開かれるとご連絡を頂いてました。

念願叶って、本日やっと会場へ足を運ぶこと出来ました。
そしてseedsbookさんともお会いすることできました。

初めてお会いしたはずなのに、旧知の友人の如く
会話がはずむのはやはりseedsbookさんの紡ぎだす
言葉の力ゆえなのでしょう。きっと。

ブログに書かれた文章から想像していた通りの方でした。

そんなseedsbook(福島世津子)さんと乾久子さんによるユニット
「flugsamen・飛行種子」の国内でははじめての個展。

「flugsamen・飛行種子」という一見変ったユニット名について
福島さんはこのようにコメントされています。
今年はじめ、我々のユニット名をflugsamen=飛行種子とすることに決定した。なぜなら、我々の作品は種のようなものであると思うからである。それはほんの小さな粒に過ぎないかもしれないが、意外な“場所''に到達して芽を出す可能性を含んでいるのだ。乾久子さんは日本で活躍する傍ら、ドイツに於いても発表を続けようとしている。つまり彼女の作品と彼女自身は日本とドイツを飛ぶ種子となる。私も同様ドイツから日本へ種を運びたいと考えている。そんな我々の気持ちを表す名としてのflugsamen=飛行種子だ。

その「flugsamen・飛行種子」の記念すべきスタートの作品は
“写真対話”
これまた聞きなれない言葉です。
福島さん!お助けあれ。
今回ひとつの一共伺作品として“写真対話”を姶めてみた。写真家では無い我々の写真はつたないスナップ写真である。しかし写真を“写真”として展示することが我々の目的ではない。目常の中で見つけたある風景や物を掬い上げてはインターネット経由でお互いに交換し合い、何気なく頭に浮かんだ一言を返したりする“対話”作業だ。この作業は今後も続けるつもりでいる。このインターアクテイブな作業を綻ける事によって見えてくるもの、輸郭は次第に明確に現れてくる物だと考えている。

で、これがその作品たち。


発信者は福島さんであったり乾さんであったり様々。
また送信している写真も色々。ただ、やはり個性が見え隠れして面白い。
さらに面白いのがやはり「対話」。

言葉を大切にする二人ならではの短いながらも感性溢れる
コトバがそれぞれの写真にキャプションのように取り付けられています。

日本語であり、時にドイツ語でもあり。

この作品を観ていると福島さんと乾さんは、
心の底まで理解しあった友人。知音の如く思えてくるのですが
意外や意外。お聞きしてみるとまだお二人は出会って二年ほどだそうです。

出会いの場所はドイツだったそうです。

この二人の共同作品、始まったばかりですが
これからの成り行きがとても楽しみです。

何せまだ「飛行種子」ですからね。
これから具合のいい場所見つけタンポポの種のように
ふわりと着床し、素敵な「芽」を……



ここからは福島(seedsbook)さんの作品をご紹介。



さて、さて帰宅してインタネでニュースをザ〜と見ていると
なんと、今日は東京でも30度を越す暑さだったようです。
各地で7月下旬から8月上旬並みの陽気となった。東京・大手町でも31度まで上がり、近くの日比谷公園ではスズメが噴水で水浴びする姿も。

ギャラリーの中は外に比べればさほどではありませんが
スーツにネクタイ姿にはちょっとだけ暑かったです。

わけがあります。暑いには。

↑の画像、福島さんの作品です。
天井から糸で沢山の「種」(「プロペラ」)が垂れ下がっています。

これ本来はこのように床に仰向けに寝て
天井を見上げるようにして鑑賞する作品だそうです。


今回は床に乾さんの作品「種子」が展示してあるので寝転べません。
でも、かがみこんで観ること可能です。



一つ一つの「種」(「プロペラ」)には違う「言葉」が書かれています。
これを無作為に選びつなぎ合わせると「詩」になる仕掛け。

「プロペラ」は角が無くとても柔らかな感じを受けます。
有機的な感覚を観る者に与えます。だから寝転んで
無防備な状態で観ても人によっては安らぎさえ感じるのでしょう。

これこそまさに「飛行種子」

更に福島さんがチョイスした言葉が書かれてあるとなれば言う事なし。

ただし、これこのようなインスタレーション作品ではないそうです。
元々の形態は「」。

←これぞまさしくseedsbook

この本を一冊買って丁寧に一枚一枚切り取り
糸をつけ、天井から吊るす。
鞄に入れて持ち帰り可能な作品。
ナイスです。グッド

さて、どうして暑いのか「種明かし」
二つ↑の画像の右上よく見ると…

そう、空調の吹き出し口がこちらを向いているの分かります。
冷房をつけると直接「飛行種子」には冷風は当たらないのですが
ギャラリー内の対流の関係からか「飛行種子」が乱れ絡まります。



小さな「種」に細い糸で吊ってあるだけです。
微細な風の流れを受け絡まってしまいます。
私がお邪魔している間もギャラリーの方が気をつかってか
クーラーつけて下さったのですがたちどころに作品が乱れてしまいました。
(すぐさまオフ)

福島さんは配置のこと気になさっていましたが、私はこれで良いと
思いました。「種」に機械から吹き付ける冷風をあてないためには。

冷たい風にさらしたら、発芽しなくなってしまいますからね。



こちらの作品群は「閉じ込められた種子たち」(ザンブロング)
描いたドローイング作品の上からコーティングが施してあります。

質感を画像からはお伝えするの難しいのですが
とてもやさしい、これまた有機的な感じのする作品です。

ドイツの焼き菓子「バウムクーヘン:Baumkuchen」の周りについている
白い甘い部分がこの「閉じ込められた種子」観て頭に思い浮かんだのですが
流石に恥ずかしくてそれ本人の前で言えませんでした。。。
←ズバリこのイメージ!?


まだ、まだお話したこと山ほどあるのですがこの辺にしておきますね。
もう一度書きますが。。。↓

初めてお会いしたはずなのに、旧知の友人の如く
会話がはずむのはやはりseedsbookさんの紡ぎだす
言葉の力ゆえなのでしょう。きっと。

それは彼女のblogを少し読んだだけでも明らかです。
散歩絵、記憶箱の中身

そうそう、blogに書かれていた「Keimzelle=発芽細胞」齧られた事件。

その齧られた「発芽細胞」も展示してありました。
齧られたあとはきちんと補修されていましたけどね。



会場行かれる方、確かめてみて下さい。

seedsbook(福島)さん。今日はどうもありがとうございました。
また今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

この展覧会は7月2日まです。

福島世津子(ドイツ在住)+乾久子
Sestuko Fukusima + Hisako Inui
「flugsamen・飛行種子」
(写真インスタレーション)

場所
トキ・アートスペースA.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332

おまけ

福島さんと乾さんにご挨拶し、
ギャラリーを後にすると小鳥の鳴き声がしました。

「あれ?飛行種子をついばみに小鳥たちがやってきたのかな?」と
思っていたら。。。

この画廊の上の階には小鳥屋さんがありました。
(行きは気が付きませんでした)



もしかしてこの場所選んだ理由、これじゃないですよね。。。


Seedsbookさん、サイトもあります。
他の作品はこちらでどうぞ。
私たちのユニット名であり今回の展覧会のタイトルでもあるflugsamenは邦訳すると『飛行種子』となります。ドイツと日本の間を『種』(samen)がゆきかい、そこから新しい何かを生み出したいと考えています。写真とコトバ、それぞれの作品をお見せします。
| 展覧会 | 22:32 | comments(9) | trackbacks(5) |
Takさん

早速行かれて、素敵なレポートを書いて
頂きまして、明後日、鑑賞しに行くのが
楽しみになりました(*'ー'*)♪

Lapisさんが明日、いらっしゃるので夜に
少しお会いします。ブログ仲間の方々が
皆さんお集まりになるそうです〜☆

お写真もとってもよく撮れています。
TBさせて頂きますね〜♪
| Julia | 2006/06/29 11:59 PM |

こんばんは!コメントありがとうございます。
Takさんの感想、とっても素晴しいです。

遠いので行けなかったけど、なんだかその場に行けたような!
なんともよいお話ですねー。
私は冬生れですが全てが芽生えてゆく春夏が大好きで。
だから桜もお花の後は新緑が綺麗だなぁと思うような
新緑マニアなので、seedsbookさんの、種子から発芽するという感覚は。
もう、大好きなんですよね。
楽しそうだなぁ・・・。
本で作品を家に帰って作れるっていうのも素敵ですねぇ。

seedsbookさん、きっと素敵な方でしょう〜。
不思議な浮遊感覚は、すてきと思って身につけられるものでもなさそうで、私がまだ幼いとき、草花がさーっと伸びている綺麗なプリントシャツを持っていて、それがとてものびやかで好きだったのですが・・・時を経てseedsbooksさんのイメージって伸びてゆき息づく生命力のような・・・。そしてシュールでもあり。寝転がって作品を拝見してみたいなぁ。

また、立寄らせてください!
| めりの | 2006/06/30 12:03 AM |

こんばんは。本日私も「flugsamen展」お邪魔してきました。まさにseedsbookさんのブログからにじみ出るお人柄がうかがえる作品だったように感じました。今回は、他にも初めてお会いする方がたくさんいて、なんか二重に楽しかったです(笑顔)。

takさんにもそのうち機会があれば、お会いしたいなあ〜とふと思ってしまいました。
| alice-room | 2006/07/01 1:54 AM |

takさん、こんばんは
僕も「flugsamen展」に行ってきました。
やはり暑かったです。(笑)
seedsbookさんの自作解説が聞けてとても面白かったです。
seedsbookさんは、ブログの記事からも想像できるように、とても素敵な方でした。時間がタップリあれば、もっとゆっくりとお話したかったです。
上で、alice-roomさんも書かれていますが、機会がありましたら、takさんともお会いしたいなと思っています。
| lapis | 2006/07/01 11:34 PM |

@Juliaさん
こんばんは。

拙い感想ですが
少しでもご参考になれば幸いです。

皆さんともお会いしたかったのですが
中々スケジュールが合いません。
残念です。
あと2年くらいすれば少しは…

TBありがとうございました。

@めりのさん
こんばんは。

福島さんのお話の何十分の一も
紹介できていませんが、それでも
彼女の紡ぎだす感性は十分
感じ取れるかと思います。

私も好きな季節は春です。
もっとも近年は花粉症に悩まされ
少々好き度も下降気味ではありますが。。。

植物はつくづくえらいな〜と思います。
あんな小さな種からキレイな花や
立派な枝、そして美しい緑の葉っぱを
生じさせるのですから。

私も是非、次回は
寝転んでみたいと思ってます。
福島さんのこれからの益々の
ご活躍期待したいです!

めりのさん。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

@alice-roomさん
こんばんは。

展覧会もご覧になれて
皆さんにもお会いでき
最高でしたね。。。
私は仕事帰り疲れたからだに鞭打ちつつ行ってきました。

>お会いしたいなあ〜とふと思ってしまいました。
へなちょこなヤツですが機会があれば是非!

@lapisさん
こんばんは。

暑かったですか^_^;
あの暑さもある意味作品の一部ですね。
クーラーの風は植物にはよくありませんから。

私ももっともっとお話したいな〜と思いました。
作者自身からエピソード交えてお話を
伺えるのはやはり大切なことですね。

福島さんと乾さんこれからの展開が楽しみです。

>takさんともお会いしたいなと思っています。
ヘナチョコでいい加減なヤツですが
お時間あれば是非!


| Tak管理人 | 2006/07/02 12:41 AM |

Takさん

私も展覧会へ行って参りまして、seedsbookさんとお会いして嬉しかったです〜☆

鑑賞会のことはどうぞあまりご負担に感じずに、お気軽にいつでもいらしてくださいませね〜♪私も真夏はボチボチとするつもりです。

Yukiさんにもどうぞよろしく(゚-^*)ノ 
| Julia | 2006/07/03 7:30 PM |

@Juliaさん
こんばんは。

福島さんイメージ通り言葉の達人でした。
楽しかったです。

展覧会は行き当たりばったりで行っています。
若冲だけは最近別ですけどね。
| Tak管理人 | 2006/07/03 8:46 PM |

TAKさん
素敵な記事を早々に書いて下さっていたようで有難うございました。光栄です。
私自身はオンラインがママならず今こうしてドイツに戻って又皆さんのところに訪問できるようになったとは、なんだか妙なものです。オンラインとオフラインの世界は全く別物ですね。でも、お目にかかれて大変嬉しく思いました今度は別の形でゆっくりお話できると良いなあ、と思いました。
全く暑いのに丁寧に見てくださって有難うございました。(感謝)
| seedsbook | 2006/07/11 5:21 PM |

@seedsbookさん
こんばんは。

その節は大変お世話になりました。
お忙しいなか、沢山お話聞かせていただき
とても嬉しかったです。
仕事の疲れも吹っ飛びました。
オンとオフの世界って考え出すと
ほんと奇妙なものですよね。
私も最近とみにそのこと感じます。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。
何年先になるか分かりませんが
フェルメールを観にドイツ行きます!
| Tak管理人 | 2006/07/12 12:50 AM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/682
告知: flugsamen展(飛行種子)による2人展− seedsbook(ドイツより)さんの個展鑑賞会
いつもブログではお世話になっております     『散歩絵、記憶箱の中身』  
| Floral Musée | 2006/06/29 11:46 PM |
flugsamen・飛行種子~感想
もったいなくもseedsbookさんの解説付きで展覧会を楽しんできました(笑顔)。普段何気なく見ているものを、ちょっとした視点から切り口を変えて捉えてみると、それがまた違って感じにみえて、なんか面白いかも? 微妙に動く飛行種子の動きが、静的なものから動的へ移
| 叡智の禁書図書館 | 2006/07/01 1:44 AM |
アーティストユニットflugsamen展
いつもブログでお世話になっている散歩絵、記憶箱の中身のseedsbookさんが南青山のトキ・アートスペースでアーティストユニットflugsamen展を開かれている。今回はドイツ在住のseedsbookさんに、お目にかかる良い機会なので、何人かのブログ仲間と展覧会場で待ち合わせ
| カイエ | 2006/07/01 11:22 PM |
『アーティストユニットflugsamen展』
 小雨降る梅雨の季節の中、いつもブログでお世話になっている「散歩絵、記憶箱の中身」のseedsbookさんがユニットflugsamenとして開催中の展覧会に行ってきました。開催中、と言っても実は今日が最終日でぎりぎり滑り込みとなってしまいましたが、丁度人の空いたところ
| Megurigami Nikki | 2006/07/03 1:59 AM |
アーティストユニット flugsamen展 - 鑑賞会 No.16-2006
domenica, il 2 luglio 2006 アーティストユニットf
| Floral Musée | 2006/07/03 7:24 PM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...