青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< “ユニクロ ソーホー ニューヨーク店” | main | 「現代植物画の巨匠展」 >>

とっておきは来週。

今夜の「美の巨人たち」30分では全然時間が足らない内容でした。
『外伝 京都日本画ルネサンス』と題された中身の濃いこと濃いとこ。
カルピスを水で割らずに飲むより濃かったです。

詳しいことは「美の巨人たち」のサイトに紹介されています。
番組の始めから↓でしたから、その中身の濃さ推して知るべしかと。

18世紀の京都の町では、幻の傑作を残した円山応挙、伊藤若沖、曾我蕭白、長澤蘆雪、与謝蕪村、池大雅の6名の画家たちが同時に活躍し、
イタリア・ルネサンスにも引けを取らない一時代を築き上げました。


「応挙、若冲、蕭白、芦雪、蕪村、大雅。」
架空のお茶会を開催するにあたり、この六人の席順を
どうすればいいか、主人と番頭さんであれこれ
考えめぐらせ悩んでいる様子が描かれていました。

これだけ個性的且つ才能溢れる絵師たちが
18世紀の京都に誕生したものです。

あらためて考えると凄いことです。

自分が学生時代に習った日本史では
蕪村、大雅、それに応挙までは
確か載っていましたが、残りの3人は
「用語集」にさえなかった人たちです。
(今の教科書はどうなのかな〜)

因みにお馴染みの辻惟雄先生のこちらの本にはばっちり6人揃って
紹介解説されています。今日の番組に出てきた作品と併せて。
日本美術の歴史
日本美術の歴史
p.310〜320 何と10ページも割いて紹介されています。

番組は6人をほんのさわりだけ、ちょっとずつ紹介していきます。
一人頭の持ち時間僅かです。

コメントをよせているゲストもこれまた贅沢な布陣。
辻惟雄先生、山下裕二先生、そして狩野博幸先生。

絵師の紹介と同じくコメントの時間もほんの僅か。
これまたもったいない。もっとお話聞きたい!!

奇想の系譜」を紹介しつつ辻先生から
コメントいただくなんてほんと贅沢です。
奇想の系譜
「奇想の系譜」 辻 惟雄
幻想の博物誌―伊藤若冲
狂気の里の仙人たち―曽我蕭白
鳥獣悪戯―長沢蘆雪



与謝蕪村、池大雅をまず紹介し、そして円山応挙へ。
更にここからが真骨頂、曾我蕭白、長澤蘆雪と続きます。。。

ここで番組終了時間。
あれ?!若冲は??

ここまで観て、なるほどと納得。
今日の放送は来週への導入編だったようです。
前フリですね。

そして来週7月8日。
現在、飛ぶ鳥落とす勢いの伊藤若冲登場!

タイトルずばり
伊藤若冲「若冲とプライス」

なんてことはない、4日、火曜日から始まる
この展覧会の宣伝も兼ねた番組。


プライスコレクション 若冲と江戸絵画展

7月4日(火)〜8月27日(日)
プライスコレクション 
「若冲と江戸絵画」展 
東京国立博物館平成館

巡回先
2006/9/23〜11/5 京都国立近代美術館
2007/1/1〜2/25 九州国立博物館
2007/4/13〜6/10 愛知県美術館

それでも、全然悪い気しません。
7月になったのも気付いていなかった自分には
「おいおい!もうすぐ始まるぞ!!」と
目覚まし時計のように知らせてくれたようなもの。

感謝感謝。

伊藤若冲大全
伊藤若冲大全
京都国立博物館, 伊藤 若冲, 狩野 博幸

因みに。。。
NHK「新日曜美術館」でも伊藤若冲取り上げます。
7月23日放送予定です。(多分)

&「アート・トップ」最新号でもどーーんと若冲の特集組まれています。

巻頭特集「若冲の衝撃波」
(これまた思い切ったタイトルを…)

今後しばらく京都の青物問屋のぼんぼんから目が離せません!
TV番組 | permalink | comments(9) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

私も「あれ?若冲は?」って思いました。
しかも番組始まってから録画ボタンを押したために、初っ端なの若冲の部分だけ見れなかったし・・(バカ)
(PCTVのため一瞬タイムラグが・・)
来週は是が非でも見ないと。そして録画しないとです。
初めて眼鏡かけながらTV見てしまいましたよ^^;
しかし、私のブログにも書きましたが・・・
旦さんの京都弁が・・・気になりまくりでした。
ものすごい違和感で、、、ちょっと番組に集中できなかった^^;
Banana | 2006/07/02 12:26 AM
@Bananaさん
こんばんは。

辻先生が監修したような内容の番組でしたね。
途中であの3人が登場しやっぱり〜と思いました。

これで、東博へ向け加速度付きましたね。
楽しみ楽しみ(^_-)-☆

旦那さんの京都弁は気付きませんでした。
東国生まれ東国育ちにはみな同じように聴こえます。
京都の方が聴いたらとっても違和感あるのでしょうね。

そういうのってとっても気になるものですよね。
Tak管理人 | 2006/07/02 12:53 AM
本当に盛りだくさんで濃い回でした。
3倍希釈で90分特別番組くらいにして欲しかったですが。
無理か。

これからテレビや雑誌がプライスコレクション関連を沢山取り上げてくれて話題になることを願いたいです。こちらも楽しみだなあ。
大の | 2006/07/02 2:00 AM
若冲展のポスターがめちゃくちゃ格好良いですね!
思わず釘付け。
美の巨人たち、こちら(愛媛)では木曜の午前中に放送されているのでなかなか見られません・・・・見たかった!
来週は録画します!
かよ | 2006/07/02 3:14 AM
こんにちは。
全体を紹介するのもいいけれど、ひとりひとりつっこんだ特集もやって欲しいですね(笑)。先生方のお話もあれだけだったとは、もったいないような、贅沢な?・・・。ともあれ、来週の若冲、楽しみです。
tsukinoha | 2006/07/02 6:21 AM
また、テレビネタ。。またもや見てない(ーー;)う〜〜〜見たかった。(テレビ欄チェックしなくちゃ。。。)関西方面テレビ大阪が映らない我が家ではUHFでないと見れないので何処でやっているかが微妙です(+_+)

京都弁。。。ドラマでもなんでも微妙なイントネーション気になること多いです。。きっと見ていたらわたしも集中できなかったかも。。

秋になったら京都にプライスコレクション♪今から楽しみで〜す
十六夜 | 2006/07/02 9:20 AM
今リンクを見て驚いたんですが・・・
若冲大全集ってこんな値段するんですか!?
これって京博で展覧会やったときの図録??
買ったような気がするんですが・・
(記憶間違いで買ってないかもですが)
プレミア付いて高くなってるんですか?
Banana | 2006/07/02 1:28 PM
 こんにちは。
 ダ・ヴィンチまで話を膨らませては、そりゃ時間も足りませんよね。彼と応挙の対比にエーッ、蕭白の優遇されっぷりに時間が。。。いよいよかと思ったらまたらいしゅー。見事なプロモーションでした(笑)。

 今回の中では応挙の氷図が衝撃的でした。若冲の巻物を広げるところも良かったです。続きが楽しみです。
mizdesign | 2006/07/02 4:11 PM
@大のさん
こんばんは。

濃かったですね〜
満員でんしゃのようでした。
もったいないです。

プライス展いよいよです。
わくわくしています、久々に。
何回行けるかなーー

@かよさん
こんばんは。

ポスター若冲だけでなく
他の画家さんの動物たちも
入り混じり愉快ですよね。
色合いもポップな感じです。
(鶏だけのアップもありました)

来週は保存版ですね。(^^♪

@tsukinohaさん
こんばんは。

アウトラインはつかめました。
これからもっと掘り下げて欲しいです。
折角スポンサーやってるのですから、
日テレなみに堂々と!!期待しますよね。

@十六夜さん
こんばんは。

実は、これもたまたま観ました。
最近ついているのかな?
結構この番組見逃すこと多いんです。普段。

京都の方が耳にしたら
いけすかないイントネーションなのでしょうね。

京都での展覧会、プライスさんも
喜ばれるでしょうね、きっと。

@Bananaさん
こんばんは。

そうなんですうよ、、、
高いんです。とっても。
京都での若冲展の図録は
かなりプレミア付いています。
ネットでは1万円以上で取り引きされています。
お持ちなんですね。羨ましい〜〜

@mizdesignさん
こんばんは。

他の5人も若冲の前フリに使われてしまう時代です。
応挙も驚いていることでしょうね。
日経系の展覧会は派手に宣伝しませんが
とてもいいもの多いですね。

応挙の氷図は以前開催された江戸博の「応挙展」に
出展されていました。あんな絵今でもそうは描けません。
Tak管理人 | 2006/07/03 7:29 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
このところ日中の仕事量がものすご多くて、その反動でか家に戻ると一気に疲れが。 集中力を養うため睡眠を優先(笑)にしていたので、更新の少ない6月となってしまいました。 さて、明日のTV東京「美の巨人たち」は「京都ルネサンス」と題した特集です。若冲、簫白、
227 先週、そして明日の美の巨人たち | たまゆらデザイン日記 | 2006/07/02 6:39 AM