青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< プライス展の伊藤若冲 | main | 「驚異の深海生物」展 >>

「若冲と江戸絵画」展 記念講演会(1)

プライスコレクション「若冲と江戸絵画」展の開催に合わせて行われた
プライス氏による記念講演会に参加、聴講してきました。

ジョー・プライス氏本人による記念講演会とあって
随分前に往復はがきで申し込んでいた講演会。
なにやら凄い倍率だったようですが運良く受講できることに。
返信用のはがきが届いたのが一週間ほど前だったでしょうか。


「記念講演会受講券」

講演会の演題は「なぜ、どのように江戸絵画に魅惑されていったのか
直接プライス氏からお話が伺えるとあってこの一週間
指折り数えて今日の日が来るのを待っていました。

週間天気予報が見事にハズレて雨に降られることもなく
東京国立博物館平成館に到着。3日前にも来たばかりですが
それでも違った新鮮な気持ちで博物館へ軽やかに。



開始予定時刻(13:30)が近づくと会場内に
プライス氏と悦子夫人、それのお嬢さんと
揃って会場に入られワクワク気分もピークに。

東京国立博物館の田沢氏の司会進行の元
いよいよ記念講演がスタート!

プライス氏、通訳の方と共に壇上へ。

ところが。

記念講演のはずなのに、プライス氏は
お話にならずに中央に設けられたスクリーンに
DVDの映像が流れ始めました。。。

そう、この講演会は事前に講演の内容を
映像と共にプライス氏によってDVDに収められたものを紹介する。
そんな形式の講演会だったのです。

では、どうして同時通訳が必要かというと…
DVDを数分流しては一時停止させそこまでの
プライス氏の台詞を通訳するという何とも奇妙なスタイル。

嘘のような本当の話です。

流石にこれだけではまずいと田沢氏も考えたのでしょう。
合間合間に質問をプライス氏に投げかけました。

焼け石に水。

あれほど楽しみにしていたプライス氏の講演会が
こんななんて…DVDを観ながら次第に睡魔に襲われました。

そして最後に一冊の本の紹介がありました。
これです↓
ザ・プライス・コレクション
ザ・プライス・コレクション

8月上旬発売予定のこの本。
定価73500円也。

特典として、コレクションの全貌をプライス氏自身が語った
映像を収録したDVD付き?!

ってまさか・・・

そうです、今回の講演会で見せていただいたDVDです。

7万円の本は買えません。
よって特典DVDも観られません。
でも今日それが観られました。
アリガタヤアリガタヤ。

プライスコレクションを含めた若冲のカラー作品32枚が
解説付きで載っているこの本で私は十分です。
伊藤若冲
伊藤若冲
伊藤 若冲, 小林 忠

講演会の内容は散々でしたが
プライス氏はとても気さくな方でした。

 ジョー・プライス氏

DVDによる上映講演会中に携帯電話のアラームを
鳴らした人がいたのですが、そんなハプニングも
ニコニコしながら楽しそうに受け止めていました。
あの時の笑顔最高でした!

因みに。
今日の講演会の具体的な内容は
この展覧会の図録に載っている
プライス氏がお書きになられた文章
エツコ&ジョー・プライスコレクションについて」を
読めば十分にこと足ると思います。

そうそう、展覧会自体は相変わらず良かったですよ。
時間が足りないと思う展覧会、私はあまり経験したことないのですが
この展覧会では誰しもそんな感想を持たれると思います。
講演会 | permalink | comments(8) | trackbacks(4)

この記事に対するコメント

プライス氏、とっても素敵な方ですよね。
わたしも少しお話をさせていただきましたが、とっても素敵で、お若くて、楽しい方でした。
奥さんも素敵で、お嬢さんも大変な美人ですね。

しかし、講演会は・・・。そうですか。そんなだったんですか(笑)。
がんばれ東博!
MARI | 2006/07/09 12:07 AM
@MARIさん
こんばんは。

素敵な方でした。
握手までしてくれました。

講演会ではプライスさん
暇そうにしていました壇上で。
Tak管理人 | 2006/07/09 1:08 AM
勿体付けて講演会の入場制限をして。。DVDのお披露目。。。
う、う、でもご本人はとても気さくな方でよかったですね。
ちょっとプライスさんがかわいそうかもσ(^_^;)アセアセ...

すみません。。水を差すような言い方でm(__)m

十六夜 | 2006/07/09 7:25 AM
確かにプライスさん気さくな方なんだろうなぁって昨日思いました。
この人ちゃんと野菜に話しかけてる〜って(笑)
講演会そんなだったんですね。
次の講演会はそうではないといいんですけどね。
丁度行く予定にしていた日だったので申し込もうとしたんですが
ふと・・「この講演会の時間帯ってひょっとして空いてる?」って思ってやめました。
いや、逆に講演会に運よく当たったとして、その後見ようとしたら
この380人が・・・うっっ・・って思い、申し込みをとどまりました。
やっと往復はがきをゲットしたんですけどね^^;
Banana | 2006/07/09 10:07 AM
@十六夜さん
こんにちは。

そうなんですよ〜酷い「講演会」で
プライスさんがかわいそうでした。

アンケート用紙提出してくるの
忘れたのでここで感想書きました。

@Bananaさん
こんにちは。

テレ東もあんなことやらせて。。。
ほんと人がいいんでしょうね。
だってガラスケース無しで自分の
コレクションを見てほしいと
博物館も驚きの提案をするのですから。

次の講演会の辻先生も独特のペースで
お話になりますから眠くならないように。
都合が付けば行きたいのですが、どうかな…

展覧会は比較的見やすい構成になっています。
詰め込みすぎないようにというのが
プライスさんの意向だそうです。
Tak管理人 | 2006/07/09 10:19 AM
Takさん、こんにちは
私も行ってきました。思いっきり拍子抜けしましたが、取りあえず、その中でも「良かった探し」をして記事にしてみました(寂しい…)

まぁ73,000円も払えませんから、DVDが見れただけでも良かったと言ってもかなり空しいですが…
(私の新幹線代がぁ…)

次回の辻先生の講演には行けませんので、Takさんのレポ、楽しみにしています。
アイレ | 2006/07/09 5:44 PM
私も講演会はかなり楽しみにしていただけに
ちょっとがっかりでした…
でも、その後、会場の「光の部屋」でプライスさんをお見かけしたので
勇気を振りしぼって、感謝の気持ちを伝えました。
73000円…ってねぇ……
それだけあれば、ロスに行けるよ…と心でつぶやきました…
今回出展されている作品以外のプライスさんのコレクションも見たいなあ〜(ため息)
あと、あの「若冲風呂」に入りたい…(笑)
ふぇ | 2006/07/09 5:58 PM
@アイレさん
こんにちは。

講演会が始まる前にDVDを流すとは
聞いていたのですが、まさかまさか。。。
やられました。(^_^;)

辻先生の講演会は微妙なんです。
仕事の関係で。。。

もし行けたらレポ書きますね。

@ふぇさん
こんにちは。

プライスさん、講演会始まる1時間くらい前に
博物館にいらしてました。
私も講演会自体はがっかりだったのですが
終わったあと握手してもらったのでそれなりに満足。

ポールゲッティー美術館と
プライスさんのコレクションを観に
ロスに行こうかな〜と真剣に
考えてしまいました。
Tak管理人 | 2006/07/10 2:09 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/691
この記事に対するトラックバック
 東京国立博物館で開催中の プライスコレクション「若冲と江戸絵画」展に行ってきました。ただ、その前に展覧会に合わせて開催された記念講演会についての記事を書きたいと思います。 今回はプライスコレクションのコレクターであるジョー・プライスさんによるもので
個展の搬入を明日に控えて、最後の悪あがきで絵を描いて、今朝、4時に寝て、でも7時
若冲と江戸絵画展 | 日々道草 | 2006/07/11 11:24 PM
ジョー・プライス(Joe Price)が四十数年かけて収集した、 伊藤若沖をはじめとする江戸中期絵画コレクション。 NHK新日本美術館(再放送)を観て、かって二十代の若き米人御曹子に日本の美を 教えたのはフランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright 1867〜195
ライトに教わったプライス | 古今洋歌集 | 2006/07/23 1:17 PM
「若冲と江戸絵画展」 8月13日20時07分 東京国立博物館で開催している 「若冲と江戸絵画」を観る。 伊藤若冲の作品を中心に江戸時代の 掛け軸や屏風の絵が展示されている。 6章構成で 真ん中の3章目に伊藤若冲の作品をもってきている。 掛け軸の水
「アート DE すりる!」Vol.3 | CHEAP THRILL | 2006/08/23 8:02 PM