青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「若冲と江戸絵画」展 記念講演会(1) | main | 「パウル・クレー展」 >>

「驚異の深海生物」展

千葉県立中央博物館で開催中の
企画展「驚異の深海生物 未知の深世界をさぐる」に行って来ました。

 

川村記念美術館の「パウル・クレー展」と
千葉市美術館の「海に生きる・海を描く展」を
掛け持ちで観に行く予定を立てていました。

ところが、千葉県立中央博物館でこの展覧会を開催していることを知り、
ど〜しても行きたくなり、計画を練り直し。。。

川村美術館→「驚異の深海生物展」→千葉市美術館

これに決定!
道順的にこれがベストかと。

ただ、道順的には最良でも、展覧会の並びとしては???

「パウル・クレー展」でクレーの世界に浸った後に
「驚異の深海生物」を観るとクレーの印象が。。。

更にその後の「海に生きる・海を描く展」(後期)で
楽しみにしていた応挙の屏風絵を観ても頭から
グロテスクな深海魚たちが離れてくれず…

前菜がクレー展。メインが「深海生物」。口直しに「海〜」。
インパクト強すぎます。他が霞んでしまいます。
だってポスター(チラシ)にサカナくんが描かれているんですよ!
(8月6日にサカナくんのトークショーあるそうです)

 

ミュージアムショップでは本まで販売。
おさかな新発見!おしえてさかなクン
おさかな新発見!おしえてさかなクン
さかなクン

パウル・クレーも魚 >゜)))彡には勝てず。。。

さて、さて展覧会。
会場は初めて行く千葉県立中央博物館。
車がないと超不便な場所。
(車があっても不便かも。)


この博物館「県立青葉の森公園」の中にあります。
駐車場が。。。狭い。満車で待たされました。

ただし、不便でも行くだけの価値はあるかと。
怖いもの観たさ、ゲテモノ観たさに。

それに、展示室内は全て写真撮影可。素晴らしい〜

名前はメモしてこなかったのでなんだかよく分かりませんが
こんな深海生物がうじゃうじゃと展示されています。


これはメモしなくても覚えられました名前。

ダイオオイカ」(約15m)
体内にアンモニアが多くて人間は食べらないそうです。
食べたくもないですけどね。

でか!!
こんな巨大なイカにも天敵がいるらしく
それは…マッコウクジラ!丸ごと一飲み。

しんかいの奇妙ないきもの
「しんかいの奇妙ないきもの」 太田 秀

ギャラリートークを丁度開催していたので片隅で参加。


ここで説明されていたこの魚が一番衝撃的でした。

ミツクリエナガチョウチンアンコウ」のメス

何が衝撃的かと言うと。。。このメスの体には、
ミツクリエナガチョウチンアンコウのオスが寄生しているんです。

同じ魚のオスがメスに寄生とはどうして??
それは深海魚ならではの深く悲しい理由が。

深海では滅多にメスに出会えないそうです。
元々生息している数も少ないでしょうからね。

メスの出すフェロモンをやっとの思いで嗅ぎつけ
メスを見つけることが出来たらもう手放してはいけません。
このチャンスを逸したら二度とメスに出会えないかもしれないのです。

で、その為にどうするか?簡単です。
メスの体に一生くっついていればいいのです。
だから寄生しちゃうのです。

初めて出会ったメスがイコール運命の人なわけです。
「もう二度と離れないよ」

↑にアップした画像にも実はオスが寄生しています。
分かりますか?4匹も寄生しているんです!!



「寄生したオスは死ぬまで精子を出し続けます。」
なんて明るい声でガイドしてくれました。
子供には分かるかな〜このオスたちの気持ち。

地球カタログ 深海生物
地球カタログ 深海生物

他にも見所満載の展覧会です。

トリノアシ
ウミユリの一種だそうです。


第2展示会場の「チョウチンアンコウ」たち。
右下のチョウチンアンコウは「ちょうちん」ではなく
口の中に光る部分があるとても珍しい種類だそうです。
(「タウマティクチス」)

また、会場内天井には何種かの深海魚の模型も。

リュウグウウノツカイ

難しい解説は特にありません。
ふらりと行っても十分楽しめます。
子供も多かったです、とても。

図録買おうと思ってショップで聞くと
特別に作っていないとのこと。残念。
でもこの本がこの展覧会の図録代わりになるそうです。
深海生物ファイル―あなたの知らない暗黒世界の住人たち
「深海生物ファイル―あなたの知らない暗黒世界の住人たち」 北村 雄一
今日は売り切れていました。。。残念。

そうそう、Tシャツも売り切れていました。これまた残念。

9月3日まで開催しています。是非?!
(他の展覧会との掛け持ちは×)

千葉までなんて行けない!!という方はこちらで。「深海水族

千葉県立中央博物館のサイトにも展覧会の様子詳しく紹介されています。
 水深200mより深い海を深海と呼びます.真っ暗で凍りつくような冷たい水,すべてのものを押しつぶしてしまうような水圧など,とても生きものがすめる環境とは思えません.しかし,そんなところにも工夫を凝らしてたくましく生きる生物がたくさんいます.今回の企画展では,未知の世界「深海」にすむ生きものを世界中から一堂に集めて紹介します.このチャンスを逃したら,二度と見ることができない珍しい深海の生きものたちを,ぜひご覧ください!
展覧会 | permalink | comments(8) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

こんばんは

海は・・・・・・深いですねえ〜〜〜(爆)
水族館は好きでよく行きますが、この段階のものはあまり見ません。この次の骨とかは見ますけど・・・
犬狼都市ならぬ魚類都市みたいですね。
以前TVで巨大イカを使って、巨大イカ飯を作りたいという女の人を見ましたが、このイカではないやろなぁ・・・と、ひとりごちております。
メール届きましたでしょうか・・・
遊行七恵 | 2006/07/09 10:28 PM
うぅ。。グロイですね。
大概は平気だけどこれはきついなぁ。
私も行ってきましたよ。「海〜」
ブログにも描きましたが、川瀬巴水さんの作品が印象的でした。
人も少なくてかなり見やすかったですね。
途中疲れて端っこのほうにあったソファーで瞑想?してしまいました^^;
Banana | 2006/07/09 11:32 PM
博物館のサイト見てきました。
Tシャツ欲しい!ダイオウイカ見たい!いいですねー。
ちょっと不便な所みたいですが、この夏はクレー展の他の日にもう一度千葉行きを検討中です。
大の | 2006/07/09 11:47 PM
こんばんは。早速の記事をどうもありがとうございます。
お待ちしておりました!

それにしてもパンフのイラストからして何やら凄い展覧会ですね。
イカの大きいこと!
さすがにグロテスクな魚たちが多いようですね!

博物館のHPを拝見しましたが、
結構バス便もあるようです。(駅から20分なら歩きます!)
今度、川村&千葉市美術館へ行く際にでも、
上手く都合をつけて寄ってみようかと思います。

p.s. それにしてもこのような施設があったとは…。
県民をもうしばらくやっているのに一度も知りませんでした…。不覚…。
はろるど | 2006/07/10 1:35 AM
@遊行七恵さん
こんにちは。

メールありがとうございました。
この後お返事書きます。

美術展と美術展の合間に
これ入れたの失敗でした。。。
(ある意味成功という意見も)

水族館、私も好きですよ。
大阪行くと必ず海遊館行ってます。

@Bananaさん
こんにちは。

川瀬巴水の展覧会行きたくなりました。
まとめて観たらまたすごいでしょうね。
あーーこうして観たい展覧会どんどん
増えていきます。(^^ゞ
深海魚のイメージが残る頭で
応挙の屏風絵見て来ました。
感想はのちほど。

@大のさん
こんにちは。

Tシャツどうやら通販でも買えるようですね。
クレー展は作品数多かったです。
でもそんなクレー展のイメージも
一瞬で吹き飛ばす威力を持った展覧会でした。。。

@はろるどさん
こんにちは。

千葉に住んでいてもこちらへ来ること
滅多にないですからね。
もしかしたら横浜の方が回数行っているかもしれません。

展示室自体はごくフツーなのですが
展示してある物がどでも強烈。
解説もノリノリでした。

ここの博物館、これにかけているようにさえ思えます。

少し不便な場所ですが、千葉市美術館からでしたら
バスで行けるかと思います。
Tak管理人 | 2006/07/10 2:18 PM
とつぜん、おじゃまいたします。
Trackbackをありがとうございました。
っと言いましてもTrackbackの意味がよくわかってないのですが...

深海生物って笑えるくらい気持ち悪いけど、どこか愛おしくもありました。あんな真っ暗な海の底で同じ時を生きているんですよね。

ちなみに、天井から吊られた深海魚たちは剥製だと係りのおねーさんが言ってましたよ。保存がとても大変だとのことです。
この展示会に行った人は、いい物見させて頂きました。よね。

色々と美術館などへも行かれてるようですね、きっとどこかで御会いしてるかも(?)しれませんネ。 では、また♪
chika | 2006/07/11 12:16 AM
こんばんは。

深海魚といえば書籍の「へんないきもの」を思い出しちゃいます。
この展示会も興味はあるけれど標本が怖い^^;。
水族館は大好きなんだけど〜。
shamon | 2006/07/11 8:26 PM
@chikaさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

剥製なんですか!
あの天井から吊るしてあるやつ
気がつきませんでした。
てっきりこしらえたものかと思ってました。

うーーん気合入っていますね。

美術館は週末中心にうろうろしています。
見かけたら声かけてください。
って分からないですよね。。。

@shamonさん
こんばんは。

ご指摘の通り!「へんないきもの」たちです。
水族館とは違ってゾクゾクします。
子供たちの目も輝いていました。
Tak管理人 | 2006/07/12 12:46 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/692
この記事に対するトラックバック
 8月20日(日)で終了となってしまうので、滑り込みでクレー展を見に行った。  川村美術館は千葉県佐倉市にある。僕の家からは車で一時間くらいの距離。  最終日前日で普段の川村美術館より少し混んでいたけれど、東京のデパートでやる展覧会のような混雑ではな
★ 川村美術館 パウル・クレー展に行った | *** 身辺雑感 *** (洋楽、映画、読書レビュー、沖縄ネタ、世直し、など)只今の記事数1000超!! | 2006/08/25 10:27 PM