青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ゾウとクジラ」が観たい。 | main | 「花鳥ー愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉展」第4期 >>

「天上のシェリー/西野 達展」

メゾンエルメス8階フォーラムで開催中の
「天上のシェリー/西野 達展」に行って来ました。



アートライターの木谷さんに数ヶ月前に
「何か面白い展覧会ありませんか?」と伺ったところ
教えてくださったのがこの「天上のシェリー/西野 達展」

西野さんって横浜トリエンナーレで中華街の真ん中に
変なホテル作ったアーティストさんです。
ヴィラ 會芳亭

横浜トリエンナーレ2005参加アーティストの西野達郎氏は、横浜中華街の山下町公園にある東屋(あずまや)「會芳亭(かいほうてい)」を建築資材で囲ってホテルにした宿泊体験型作品「ヴィラ會芳亭」を制作、9月28日から宿泊施設として営業を開始する。西野達郎氏は、公共物を取り込むように制作した構築物の中に、私的な部屋を作るという大掛かりなインスタレーションを得意とするドイツ在住のアーティストで、地元の理解を得て企画が実現した。

横浜トリエンナーレの公式サイトにも当然
名前が載っています。→西野達郎 (日本) / Tazro Niscino

ここで西野さんのファーストネームに注目です。
今回のエルメスの展覧会では西野
前回の横浜トリエンナーレでは西野

意図的に名前を変えているそうです。
木谷さん曰く「出世魚のように」
「西野竜郎」という別名もお持ちだそうです。

これだけでも面白い作家さんなのですが、
面白いのはその作品もまた然り。

横トリのホテルでもビックリさせられましたし
現在お住まいのドイツでもあれこれやらかしているようです。

公的な空間に突然、私的な空間を作り出す。
これが西野さんの得意技。

Tazro Niscino」でイメージ検索かけると
今まで手がけたきた作品が何点か見ることできます。
笑っちゃうほどよく出来て?います。

で、その西野さんの次なるターゲットにされたのが
銀座にあるエルメス(東京都中央区銀座5-4-19)
ソニービルの隣でレンゾ・ピアノ設計のガラスブロックのビルは
嫌でも街ゆく人の目を惹く存在です。

そのメゾン・エルメスに6月から異変が起きているの気が付かれました?
これでお分かりでしょうか?


メゾン・エルメスの屋上に何やら小汚い掘っ建て小屋のようなもの
確認できるかと思います。これが西野さんの今回の作品です。

この小屋自体が作品なのですが、外からではなんだか分かりませんよね。
では、エルメスビルに入って実際に見てきましょう。

1階突き当たりにあるエレベーターに乗って8階のフォーラムへ。
(エレベーターはシンドーラー社製です)


8階からは階段で屋上までえっちらおっちら登ります。
高所恐怖症の方はここで断念せざるを得ません。

この展示のために組まれた工事現場にあるような足場を
登っていかなくてはなりません。




これ風の強い日や雨の日はかなり辛そうです。。。
でも、これを登ればシェリーが待っている!と思い
頑張って登りましょう!

見えてきました「←ここ」と示した青い掘っ立て小屋
これ下から見上げた時に見えたものです。確かに。
     

部屋の前には案内係のお姉さんが立っていて
「靴を脱いでお入り下さい」とのこと。

本当の部屋なんですね。。。
脱ぎやすく履きやすい靴を履いて行くが宜しいかと。
如何せん、エルメスビルの屋上です。
(私は場違いなブーツを履いてゆき大苦戦)

いざ、部屋の中に入ると・・・


6畳の部屋には机や本棚、それにベットが置いてあります。
フランスに憧れるフツーの女の子の部屋のイメージだとか。
使われている家具も特別なものではなくニトリやIKEAで
購入してきた「既製品」だそうです。ありふれた女の子の部屋です。

ところが、一点だけ大きく違うのが「花火師
ベットの上に白馬に乗り両手にエルメスのスカーフをたなびかせた
「花火師」がどーーんと部屋の中に陣取っています。

「花火師」って一体何者??

実はメゾン・エルメスの屋上に普段から設置されているものだそうです。
ここからは部屋の中にいた係のお姉さんが親切に解説してくれたことです。

この「花火師」は銀座の他にはパリとニューヨクにしかないこと。
もともと「花火師」とはエルメス創業150周年の際にセーヌ河で
行われた盛大なセレモニーの時に使用したもので、両手にスカーフではなく
実際に打ち上げ花火を持っていたそうです。
(その時の写真見せてもらいました)

ベットの上にあるのは、夢見る女の子が白馬に乗った王子様が
私の部屋に来ないかな〜と思っていたら実際に現れた!なんて
シーンを表現しているとか。(本当かな〜)
因みに「シュリー」は愛しい人。

「花火師」の元々あった位置は変えずにその周りにベットなどを
設置し部屋をこしらえたそうで、「花火師」を支える幾本かの
ワイヤーはそのままベットの下に通り抜けていました。
(丁寧にベットの下まで見せてくれました)

エルメス
エルメス
戸矢 理衣奈

えーーと、この展覧会?タダです。
期間は8月31日まで。
天気の良い日を見計らって行かれるのが宜しいかと。

因みに天空の部屋にはちゃんとクーラーがあり
蒸し暑くありませんでした。

10人ほどしか入れないそうなので
混雑していると怖い階段で待たされます。

お買い物ついでに、是非。


エルメスの道
「エルメスの道」 竹宮 惠子
初代社長ティエリから5代目ジャン・ルイ・デュマまで、約160年にわたるエルメスの歴史を、流麗なタッチで漫画化。様々な名品・逸品の秘話を、入念な現地取材とエルメス社の全面協力を得て描く。

展覧会 | permalink | comments(11) | trackbacks(3)

この記事に対するコメント

こんばんわ、Takさん。
「ヴィラ 會芳亭」には行ってないんですよね。
今回の展示を見て行っておくべきだったなあと後悔しています。
>高所恐怖症の方はここで断念せざるを得ません。
そうなんですよ!事実、わたしの前に来ていた4人組もひとりだけは、その高さに圧倒されて展示の部屋まで入って来ませんでした。ああ、なんてもったいない!!
あおひー | 2006/07/18 12:17 AM
いろいろやらかしてくださるやんちゃ坊主のような作品!)^o^(
あーでも新幹線乗ってまではいけないなぁ(+_+)

エルメスにしても先日のカルチェにしてもやってくれるじゃないの!(^o^)丿 と思わずにはいられませせん。 近所だったら登りたい!!
| 2006/07/18 6:19 AM
上の名無しのコメント十六夜でした(^^ゞ
十六夜 | 2006/07/18 6:22 AM
 これは必見ですね。
 メルヘンチックな名前とエルメスブランドと掘っ立て小屋の取り合わせが、なんとも面白そうです。
mizdesign | 2006/07/18 6:43 AM
噂の展覧会はこれですか!
気になっていたのですが、まだ足を運んでおりません。

>エレベーターはシンドーラー社製

いきなりカウンターパンチですかね。
高い場所よりもそちらの方にびっくりしてしまうかも…。

何はともあれ、今度行ってきます!
(エルメスへ入るのも初めてです!)
はろるど | 2006/07/18 11:23 PM
>メゾン・エルメスの屋上に何やら小汚い掘っ建て
>小屋のようなもの

という表現に受けました。あはは。エルメスの屋上に
小汚い掘っ建て小屋とは!なんというミスマッチ。
ホームレスが住んでるんじゃないかと思いました(笑)
つが | 2006/07/19 9:48 AM
@あおひーさん
こんばんは。
TBありがとうございました。

行こう行こうと思っていながら
遅くなってしまいました。
前はよく通るのですが、如何せん
お店に縁がないもんで。。。

うちのかみさんも怖くて
あの仮設の階段手前で断念しました。
勇気をだせばシェリーに会えるのに!

@十六夜さん
こんばんは。

次は名古屋だそうですよ、西野さん。
名古屋なら行けるかもしれませんね。

これからも各地であれこれ
やらかしてくれそうです。
昔のクリストを想起させる作家さんです。

コメントありがとうございました。

@mizdesignさん
こんばんは。

ミズさんなら是非是非。
鼻血出さないようにして行って来て下さい。
建築ファンにもたまらない展覧会?です。

@はろるどさん
こんばんは。

平日とかがいですよ、きっと。
日曜日なんかだと入れずに
またされそうな気がします。

シンドラー社製のエレベーターは
デザイン性に優れているので
海外のブランドのテンポなどには
よく使われるそうです。

因みにIKEAはシンドラー社製の
エスカレーター使っていました。

@つがさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

外見は「小汚い」のですが
内装は一点メルヘン?系です。
夢見る少女の部屋だそうです。

ミスマッチの連続のような作品です。
Tak管理人 | 2006/07/19 8:03 PM
Takさん
こんばんは

今日はお会いできて、とても楽しかったです...

それはそうと、エルメスからの眺め...

私も写真を撮ろうと思ったのですが、周りの風景を撮ろうとしても、
会場のお嬢さんがやれ著作権やら何やらというので、困らせては
悪いかなぁ...と思って遠慮してしまいました。

私が行った日は曇り空だったので、次回はお天気を狙ってばりばり
写真を撮ってやろうと思います...(^^)
lysander | 2006/07/22 1:37 AM
@lysanderさん
こんばんは。

こちらこそお会いできて
とても楽しかったです。
初めてお会いしたのに
あれだけ話が弾むのも珍しいかもしれません。
ついついお酒の勢いを借りて
饒舌になってしまいすみませんでした。

エルメス。。。

「ガンダム」でエルメスという
モビルアーマーがあったのですが
ここの会社からのクレームで
名前を使えなくなってしまいました。
ご存知かと思いますが。

ソニービルを下に見られるのもまた一興でした。
西日が壁面に当たってキラキラ輝く時を
狙って撮れたらキレイでしょうね〜
Tak管理人 | 2006/07/22 3:10 AM
こんにちは。ようやく行きました。
お腹の底から「面白い」という感動?がこみ上げてきて、顔がほころんでしまいました。
思えば新型VAIOを見にソニービルに行ったときに、なんだあれはと見上げて顔をしかめたとき(そのときは素通りして帰った)から西野さんの術中にはまってましたね。やられました。
mizdesign | 2006/08/05 8:51 AM
@mizdesignさん
こんにちは。

エルメスがやるから成り立つのでしょうね。
階段の途中ソニービルの屋上に設置された
空調の室外機の群れに興奮しました。
二度と見られないと思い目に焼き付けました。
眺めは最高ですね。
花火師毎日こんな景色見ているのか。。。
Tak管理人 | 2006/08/05 12:42 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
昨日、会社帰りに銀座まで行ってきました。 あのエルメスに行くのです。 いや、ブランドものとか縁はないのですが、気になる展示があるんでは行ってしまうってもんです。 天上のシェリー 西野達 展 実はこれ、つい最近になって繋がったのです。 というのも、銀座の
遠く建物の上に、そのシルエットを何度もみたことがあった。 その場所が今、ブルーシートに覆われている... 西野達の展覧会、『天上のシェリー』(メゾン エルメス)... 今回の展示は店内のエレベータで八階にあがる。ガラス張りのエレ ベータが動くとレンゾ・ピアノのガ
ŷΥ? 㟠(? ?) | 徒然と(美術と本と映画好き...) | 2006/07/22 1:33 AM
 銀座エルメスで開催中の「天上のシェリー/西野 達展」を鑑賞しました。いや、訪問...
天上のシェリー/西野 達展 | 柏をたのしむ@水上デザインオフィス | 2006/08/04 11:58 PM