青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『蘆雪を殺す』 | main | J1第14節川崎フロンターレvs浦和レッズ >>

特集陳列「博物館の動物園」

東京国立博物館で開催中の特集陳列「動物」をもっと楽しもう。
親と子のギャラリー「博物館の動物園」に行って来ました。



プライスコレクション「若冲と江戸絵画」展を観に行ったついでに
本館で開催しているこちらの企画展示も見て来ました。

金曜の夜とあって普段に増して人影はまばら。
本館1階のコーナーにある14展示室を自分ひとりで
貸切で見ている気分にさえなりました。

一応この企画展もプライスコレクション「若冲と江戸絵画」展と
関連は薄っすらとあるようで、平成館企画展示室で開催中の
親と子のギャラリー 「プライスコレクション 若冲と江戸絵画
−あなたならどう見る? ジャパニーズ・アート−」 の更に
子供向け版の展示がこの企画展にあたるのでしょう。思惑としては。

江戸絵画とは全く関係なく博物館が所蔵している
動物にまつわる立体作品を集めて展示してありました。

たった一部屋なので「見応え」はさしてないのですが
見ておいて損はないですし、せっかく立派な解説パンフレットまで
東博が用意してくれているので、プライス展のついでに。。。

でも、プライス展観たあとだと疲れているはずです。
出来たらプライス展を観る前が順序としては正しいかと。

その為には、博物館の敷地内へ入ったらまず本館へ入りましょう。
入ってすぐ右手へ足を進めます。ジャンル別展示室が連なります。
彫刻、彫刻と金工、陶磁、漆工、刀剣と続き工芸の部屋が
この特集陳列親と子のギャラリー 博物館の動物園の場所です。

面白かった作品は2つ。


自在龍置物」明珍宗察作

作者は江戸時代の甲冑師だった人だそうです。
鎧や兜を作るのが本職。でも江戸時代って
そういったものの需要少なそうですよね。。。

もしかして暇にまかせて作っちゃったのかもしれません。
だってこの龍の置物、頭・頸・体・手足・爪に至るまで
自由に動かすことの出来る代物です。

これ全て鉄製ですから驚きです。



昨年、kogoro氏が実物大のスコープドックを作っちゃいましたが
大きさの違いはさて置き、その職人魂は通するものあります。
blogなんでも作るよ。「巨大ロボ制作」

装甲騎兵ボトムズ 1/18スコープドッグ withミクロアクション キリコ・キュービー DMZ-01
装甲騎兵ボトムズ 1/18スコープドッグ

それともう一つは。これ。

猪形土製品

青森県つがる市木造亀ヶ岡から出土した縄文時代の猪の焼き物です。
とっても小さいので見落としてしまいそうです。


一番右端に展示されているの分かります?

隣に展示してある「水鳥形埴輪」が化け物のように
大きく見えてしまいますが、これが普通?サイズです。

それにしてもこんな小さい猪の焼き物を何に使ったのでしょうね。
「鑑賞ガイドブック」には呪術やまつりごとに使われたと考えられている。
と説明が記されています。本当かな〜

ただ、可愛いから土器を焼くついでにあまった土で
形作って焼いてみただけとか。。。

日本最古のキャラクターが猪だったというは面白いかもしれません。
現在でも動物のキャラ人気ありますからね。

それにしても愛らしいイノシシ君です。
携帯ストラップとか作ってくれないかな〜便利堂さん。

おまけ。

今夜はひとりでプライスコレクション展を観てきました。
家で留守番しているかみさんのお土産にTシャツか
これか迷いましたが、食べ物なら間違いないので結局これ購入。

若冲七福酒まんじゅう

明日、お茶でも飲みながらのんびりと。
本館14室の特集陳列「動物」では、いろんな動物に出会えます。
 日本美術において動物をかたどった作品は、猪や猿など身近な動物を表した縄文時代の土製品にはじまり、その後現在にいたるまで信仰の対象、宗教で用いる道具、調度品、文房具、装飾品などさまざまな用途をもった動物がつくられてきました。また近代になると西洋美術の影響を受けて「彫刻」としての動物もつくられるようになりました。今回の特集陳列では館蔵品を中心に縄文時代から近代までの動物をかたどった作品を集めました。展示では時代順に変遷をたどり、さらに楽しく展示をごらんいただけるように「技巧の粋をこらした動物」、「小さくて愛らしい動物」、「パーツとなった動物」といった小テーマを設け、さらに時代順に変遷をたどれるようにしています。
展覧会 | permalink | comments(11) | trackbacks(4)

この記事に対するコメント

こんばんは
この動物園は楽しかったですね。
03年にたばこと塩の博物館が『たばこと塩の動物園』展を開催しましたが、それを思い出しながら楽しみました。
私は香合が好きなので、小さい動物たちにアイソしちゃいましたヨ。こういうコンセプトの展覧会がまた開催されると嬉しいです♪
遊行七恵 | 2006/07/22 1:37 AM
@遊行七恵さん
こんばんは。

楽しかったです。
思っていた以上に。
動物に勝てるものありません。
子供の笑顔にも勝るかと。

>小さい動物たちにアイソしちゃいましたヨ。
清少納言のようですね。
うつくしきもの・・・の段思い出します。

博物館何かと頑張っていますね!
Tak管理人 | 2006/07/22 3:05 AM
「動物園か・・・上野だもんね」
な〜んて見ていました(笑)。
プライス展観た後だと疲れますよね(笑)。
しかしこのためにパンフをきちんと印刷して、がんばってるな〜と思いました。
こういう企画どんどんやって欲しいものです。
あ。TBさせてくださいね。
| 2006/07/22 6:14 AM
失礼しました。上記コメントtsukinohaでした。
(投稿時にnameが消えちゃいました?)
tsukinoha | 2006/07/22 6:20 AM
プライスコレクションを見た後に、私も見ましたよ。
(うあー、まだプライス若沖1回しか行けてない・・・)
「自在置物」はステキですよね。
ものすごく高い技術レベルで職人魂込めて玩具を作っている、
というところに愛を感じます。
三井記念美術館「美術の遊びとこころ 美術のなかの『写(うつし)』 技とかたちの継承」
にも、「自在置物」が並んでいました。
こちらもかなーりおもしろい展示でした。お勧めです。
菊花 | 2006/07/22 9:38 AM
Takさま、おはようございます。

来週の辻先生の講義、見事にすべってしまいました!!
グワァ〜〜ン!!

でも、若冲のチケット手に入れました。
本当はそれと一緒に講義も聞くべし!!と思っていましたが、ドジョウは何匹もいないってこと、でした。

こっそり本館では良いものがあるので、特別企画展に行った時でも、へとへとになりながらも、覗くようにしています。
イノブタちゃんのいたいけな姿に癒されました。
このためだけのパンフもかわいかったですよね。

2階の北斎の富嶽百景もよござんした。
他、かんざしや着物も夏模様で、涼味あふれていました。

あともう一回、プライスさんの収集にどっぷり浸ってくる至福を楽しめること、うれしい限りです。 
あべまつ | 2006/07/22 11:18 AM
 こんにちは。
 すごい力技な変化球ですね。がんばって打ち返してみました(笑)。

 僕も7/29の講演会に外れました。Takさんの強運とレポートに期待してますよ!
mizdesign | 2006/07/22 1:58 PM
@tsukinohaさん
こんばんは。

名前時たま消えてしまうみたいです。
ご迷惑おかけします。

この企画展示こじんまりしていて
面白かったですね。
狭い場所に動物沢山!!
あの龍を実際に動かしてみたいです。

@菊花さん
こんばんは。

三井記念美術館いかなきゃ!
情報ありがとうございます。
来週5日間出張で留守にするので
その準備に追われています。
のんびりするひまなんてなさそうです。
ふ〜

@あべまつさん
こんばんは。

辻先生の講演会は元々スケジュール的に
行けなかったので申し込みしていません。
今回もかなりの高倍率だったのでしょうね。

2階に光琳の屏風絵もありましたよね。
誰もいなくて見ていてちょっと怖くなりました。

本館あっての企画展ですからね。
欲をいうなら若冲の作品や
応挙の作品なども展示して欲しかったです。

若冲の鶴を描いた面白い作品を所蔵しています。
卵のような鶴です。

私もあと2回はいけたらなーと思っています。

@mizdesignさん
こんばんは。

その日は仕事で新潟に行かなくてはなりません。
残念ながら講演会出れません。悔しい〜

でもきっとどなたか素晴らしいレポupしてくれるはずです。
Tak管理人 | 2006/07/23 1:40 AM
こんばんは。
先日のプライス氏に引き続き、辻先生の講演会にも行ってきた強運なものです。
とりいそぎ、今日の印象など書き留めてTB送りました。
つたない文章ですみません。むずかしいなレポートって。
私もTakさんのレポートで読みたかったです。
大の | 2006/07/30 12:51 AM
はじめまして。私も若冲展を見に行き 帰りに本館に寄り あの猪形土製品(いのしし君)を見て 惹きつけられた者です。それはさておき、このブログ凄い! これから、少しずつ読まさせていただきます。頑張って下さい。(それと、もしかするとピントの外れたコメントをしたりなんかするかもしれませんが笑って読んでやってくださいね)
fiore | 2006/07/30 4:37 PM
@大のさん
こんにちは。
TBありがとうございます。

仕事の関係で辻先生の講演会は
参加できなかったのでとても有り難いです。

レポ拝読させていただきます。
確かに講演会のレポは大変ですよね。
実はアップしていないものも結構あります。。。(^^ゞ

そうそう、「ブツ」届きました!!

@fioreさん
こんにちは。
初めまして。
コメントありがとうございます。

イノシシ文句付け所が無いほど愛らしかったですね。
手のひらにのせてみたい衝動にかられました。

>頑張って下さい。
ありがとうございます。
なんとか出来る範囲で続けていきます!
おだてられると調子にのるので
もっとおだててやってください?!

今後とも宜しくお願い致します。
Tak管理人 | 2006/07/31 2:13 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
話題は東京国立博物館のプライスコレクションの続きから・・・です。 チラシ(左)と 屏風仕立てのパンフレット(右)。 「あなたならどう見る?ジャパニーズアート」という別枠のコーナーを設けて、図録にもきちんと掲載されているプライスコレク
237 親と子のギャラリー | たまゆらデザイン日記 | 2006/07/22 6:18 AM
 五月初旬に「Nurseglove」という展覧会を観に行きました。根性試しに1/...
Nurseglove  | 柏をたのしむ@水上デザインオフィス | 2006/07/22 1:51 PM
今日は11時ごろ東博の「若冲と江戸絵画展」へ行きました。 まず、先日見逃した本館
今日も若冲 | 日々道草 | 2006/07/30 12:46 AM
休日出勤に伴ない, 例の如く出勤前に絵を見に行く。 予定では只今のターゲット画家、 東博の「夏秋草図屏風」 by、酒井抱一を見るつもりで折りました。 ですが・・・・・ 8月8日からの公開で御座いました。 相変わらず オバカ な私・・・・ でも
東博で… | 翠松庵no散歩道 | 2006/08/06 9:28 AM