青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ニンテンドーDSで塗り絵?! | main | 「動植綵絵」に命名しよう(その1) >>

中身より外見

NY5番街沿いに建つ「かたつむり」ことグッゲンハイム美術館
Solomon R. Guggenheim Museum

5番街88丁目、高級アパートが立ち並ぶ中、
20世紀を代表する設計家フランク・ロイド・ライト設計の
白い渦巻き状の建物は否が応にも道行く人の目を惹きます。



外観も奇妙ですが、中はもっと変てこ。
エレベーターで最上階まで上がって
そこから建物をぐるぐる回るように
スロープ状の床を下ってゆきます。



ぐるぐる周遊しながら壁にかけられた絵画を鑑賞。
当然、足元は斜め。垂直に立って観られないという
何とも不思議な構造の建物。

こんな不自然で鑑賞環境が悪くても
天下のフランク・ロイド・ライトに建築設計したとなると
文句も中々言えません。この美術館、作品を観に行くのが半分。
建物自体を観に行くのが半分。といった感じでしょうか。

因みにコレクションはこちらから検索できます。

Guggenheim New York/Guggenheim Bilboa
Guggenheim New York/Guggenheim Bilboa
Ezra Stoller, Jeff Goldberg

さて、このグッゲンハイム美術館。
(グッゲンハイム財団)
美術館の中ではかなり「やり手」で、
各地に「支店」を出していることでも有名。

ヴェネツィア「ペギー・グッゲンハイム・コレクション」を初め
ラスベガス、ドイツのベルリン、スペインのビブラオ等各都市に
「Guggenheim Museum」は点在しています。

グッゲンハイム美術館のサイトのトップページには
5つの美術館サイトへとリンクされているお洒落な仕上がりとなっています。


一時期収まったかな〜と思っていた拡張路線ですが
何やらまた復活の兆しが。。。

今度は何とアラブ首長国連邦のアブダビに作るとか。
Abu Dhabi, the capital of the United Arab Emirates in the Arabian Gulf, today signed a Memorandum of Understanding (MOU) with the New York-based Guggenheim Foundation to establish a world-class museum devoted to modern and contemporary art.

アブダビ・グッゲンハイム美術館の設計をすることになったのが
フランク・ゲーリー(Frank O. Gehry)という建築家さんだそうです。

この人、ビルバオ・グッゲンハイム美術館の設計にも携わっています。
Guggenheim Museum Bilbao

↑にもビブラオの外見の画像ありますが。。。

こちらのページご覧あれ。

ニューヨークの「かたつむり」を凌ぐほどの外観。
これって本当に美術館?と首傾げてしまいます。

Frank O. Gehry: Guggenheim Museum Bilbao
Frank O. Gehry: Guggenheim Museum Bilbao
Coosje Van Buggen


中身より外見で勝負?!
なんてことはないですよね。
有数のコレクション所有しているわけですから。

さて、さてアブダビのニュー・グッゲンハイムはどうなることやら。
とりあえず、外観だけは凄いこと間違いないと思います。

お知らせ

明日より5日間ほど仕事で留守にします。
でも、ブログの記事は毎日自動更新するようにして出かけます。
留守中の企画用意しました。

留守中もどうぞ宜しくお願い致します。
(頂戴したコメントは日曜日までレス出来ませんご勘弁あれ)

その他 | permalink | comments(5) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

グッゲンハイムはいいと思います...
# ヴェニスにも、また行ってみたいものです...
lysander | 2006/07/25 10:19 PM
@lysanderさん
こんばんは。
TBありがとうございます。

NYもヴェニスもまた是非是非
訪れたい街の一つです。

アブダビはどうですかね。
Tak管理人 | 2006/07/25 10:27 PM
マックス・エルンストといえば、横浜美術館の『少女が見た湖の夢』...
# シュールリアルな作品は横浜美術館がピカいちです!
http://blog.goo.ne.jp/lysander/e/9b4b2677ee15a5769543ebe7fe38fb44
lysander | 2006/07/25 10:47 PM
こんどはアラブですか、実現の際にはフランクOゲイリー
のぐにゃぐにゃ建築を見ること出来そうですね。
でも、グッゲンハイムは他にもあちこちで支店計画を
建てては無くなってますから、今度はどうですかね。
日本にもお台場に作る計画があったんですよ。
ジャン・ヌーヴェルさんの設計で全体的に色が変わる
人工の山が美術館、と言うやつでした。
東京がなくなった代わりに台湾に作る予定もあった
らしいけどそれはどうなったんだろう?
こちらは設計がザハハディドさん。原美術館の庭にあれ
を置いたあの人です。

って言うかそんなに凄い設計者ばかり使ってるから資金
繰りに困る事になって計画ばかりで建たないのではない
のか?って気がしてます。
KIN | 2006/07/26 2:50 PM
@lysanderさん
こんにちは。

>シュールリアルな作品は横浜美術館がピカいちです!
確かにそうですね。
的を絞った作品収集功を奏していますね。
「王様の美術館」もありますしね。

@KINさん
こんにちは。

日本でも計画があったのですか!!
知りませんでした(*_*)
出来ていたらどうだったでしょうね。。。
結構難しいかもしれませんね、日本では。
中々客足伸びそうもないし。。。

ザハハディドは丁度、NYのグッゲンハイムで
個展を開催していますよねーー
これ行きたいな〜
原美術館の作品も運んだとか。。。

凄い設計者使うのは
やはり中身より外見なのでしょうかね?
しかし、あの財団お金ありますね。
Tak管理人 | 2006/07/31 12:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
グッゲンハイムがやって来た。 今年の五月にニューヨークへ行った。 フランク・ロイド・ライトの設計で有名な螺旋の美術館は あちらこちらが剥げていた。 ミニマリズムの企画展をやっていたけど、余り面白くなかった。 それでもグッゲンハイムが好きだ。 初めてグッゲ
グッゲンハイム美術館展 | 徒然と(美術と本と映画好き...) | 2006/07/25 10:17 PM